2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

NHK大河ドラマ・軍師官兵衛の46話は「家康動く」です。いや~これまた実に面白かったですね~。まさか官兵衛がああでるとは!?以下早速ネタバレです軍師官兵衛のあらすじ行きますよ~(^^)/


秀吉が死んだら、次は家康の天下が来ることはあまりにも有名な事実ですが、そこになんと官兵衛も名乗りを挙げたらしいというのにはビックリしてしまいました。官兵衛は、三成には(当然)付かぬが、それ即ち家康に付くという意味ではなく、

我が道を行く

と言ってのけたのです。これは、今度こそ自分が天下人の地位を狙う、という意味ですよね~きっと


官兵衛が腹心たちの前でそう語るまでの簡単な経緯(あらすじ)もまとめておきます


秀吉の崩御を受けて、朝鮮に出兵していた武士たちが皆呼び戻されました。


長政らの文字通り命からがらの帰国を、三成は博多で出迎えたそうですが、褒賞のほの字も出なかったそうです。そればかりか、朝鮮を引き上げる際、追っ手を食い止めるために、最後尾にいた小西行長の到着を待たずして町に火を放った事に対して行長が訴え出てきました。これはもちろん、長政ら、反三成派を抑え込むことが狙いです


これを家康から聞かされては、ついに長政、加藤や福島らの堪忍袋の緒が切れます。ちょうどその頃、秀頼が大阪城に移ってきて、おねが本丸を追い出されたことも、おねを母と慕う長政には面白くありません


そして家康はこの動きに乗じて大阪を出、それが三成や行長らに命を狙われたからだと吹聴しました


その後も秀吉が定めた「大坂城中壁書」を破って光成側を挑発してきます。大名同士の勝手な縁組はご法度とされていた中、蜂須賀や福島に自分の養女を嫁がせて、大名同士の結束を図ってきたのです。


これを咎められ、五大老の職を辞すよう迫られた家康は、とっくに届を出していたかと思ったとうそぶき、太閤殿下にその後を頼むとくれぐれも託された自分を解雇することこそ、太閤殿下に逆らうことだと譲りません


これを機に長政達も立ちあがり、まさに一触即発の機運が高まります。官兵衛は、

それでは徳川の思う壺だ~利用されているだけだ

と息子をたしなめますが、相変わらず血気盛んな長政の耳には父の忠告が届きません。私は道具になどされません!


秀頼の後見人となった前田利家(横内正)も、ついに打倒家康に立ち上がろうとしたその時、満を持して官兵衛が大阪城に乗りこんできましたここで戦いをしてはならない!( `ー´)ノ


ここで細川忠興と一緒だったというのがまた面白いですね。余談になりまするが、光秀の娘であり忠興の妻だった(ガラシャ~軍師官兵衛には出てきてません)は、父の謀反後、丹後に幽閉されたのち、大阪城の細川屋敷に移っていたそうです。


戦には勝てても、老い先短い前田殿は天下人にはなれぬ(~三成に利用されるだけ)。天下万民のため、世を乱すことは控えられよ


こうして利家が退いたことで、家康の思惑も破れました


が、今やおねですら、天下は万民のためにあるものだと、秀頼をとっくに見捨てています。天下人はそれに相応しい器の者がなるべき!


でもまさかそれが官兵衛だとは驚きでした。その思惑がどこでどう狂って潰れてしまうのでしょうか


また今回、盛んに政略結婚を勧めている家康が、姪の(吉本実憂)を養女に迎えたようです。一方、男児を産めなかった糸が、いっそ自分を離縁してくれと、少々乱心傾向にあるようなのも意味深です。この辺はもう皆様お分かりですよね。


軍師官兵衛は続きがますます楽しみになってきました!軍師官兵衛もいよいよ最後の山場!


軍師官兵衛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.