2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

岡田惠和さん脚本、永作博美さん主演のさよなら私もやはりなかなか面白いです。ストーリーももちろんなのですが、永作さんと石田ゆり子さんが入れ替わった後、台詞の言い回しやちょっとしたしぐさが微妙にその演技が違っているのがまた光りますね~。あれでは春子に気づかれるのも時間の問題かも。以下簡単なネタバレのあらすじですさよなら私のあらすじ行きますよ~(^◇^)


体が入れ替わってしまった友美と薫は、意外にもさっさと現実に適応していきます。薫は、以前から愛人の洋介から聞いていた

「健人に髪を握られながらの添い寝初めての母親体験

を、そして友美は、

「数年ぶりに夫とベッドを共に

するのですが、そのどちらとも、なかなか満足していたらしいというのがまた可笑しいですね。特に友美の方はつい、

「友美のもとへ帰るの?

と聞いてしまい、洋介から

「いつもは早く帰れというじゃないか

などと切り返されてしまっています。まったくね~立場が変わるとこうも違うというのがいかにも皮肉でござりまする


が、その後友美はひとりマンションに取り残され、その孤独感に耐えられなくなったのか、即刻「我が家」に戻ってきて、そこに自分の代わりに居座っている薫を電話で呼び出します。どうして私がこんな(ストーカーみたいな)真似をしなくちゃいけないのっ!?あそこにいるべきなのは私なのに!


仕切り屋の友美は、もし薫の外出が見つかった時の言い訳まで考えており、翌日からどう「友美」として生きていけばよいかのアドバイスを語り始めますが、どう見ても心配なのはむしろ

「薫として外で働かねばならない友美」

の方ですよね


この薫のアドバイスがまた笑えました~。いつもブスッとしていればいい、意見を求められたら正直な感想を言うだけでいい


が、実際指示通りにした友美は、部下から「更年期ば〇あ」呼ばわりされてしまっています。ここで友美はきっと、ああ、私は誰からも好かれる可愛い主婦だったのに~と思いつつも、高校時代の親友だった薫が今ではそんな風に呼ばれているのかと、少しは薫の大変さも分かったに違いありません。


また薫の方も、何でもきちんとしないと気が済まない友美になりきるのはなかなか大変のようです。朝から手の込んだごちそうを作り、ママ友とは笑顔を交わし、と慣れない「仕事」に、そらついつい一服もしたくなるってもんですよ。しかも、そうやってかいがいしく働いても、旦那はまたしても愛人のもとへ行ってしまうのですから


薫は薫なりに、親友友美の夫と関係を持つことに罪悪感を抱いていたのか、それともそろそろ「飽き」が来ただけなのか、洋介は、薫になった友美との関係にかなり満足していたようで、普段は続けて会ったりしないのに、今回は翌日もまた会いたいと誘ってきていたようです。まったく、この洋介もマヌケを絵に描いたようなダンナでござるね~藤木さんでピッタリ( *´艸`)


ダンナと言えば、今回は春子の夫の光雄の浮気も、春子に感づかれてしまったようです。どうやら光雄は引っ越しを機に、愛人の冬子(ここもまた安易なまでに皮肉なネーミングどすな)とは別れたらしいのですけど、その冬子が、引っ越し先まで追いかけてきたようなのです。これをストーカーとは見ずに、

「これぞ男みょうりに尽きる

と喜んで、早速ホテル?に向かったらしい光雄も実に浅ましいですね~。しかも今回はこの光雄と洋介が「浮気」を共通点にすっかり打ち解けてしまったようなのです


「どうせ知らない同士だから盛り上がりましょう!


いったいどこで顔を合わせることになるんでしょうね


でも、薫が友美の実家へ健人を預けに行った時のくだりはなかなか感動的でした。どうやら薫の母親は、薫を捨てて男と駆け落ちしたらしいのですが、友美によく似て何でもキッチリしないと気の済まないたちの母親の弘子(りりィ)は、高校時代、友美に薫との交際をキツク禁じたのだそうです。


でも友美は断固として母に歯向かったそうです。薫は私の親友だ!たとえお母さんでもそんなことを言うのは許さない!!


普段は逆らったことなどないのに~と、それが薫だとは夢にも思わずにそう語った弘子の昔話を、薫は複雑な面持ちで聞いていたようです。昔は「二人で結婚してもイイねなどと冗談を言った親友同士だったのが、どうしてこんな風になってしまったんだろう?


ダンナに浮気された上に、その相手が親友だったなんてひどすぎだよね!


春子の話にかこつけて、暗に薫を責めた友美ですが、ここで薫が切り返した「どうしてダンナを責めないのか」についてはおばさんも以前からず~っと不思議に思っていました。どうして女性は(一般的に)浮気した男性を責めずに、浮気相手を憎むのでしょうか?


全体的には実に皮肉で辛辣なトーンなんだけれど、薫と友美が時々覗かせる本音が結構共感を呼んだりする「さよなら私」はなかなか面白いドラマでござるね。来週は「秘密」だそうですよ~。続きもとっても楽しみですさよなら私も面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.