2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

宮藤官九郎氏脚本、錦戸亮さん主演のごめんね青春!も毎週楽しく見ています。先週はへばって語れませんでしたので、今週2話分のあらすじを一気にまとめて語らせていただきまする。その前に、おばさんがずっと不思議に思っていて今回ようやく分かった2つの謎も提示しておきます~答えはあらすじの中に書いておきます


  • とんこーの校長(生瀬勝久)はなぜ「3D」と呼ばれているのか
  • なぜ皆が何かにつけて「コロッケ」を持ってくるのか

ごめんね青春!のあらすじ行きますよ~(^^)/



【ごめんね青春! 第3話 運命の学力テスト! 受験生必見!】


3話ではまずサトシが過去のいきさつを語ってくれました。おばさんはてっきり

「サトシが平助のマドンナ=祐子を奪った

と思い込み、親友の憧れの人を横取りした上に嘘までついていたなんてなんてヒキョーな男なんだとサトシを責めていたのですが、実はそうではなかったらしい。祐子と先に知り合ったのはサトシの方で、祐子はほぼ最初からサトシのことが好きだったらしいのです。あまりにもイイ人(優柔不断とも言う)過ぎて、平助に真相を語れなかったというのが真相らしい。ちなみに、平助にメールを返していたのは祐子ではなく、その父親だったらしいことも明らかにされます


しかもサトシは、仮にも恋人だった祐子を警察に密告したそうです。祐子があの花火の夜に、学校が火事になれば、三女ととんこーが合併されると語っていたからなのだとか。祐子が「八百屋お七」と呼ばれるようになったのは、このサトシが出所だったのです。しかも、失踪後もずっと三島の実家にいたそうですしいったいどんだけ情けない男なんだ(;´・ω・)


また平助は、この事実を知ったりさからも思いがけない話を聞かされてしまいます。祐子が放火犯だと噂になったことで、妹のりさまでもが、皆からひどい苛めを受けていたのだそうです。それでりさは自分を守るためにすっかり逞しくやさぐれてしまったのだとか。でもその前から

「ブラックタイガー

と呼ばれていたようではありませんか?


りさの台詞~「三島、ブラックタイガー」で検索すること「エビ」より先に出てくるってどーゆー意味だ?と、体調不良も手伝っておばさんはその後もかなり考え込んでしまったほどです。ちなみに今念のためググってみたところ、「エビ」は「エ」の字もありませんでしたよ~。出てきたのはこの「ごめんね青春!」関連のサイトばかりです(爆。


自分のせいで、祐子ばかりかりさまでもが辛い目に合っていたのかと、ますますタレ目になって悩める平助を()、今度はもっと大きな悩みが襲ってきます。なんと三女のシスターこと校長の吉井良江が、男女共学の実現に向けて、1つの条件を提示してきたのです。それが、学力テストでとんこーの3年3組が学年1位になることと、三女の3年C組が、最下位を回避することです


3年3組はりさが担任しており、連れて行った女生徒たちもまずまずの成績らしいですが、問題は、平助が三女に連れてきた男子生徒たちです。ちなみに3年C組の女生徒たちはかなり優秀なようですが、それでもA組、B組には負けるのだとか。


こうして平助は一念発起、生徒たちを自宅の寺に連れてきて猛特訓することにいたしました


寺には、元優秀だった西高OBの兄一平と、精神面を鍛える()父の平太が協力を申し出てくれます。でもこの平太、またしても裏でとんでもないことを吹き込んでいたのですよ~。成績が挙がったら、嫁エレナの胸を触らせてやると約束していたのだとか。そら、やる気も起きるってもんで


という訳で、彼らは皆寝る間も惜しんで頑張りましたが、世の中そう甘くは無く、結局3年C組の成績は最下位に終わってしまいます。これで共学の夢ははかなく消えた~はずだったのが、意外にも、三女の生徒たちがこぞって共学化を希望します


以前平助は「女子」と書いて好きと読むが、「男子」と書いたら何と読むかと質問していたのに、三女生徒会長の中井貴子がこう答えました


「男子」と書いて「アリと読む。男子と一緒にいることで、女子の成長が見込めることがハッキリした


実際、寺で男子に勉強を教えに来たことで、男子生徒たちの成績ばかりでなく、女生徒たちの成績もぐんと上がったようなのです


そこに「三島ザビエルとして悪名高い変質者が三女に出現したところを、男子生徒たちが皆で捕まえたことも大きかったようですね。今や、

女子高だから『イケメン枠』に入れるけれど、他では気にも止められない体育教師の富永(富澤たけし)

は足を骨折して動けず、まったく役に立ちませんから



【ごめんね青春! 第4話 恋の嵐!ガッついていこう!】


というわけで、再び共学化への道が開かれたかに思えたところ、またしても強力な共学反対派が現れます。それが蜂矢善人(平田満)という、祐子とりさの父親です。祐子をたぶらかしたサトシがガールズバーにいると聞いてぶちのめしにやってきたのです


娘の不始末のせいで、妻の広美に逃げられた善人が、文字通り食うに困って作って売ったコロッケが思いのほか当たり、ご当地グルメとして有名になったのが「みしまコロッケ」だったのだそうです。今ではそのロイヤリティーが入ってくるおかげで、蜂谷家はそこそこ裕福に暮らしているのだとか。


一方、三女ととんこー両校の生徒たちが仲良くなったのをきっかけに、吉井校長も以前より共学化に理解を示し始めます。というのは建前で、結局はスポンサーが見つからないだけの話のようですが


互いの学校で開かれる親睦会に呼びつ呼ばれつ~までは良かったものの、酒が無くても酔える、実は一番たちが悪い吉井校長が、いきなり無理難題を言い始めたことをきっかけに、とんでもない事態を招いてしまいます。吉井校長は

「壁ドン(女の子を壁に押し付けて、手をドンと壁に伸ばす)

をしてもらうのが夢だったと語り、メンバーの中で最も好みらしい平助に、これをやってほしいとのたまいます。この時、おばさんの疑問が1つ解けます

「三宮大三郎=3D」

え?これじゃあ分からない??三宮の三=3で、大三郎のダイ=Dですよ~ん分からなかったのはアタイだけかも(;´∀`)。でもってやはり、ラジオのカバさんはこの三宮だったようです。金曜日は飲み会が多いだろうに掛け持ちで大変どすな


とそれはさておき、おばさんが思うに昔から吉井に気が合ったらしい平太がこの役を買って出てしまうのです。しかもそのままふたりは平太の家へやってきて、寝床を共にしてしまい!?


そこで本来なら怒り心頭に発しているはずの観音菩薩(みゆき)には、なぜかが生えていたようです。これってきっと「うちの女房にゃ髭があるのパロディなんでしょうかね~女房には言えません、ってやつかな


と、仲良くなったのは大人だけではありません。生徒たちも同様です


優柔不断な海老沢に愛想をつかしたあまりんは、とんこー生徒会長の半田豪(鈴木貴之)を好きになって、図らずも、コスメこと村井守(小関裕太)のライバルとなり、ビルケンは~おばさんの読み通り~古井豊をすっかり気に入ってしまったようです。日本語が同じレベルだというのがミソですよね~。でも、ゆたじゃなくて、ゆか、ですから


が、その古井は成田とともに、巨乳の佐久間りえ(久松郁実)に注目しているようです。んも~マドンナ先生、この争いにも成りすまして入ってましたし


3択とは言いながら、常にその選択肢の中に「バックトゥーザフューチャー」が入る実は2択の昭島は当然「趣味が同じ」な遠藤と仲良くなって、と次々にカップルが生まれる中、変わり種はこの3組でございましょうか


りさ → 平太 
貴子 → 平太
半田 → りさ


中でも、りさが平太に惹かれた理由が笑えました。昔から、ハートの形をしたつり革が1個だけあるいずっぱこが1日に1度だけ走るそうなのです。最初は、そんな都市伝説は鉄道会社の宣伝だと否定していたくせに、いざ、合同文化祭への視察という名目で生徒たちを連れて伊豆三津シーパラダイス(みとしー)に出かけた際、電車が揺れたため、偶然、平太がりさに

「壁ドン

する形になったのですがでもそれが原因じゃなかったのよ、その時ふたりが思わず掴んだのが、そのハート型の吊革だったのだそうです一緒につり革につかまった平助こそ「運命の人」!


伝説の吊革につかまったカップルは永遠に結ばれる


平助が好きになったのではなくて、ふたりで吊革をつかんだからには必ず結婚すると真剣に語るりさが笑えましたね~。せっかく勇気を出してりさに恋を告白した半田の立場も考えてよ。今や学生たちにまで

どんどんガッついていけ!命短し~とは言わんのね(;´∀`)

って檄飛ばすほど燃えています


とそれだけかと思いきや、年中白黒パンダファッションの吉井から、女を捨てていないでせめて化粧して白衣にアイロンをかけろと忠告されたドンマイ先生もまた、その忠告に従ったために、一平に一目惚れされてしまいます。いやいや、坊主なのに不倫はいかんでしょ、そんなとこまで父親を見習ってどーする。早速「壁ドン」していましたね~エレナにちくってやる!(`・ω・´)


このように、ごめんね青春!は常に楽しさてんこ盛りだというのに、来週はなんと時間延長で来るようです。これまた嬉しい悲鳴になりそう~来週の放送も今からとっても楽しみでございまするごめんね青春!が楽しすぎる(^◇^)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.