2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

深田恭子さん主演の女はそれを許さないもまずまず楽しく見ています。以下2話と3話のネタバレのあらすじ感想文です女はそれを許さないのあらすじ行きますよ~(^^)/


2話の婚活詐欺に関しては、代理婚活の話で、子どもたちの見合い写真を持ってきた親たちが、それぞれ10年前の

「痩せていた娘今はかなりふっくら( ^)o(^ )」「禿げていない息子今はかなり薄毛( ;∀;)

の写真を持ち寄っておきながら、互いを「詐欺」と決めつけたのには苦笑させられてしまいました。でもこれを麗が

「10年前に結婚して今に至っていたらどうですか?

と問いかけたのは良かったですよね。よく、昔は痩せていた・ふさふさだったのに、これじゃあ詐欺だという夫婦の会話もフツーに耳にしますから。事務所に届いた、結婚のお知らせのハガキに映っていたふたりは本当に幸せそうで何よりでした


同じく2話で、インテリアコーディネーターとしてバリバリ働いていた女性が、過去に何度も

「おまえは一人でも生きていけるだろう

と男性に去られてしまっていたところ、その弱みに付け込んで巧みに女心をくすぐった「投資詐欺」に遭ってしまったという話も、なんとも痛ましかったですね。働く女性ならば誰もが一度は揺らぐその心を利用するなんて、同性としてとことんとっちめてやらねば気が治まりません卑怯な男を許すな( `ー´)ノ


また3話では、こちらもまたよく聞く痴漢と冤罪の話が取り上げられていました。ある女性が電車の中で痴漢を捕まえたところ、その痴漢は刑事裁判で無罪になったばかりか、逆に「狂言」だと訴えられて、民事で告訴されてしまったのです


麗と凛香の活躍で、実際には痴漢と目撃者の共謀による犯行だったことが明らかになるのですが、その女性が実は以前、

「お小遣い稼ぎ

を目的に、2件も痴漢をでっち上げて示談金をふんだくっていたというオチには驚いてしまいました


昨今、女性が痴漢に遭うだけじゃなく、こうした「冤罪」も増えている、ひどい場合には、女性が冤罪を仕組んでいる=犯罪まで増えていると言いますものね


自分が濡れ衣を着せられて悔しい思いをして初めて、痴漢冤罪の被害に遭った男性の気持ちがわかるとは、それまたなんとも情けない話ですが、そこまできちんと描き切ったのはなかなかだったと思います。あの感じですと、冤罪になった男性たちの代理人まで務めかねない雰囲気でしたものね~特に麗は


常に正攻法で、かつ、原点に立ち返って全体像を見直す麗と、これまでに培ってきたあらゆるコネと情報網でもって、鋭く相手の弱点を見抜く凛香のコンビがうま~くかみ合って、この二人が良い相棒になってきているのも、このドラマの大きな見どころです


女はそれを許さない」は次回もとっても楽しみでございまする女はそれを許さないも楽しいです(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.