2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

韓国ドラマ輝いてスングムも毎日楽しく見ています。ちとへたっているうちにもう49話まで進んでしまいました


詳しく全部網羅するのは不可能だから、一番楽しかった事を語ろうとあれこれ思いだしていたところ、やはりこれが一番だったと確信するに至りました。それが、スボクの作った薬を製造するための工場が完成したことです。以下、このエピソードをメインに据えながら、以下、簡単なあらすじをネタバレでまとめさせていただきまする輝いてスングムのあらすじ行きますよ~(^^)/


まずはこの工場の話から参りますると、ここに辿り着くまでがまた色々あったのですよね。本来ウチャンは、例の依存性の強い薬の毒性を抜くために作ったスボクの漢方薬が当たると確信し、セウン物産で販売しようとしたのです。でも、

器の小さいチス

は、これがどうしても受け入れられず、自分でもそのジレンマを素直に認めておりました。それに、薬の毒を抜くためだけでは需要が先細りになるいうのもチスが乗りきになれなかった要因だったようです。


そこでスボクたちは、これを体の中のあらゆる毒を追い出す効能に作り替え、滋養強壮のための高麗人参を加えたことで、その価値を高めます。それでもチスは乗ってきませんでしたけど


その後、またしてもウチャンに約束をすっぽかされたスングムが、怒りのエネルギーを力に替えて、ソウルの薬局から、薬の材料を大量に仕入れてきました。これで材料がそろったからには場所も借りようということになり、不動産屋のポンダルの協力も得て、小さな家を借りてそこを工場とし、薬の製造に踏み切ります。そこでは、セウンに来たおかげですっかり元気になったインオクも働いています


セウンで初めての工場

の記念式典には、これまでわだかまりのあった人々も皆集まってきてくれたのが何より楽しかったですね


ちょうどその頃、ヨニから12年前の大晦日の話を聞いて、スングムがヨニと名乗り合えなかったのは、自分のせいだったと知らされたウチャンが、工場の仕事を手伝いながら、スボクと話したシーンがまた忘れられません。


おまえが悪いんじゃない。戦争が悪いんだ。たとえ理由は違っても、苦しんだのは皆同じなのだから、許し合って、助け合って楽しく生きていこう


ずっと大奥様に邪魔されて、なかなかインオクを信じられずに苦しんでいたジンギョンも、旅籠の人たちはあかの他人同士なのに、皆で助け合って毎日楽しく生きている、どうして、自分達家族はそうできないのか、と、大奥様に食って掛かったのも実に印象的でした。このジンギョンが、ついにインオクを「母」と呼んだのも嬉しかったなあ


創立記念の式には大奥様を除くセウン堂ピープルもにこやかに勢揃いして、ああこのままみんなで仲良くできればこれほど嬉しいことはないのに~とついつい思わずにはいられなかったのですけれど、そこは韓ドラで、昔のことに触れない訳にはいかないのでござる


何かにつけて平和を乱し、騒動を起こさずにいられない大奥様に、チスの堪忍袋の緒が切れて、ソウルに追い出すと宣告したため、大奥様がヨニを脅し始めます。スングムに真相を告げられたくなかったら、チスを説得しろ!


これをきっかけに、ヨニがようやく自分からスングムに真実を話す決意をしたというのに、今度はスングムが、

「母親が死んでいてよかった

などと口にしてしまいます。インオクと大奥様の狭間で悩むジンギョンを見て、自分は母親のことで悩まずに済んでよかったと言ったつもりだった(強がった)のが、ヨニにはそうは聞こえません。今さら自分が名乗り出たら、スングムがどんなに悩むかを思ったら、もう何も言えなくなってしまいます


しかもその前に、スングムを除く皆(ただしおしゃべりヒャンジャ、トック、トックオンマ=イップン除く)が、この事実を知ってしまったため、今度はジョンスがチスを軽蔑してしまいます。スボクやスングムに対するあなたの仕打ちは許せない!


ジョンスが、ウチャンが昔からこの事実を知っていたと知って、ウチャンのスングムに対する愛情の深さを思い知ったシーンも忘れられませんジョンスは本当に潔い♪。俺はそこまで考えが回らなかった。ウチャンとスングムの間には入り込めない


かと言って、ここでジョンスが嫉妬に狂うという展開には決してならないところが、この「輝いてスングム」の良い所であり、おばさんがジョンスを大好きな理由でもあるのでござる。ジョンスは、昔からずっと大切にしてきたあの赤い手袋を捨てて、キッパリこう宣言します


俺は決して間違ったことはしない。薬剤師は人の命を預かる仕事。心に少しでも迷いがあってはいけないジョンスがカッコいいなあ(*´з`)


スングムを好きなのと同じくらい、ウチャンのことも大好きだから、ふたりにとって一番の良き理解者になろうとしたジョンスは本当に素敵な青年です。後にジンギョンも、自分もまたこのジョンスのようになりたいと言った気持ちわかりますよね


ここはまさに「朱に交われば赤くなる」の言葉通り。まっすぐで気持ちの良い人間関係に触れていれば、自分もまたそうあろうとするのが人間なのですね輝いてスングムがなかなか深い(^^)/


また漢方オタクのおばさんとしては、スボクが、今回作る薬に、高価な「紅参」ではなく、これに近い効能を持つよう、人参をゆでて使ったというアイディアも楽しかったです。紅参は、多分朝鮮戦争以前から政府が管理している高級品で、正規で購入するにはかなり値が張っていたようです。


だからこそ、ウチャンの父親のカンはそれをこっそり南に持ち込んでは金を工面していたのでしょうし、それを横取りしたのがチスという訳です。スングムのこともそうですが、このカン氏の事実がある限り、チスは決して許されることはないんだろうな。大奥様が企んだ「セウン物産の社史」の編纂過程で、ウチャンが真相を知ることになるのでしょうか。


一方、ヨニはスングムのために、できるだけ安価で人参を提供しようと、ヘンランとともにあれこれ画策しているようでしたが、それが後に違法で捕まるようなことにならなければいいけれど、と、ついつい余計な心配をしてしまいますチスに内緒なのがまた心配ですよ(;´・ω・)。要するに、政府経由で売れるようになれば安定高値がつくから皆こぞって申請をしたいところを、ヨニは逆に安値で(スングムたちのためだけに)売りたいから、申請をしていない、ということのようですが。


他には、最近ヒャンジャが可愛くなってきたのも楽しいです。家政婦の娘だということが知られて以来、レットはまったく姿を見せなくなったようなので、やはりヒャンジャはトックと結ばれるのが運命なのでしょうか。あんな狭い家にイップンとヒャンジャ~ふたりもスピーカーがいたら、ポンダルとトックはいたたまれなくなりそうでやんすが町内1がふたりも( *´艸`)


と、今回はこれぐらいでございましょうか。


おかげさまで体調もすっかり回復いたしましたので、今後は少なくとも週に1度ぐらいは語っていけると思います。輝いてスングムは、続きもとっても楽しみでございまする輝いてスングムが楽しみ(^^)/


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.