2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

インス大妃のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: インス大妃 あらすじと感想一覧(全60話)


韓国ドラマ・【インス大妃】の47話は「飛び散る火花」、48話は「窮地を救う妙案」です。以下簡単なネタバレのあらすじですインス大妃のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ソンイの乱心はますますひどくなってきました。ソンイは女官のヒャンイ(チェ・ダウン)に命じて「呪いのわら人形」を中宮殿の床下に埋めさせ、それがチョン貴人ら側室たちの仕業だと思わせた上に、自分もまた母親に入手させたを手にし、これを死なぬ程度に毎日飲んで、側室に命を狙わせたという狂言をしかけるつもりのようです


しかも、ユン淑儀に勧められて嫌々ながら中宮殿を訪れた成宗にこの毒薬を見つけられてしまうと、

自決して大妃の許しを請うためだ

と言い逃れます。挙句、発作を起こして息ができないなどと狂ったふりまでいたします。これまた実に浅ましい限りですが、ここまで来ると逆に哀れにすら思えてきて、もうあまりイライラしてきません


こんな猿芝居を信じる方がどうかしていますよね。騙されるならまだしも、ただひたすら、

ソンイが嫁のインス大妃を困らせるのを楽しんでいる大王大妃

にいたっては、もう顔を見るのも嫌なぐらいう~んざりさせられてしまってますインス大妃の大王大妃がサイテー!(`・ω・´)。その上、インス大妃と一緒に住んで、

また嫁の辛さを味あわせてやる

という発言には耳を疑ってしまったほどです。も~勘弁してほしい~絶対ついていけんどういう神経してるん?( ;∀;)


大体ですよ、誰が見ても分別の無い愚かなソンイを利用してインス大妃をとっちめていることが後にどんな事態を招くことになるのか、チョン内官やチェ尚宮にでさえ予想できたことが、この

近視眼的で世にも愚かで卑怯な大王大妃

には、まったく見当がつかんのでしょうか


チェ尚宮が命懸けでソンイを諌めようとする姿がいまだに脳裏に焼き付いて離れません。ソンイが行動を改めなければ、いつかきっと大変なことになる~死さえ免れないという、ソンイを思っての愛情は、味方であるはずの大王大妃からは微塵も感じられません


ア〇なソンイはもはや自業自得ですが、嫁に対抗するためという理由だけで、孫の嫁を利用したこのお〇ばは絶対に許せんっ!!それが大人のすることか(`・ω・´)


どーにかして大王大妃とその一族をとっちめてもらいたいですあいつらをやっつけないことには気が済まん( `ー´)ノ


一方、最初は「インス大妃vsソンイ&大王大妃」、しまいには「理性vs」の板挟みとなって苦悩していた成宗が、第三者のパク尚宮に助言を求めたシーンはよかったな


これまで、言いたくても言えなかったソンイへの不満が山ほどあるだろうパク尚宮が、それをグッと抑えてこう答えます


昔から実に頭の切れるセンガクシでした


さすがに成宗もア〇ではなく、これが決してほめ言葉でないことを悟ります。


それでも二人とも、将来のこと=王子のことを考えると、廃位はどうしてもためらわれてしまうようです。ここは何せ結果(史実)ありき~ですから説得力がありますよね


王妃は元々あんな女だったのか?私が知る王妃は素直な女だった


名もなき幼女が宮殿で育って王妃にまで登りつめたのだから、並大抵の苦労ではなかったはずと切り返すパク尚宮の言葉には、嫌みだけじゃなくていくばくかの情が感じられるのもまたイイですね


結局成宗は、ソンイを一旦「嬪」(側室)に格下げすることで決着を図るようです。いずれ折を見て、王子の母が側室では困るという上奏を挙げさせるつもりらしいです。


ソンイはこれで処罰を免れましたが、ソンイの命令で呪いの人形を埋めたヒャンイは哀れにも「極刑」に処せられてしまったようです。ソンイはヒャンイを絶対に守ると言ったのにね~。恩人を死に追いやるようなソンイが他人を庇うはずもありませんのに


インス大妃の殿閣の前で座り込みをし、王子を返してほしいと泣き叫ぶ姿には、おばさんでさえそれが演技だと分かっていても同情を禁じ得なかったのですから、その姿を哀れに思った成宗はソンイを許し、王子もその手元に戻すのでしょう。


先に王命を受けてユンを宮中に連れてきていたパク氏が、すぐに中宮殿へは行かず、

王子を預かったのは大妃からだから、大妃に報告するのが筋!

とキッパリ言ってのけたのもカッコよかった。ウォルサン大君(チャン・ヒウン)はともかくとして、王妃にはこのパク氏がふさわしかったんとちゃうか?インス大妃はつくづく嫁選びに失敗いたしましたね


ソンイとて、単なる嫁であれば~ミョンフェの妻のように~あのままでも良かったのでしょうが、何せ王妃ですからね。でも本人も、幼い頃から王妃を目指していたのなら、どうしてもっと研鑽を積もうとしなかったのかが不思議でござるが


こうなってくると、これまでずっと大人しかったユン淑儀の良さが際立ちます。それもまた、史実通り~なるべくしてそうなるということでしょうか。


残る興味は、最近皆が盛んに「予言」しているように、「その後」のユンがどうなっていくのか~に絞られそうです


また、こちらも最近よく耳にする「科田」について、インス大妃がジャグァンに「ユン氏一族」の不正を徹底的に調べさせていたことも気になるところ


さすがの大王大妃も言葉に詰まっていたようなので、この辺で是非、潔く引退してもらいたいものです大王大妃は直ちに隠居せよ!


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.