2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

NHK大河ドラマ・軍師官兵衛の45話は「秀吉の最期」です。後半に入ってからずっと、この秀吉の最期に際し、如水こと官兵衛がどう対処したのかが気になっていたので、それがようやく判明したこと、そして大いに納得がいったことに大満足のエピソードでした。以下簡単なネタバレのあらすじです軍師官兵衛のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回官兵衛は2人の大切な人を失いました。ひとりはタイトル通りの秀吉ですが、もうひとりはなんと我が子熊之助です。吉太夫を伴って朝鮮に渡ろうと熊之助が密航した船は嵐に遭って難破し、ふたりは帰らぬ人となってしまったのです熊之助哀れ(;´・ω・)


熊之助が家を出る時、ほかならぬ糸がその姿を見かけて声をかけていたそうです。もちろん熊之助が本当のことを言うはずはなく、糸がまったく疑うことなくそのままふたりを送り出してしまったのも当然ですよね


が、悲報を受けた糸は、自分が気づかなかったばかりに熊之助を死なせてしまったと、大層後悔したそうです。その上、そのすぐ後に産まれた長政の第一子が女児=だったことも糸を一層苦しめてしまったようです。


男児を産みとうございました!


おもわず見惚れるほどの可愛い天使を産んだというのに、光もそれをとても喜んでいたというのに、糸の顔が晴れることはありませんでした。糸はきっと、死なせてしまった熊之助の代わりの男の子を産みたかったのでしょう。


息子を失った光と官兵衛の哀しみもさることながら、この後この糸の辿る運命を思うと、なんともやるせないシーンでござった


一方、もうひとり亡くなったのが秀吉です。己の死期を悟った秀吉が官兵衛を呼び、その思いの丈をぶつけたシーンが、なんとも哀れでございました。竹中直人さん、渾身の熱演でした


わしは多くの者を殺してきた。敵ばかりではなく、かつて愛した者をもこの手で葬ってきた。それが今、わしの心を苦しめる。わし亡き後は、どうか、どうか、秀頼を守ってくれ!


震える手で官兵衛の手を掴んだ秀吉のその手を、官兵衛が静かに振りほどいたのが、なんとも象徴的でござった


「秀頼ではダメだというのか!?守ってくれぬのか!


天下というものは、それを納めるのある者が収めるべきと心得る~愚かなまでに実直な官兵衛を、どうして秀吉が罰することができましょうや。そんな、常に本質を見抜く官兵衛だからこそ、信長の死後はその息子ではなく、誰もが蔑んでいた百姓上がりの秀吉

「まごうことなき天下人の器

と見込んだ、それゆえに、今の秀吉があるのですから


「おぬしの望んだような天下人になれず、すまなかった」


官兵衛が欲していたのは決して「天下」ではなく、昔から決して変わることのない「太平の世だったのです。そして秀吉も、それが分かっていたからこそ、自分が欲にまみれてからは官兵衛や利休が煙たくて仕方なかったのですよね。それを自覚したのが死ぬ前とは~人間とはとことん愚かな生き物でございまするな


そんな秀吉を丸ごと愛して見守ってきたおねとのラストシーンもなかなかよかった。辛く苦しいことも多かっただろうに、秀吉との人生は楽しかったと、37年連れ添った伴侶を温かく送りだしたおねはやはり素敵な女性ですよね。そしておねにとっても「天下」は独り占めする物ではなく、万民のためにある物だという解釈もまた素晴らしい


秀吉崩御を受けて、三成は、朝鮮出兵を終息させるために朝鮮へと向かったそうです。家康の謀反を心配する淀(茶々)には、五大老・五奉行がいるから大丈夫だと告げていますが、この辺がいかにも甘いですよね


これはあくまでも秀吉あっての体制であり、秀吉亡き後、あの家康が動かぬはずなどない、皆がいつまでも、秀吉の寵愛を盾に権勢をふるってきた三成を黙って見ているはずもありません。三成の頼みの綱は前田利家ただ一人と言っても過言ではなかったことでしょう


~あれ?でも利家はまだ出てきてませんよね??それが予告に出てきた横内正さんなのかな


軍師官兵衛はこれからがまた大きな山場となりそうです。続きもとっても楽しみです軍師官兵衛もこれからが山場!(^^)/


軍師官兵衛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.