このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

インス大妃
 時代劇・歴史モノ

インス大妃 あらすじと感想 第46話 インス大妃の還宮

インス大妃のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: インス大妃 あらすじと感想一覧(全60話)


韓国ドラマ・【インス大妃】の46話は「インス大妃の還宮」です。これまた見どころ&語りどころてんこ盛りのエピソードでございました


終盤は、またしても嫁姑のドロドロが見え隠れしてちとゲンナリしそうでしたが、それを上回るほどの注目シーンがいっぱいでした。というわけで、早速ネタバレのあらすじ行かせていただきまするインス大妃のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ついに母と和解した成宗とともに膳を囲むインス大妃の嬉しそうな顔を、これまた自分の事のように目を細めて見ていたチョン・ギュン内官の顔が実に印象的でしたこのシーンはよかった( *´艸`)。前回失念してしまったのですけど、このギュンもまた、ミョンフェ同様、否、ミョンフェ以上に固い覚悟を決めて、成宗に母親との和解を勧めていたのですものね


ソンイが王妃になって以来暇を出されてしまったパク尚宮とともに訪れた昌徳宮の大妃殿のあまりの粗末さに驚いていたギュンと、いとも冷静に茶を振る舞うインス大妃の横顔がとても対照的だったのを思い出します。長年立ちっ放しだった忠義の内官をねぎらうかのように、座って茶を飲むよう勧めてくれたインス大妃に、ギュンは感動を抑えることができず、意を決して成宗に進言しに行ったのです


こうしてようやく実現した親子の仲睦まじい姿を見て涙するギュンを見て、おばさんももらい泣きしてしまったほどです


が、これを聞いたソンイは文字通り怒り狂ってしまいます。夫と姑が一緒にいるなら、自分もまた息子を連れていくと、夜中だというのに王子を起こせと喚きだし、ユン王子は寝ているからと言われてからは、ひとりでも行くと息巻きますソンイが怖くて見てられない(-_-;)


この様子には、もはやすっかりソンイがインス大妃に見放されたと悟っていたチェ尚宮が大いに気をもんで、ソンイを必死で止めるのですが、そんな忠告を聞くようなソンイではありません。宮廷生活が長いチェ尚宮の頭には、

「廃妃

の二文字が浮かんでいたことと思われますが、目の前の事しか見えないソンイにはそんなチェ尚宮の心配がまったく理解できません。あろうことかソンイは、チェ尚宮を「叩きの刑」に処すよう命じ、ひとり籠を出させて昌徳宮へと向かいます。そしてチェ尚宮はそのせいで、瀕死の状態に陥ってしまいます


が、昌徳宮の前まで来たソンイは、体を張って輿を停めたギュンに遮られてしまいました。もうお二人はお休みになっておられます。どうかこの先はご遠慮ください!


ここは思わずざ〇あみろ~でございましたな。自分でも後に反省?していたように、嫉妬に狂うあまり、恩人を死に追いやるかも知れないとすら考えられないソンイは、もはや狂人としか思えません。でもこの子は昔からそういうところがありましたよね。自分の欲望のためなら、誰を裏切っても平気でいる


たとえ落ちぶれ両班とは言え、それなりの誇りを持っていたはずだと思っていたのが、ここまで腐りきってしまうとはもはや哀れとしか言いようがありません。


危篤状態となったチェ尚宮が、自分をそんな目に遭わせた張本人のソンイのために、ボロボロの体を引きずって中宮殿の前まで行き、その将来を憂いながら死んでいった姿もまた、涙無くして見ることはできませんでしたひたすら気の毒な人だったよ(;´・ω・)


王子様が世子になるまでは、どうかひたすら耐えてください!大妃の怒りを買ってはなりません!!


こうしてソンイは、誰よりもソンイを思ってくれた母代わりのチェ尚宮を自ら死に追いやってしまいました


その上、何せ母へのあてつけだったソンイですから、母と和解した成宗からもすっかり疎まれてしまいます。元々あれほどの教養を身に着けた成宗にとって、教養がないばかりか、それを身につけることすら嫌いな=向上心の無いソンイは、

「お世話係」

にはうってつけでも、対等なパートナー、ましてや「国母」になどなれるはずもありません。それを思うと、賢いはずの成宗も、なんとも残酷なことをしたものだと思わずにいられません


一方、その成宗は、和解した母を早速宮中に呼び戻します。これをインス大妃が得々と大王大妃に報告に行ったシーンも実に楽しかったですね~。何せこれも「王命」ですから、大王大妃が止めるわけにもいきません


こうして、事実上、内命婦の長に納まったインス大妃は、他の側室たちからソンイの嫉妬が尋常ではないと聞き、ついにソンイを「教育」し始めます。なんと王子のユン(燕山君)をソンイから取り上げ、その療養を理由にウォルサン大君の妻のパク氏に預けてしまったのです


大丈夫。3年もすれば丈夫になる


その昔、今の大王大妃がインス大妃~ジョンを嫁の教育と称して、あれこれ口を出してきたことを思い出します。


あの時は、ジョンに大層可愛げがあったので(それにユン氏があそこまで意地悪だと思っていなかったため)、そう嫌な印象は受けませんでしたし、今回もまた、あんな嫁では、つい孫を取り上げたくもなるだろうと思わなくもないのですが、インス大妃の顔にチラリと浮かんだ意地悪な表情を見ると、やっぱりゲンナリせずにはいられません。睿宗の妻=イネ大妃と大王大妃の関係のように、嫁が余程賢くないと、嫁姑の仲はうまくいかない物なのですね


その上、大殿尚宮だったチェ尚宮が、王妃の命により亡くなったことを聞いたインス大妃は、もう我慢ができません。即刻大殿に押しかけて、ソンイを廃位するよう命じます王妃を廃位して追い出しなさい!


まあ有名なあの話が出てくるまでは無事でいられましょうが、それも時間の問題でござるね。何せソンイは、嫉妬のあまり、懐妊したチョン貴人を毒殺しようとしているようですから。それがどこから漏れてしまうのか~が見ものでござるね


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はインス大妃のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング