このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

奇皇后 あらすじと感想 第16話 妖術師

奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~全51話 あらすじと見どころ


ハン・ジウォンさん主演の奇皇后キファンフ)~ふたつの愛 涙の誓い~】の15話は「妖術師」です。今回もまたワン・ユは実に素敵でございましたね~。おばさんはここでイケメンオンチのように思われてるかもしれんけど、本当にカッコイイ人にはちゃんと目が行くのでござるよ。以下簡単なネタバレのあらすじです奇皇后のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


さて、大胆不敵にも、あのヨンチョルに罠を仕掛けたワン・ユでしたが、それがスンニャンの協力によるものだと知って、激怒してしまいます


もうお前には会わぬ!お前も私のことを気にかけてはならぬ!!


それもこれも、愛しいスンニャンのためを思っての言葉なのですけれど、スンニャンにしてみれば、こちらもまたこよなく敬愛する王様のために、何かしたいと思ってのことだというのがなんとも歯がゆいばかりでございます誰よりもプライドの高いユが、愛する者を危険に陥れてまで復位したくないと思うのは当然のことですからね


そんな凛々しくもカッコよすぎるユに比べ、タファンは相変わらずのヘタレっぷりを見せつけています。蹴鞠の試合では、ユが蹴った玉を顔面で受けて鼻血を出してぶっ倒れるという体たらくですタファン、無念(-_-;)。この辺はもう

「大人と子供」


ですよね~。でもタファンもその性根は決して悪くないことから、どちらが好きかはもはや好みの問題かも。スンニャンも最初は嫌々仕えていたのが、最近ではそうでもなくなって、タファンに同情的にすら思えるほどです。


それが頂点に達したのは、タファンがヨンチョルに恫喝された時の事でした。経緯はこうです


ヨンチョルに血書を送りつけたユは、早速次の手を繰り出しました。以前シヌが見たという「妖術師」(要はマジシャン)の話にヒントを得

湿気に触れると消える墨

を手に入れて、再び檄文をしたためたのです


一見してはただの嘆願書が、雨にぬれるとまたしても先代の皇帝が書き残したという血書の存在と、それをヨンチョルがこれをもみ消したということを示唆する文字が現れます


明宗皇帝 血書出 燕鐵 三代没落


明宗皇帝の血書が出ずれば、ヨンチョルの一族は三代にわたって没落する


タファンの父親は第13代皇帝の「明宗=コシラ」だったのですね~。念のためもう一度確認いたしますると、タファンは15代皇帝の「トゴン・テムル(恵宗)」で、wikiさんにはちゃんと皇后にダナシリ(タナシルリ)、奇皇后の名前がありました


ま、元々分からない(架空の人物)のはユの方でしたが、歴史背景がハッキリすると~たとえフィクションとは言え~ちと嬉しかったりするのでござるそれが歴史ドラマの楽しいところ(^^)/


これらの隠し文字がまた赤いインクで浮かび上がったため、ますます不気味に映ります。迷信深い民はもちろんのこと、宮中にも波紋が広がっていきます。


これで先帝の無念が晴らせるかもしれない!


皇太后から、真相が明らかになるまではくれぐれも言動を慎むよう言われながらも、それでも動揺が抑えられなかったタファンを、ヨンチョルが大明殿に呼び出して、自らは皇帝の座に座りながら、タファンを兵士たちに取り囲ませてこう脅しつけますヨンチョル怖すぎ~佐々木梅治さんも怖すぎ(;´Д`)


血書のことで悪い輩に利用されては困る。2度皇帝を変えた私だ。3度目もたやすいことだ


プライドも何もかもかなぐり捨てて必死に命乞いをするタファンに、ヨンチョルは生ける屍となって何もするなと命じました。


蹴鞠をしてでも何とかカッコいいところを見せたかったスンニャンの前でぐうの音も出ぬほど打ちのめされたタファンが、ひとりになりたいと庭へ出て、ぽつねんと座り込んでいた姿は実に気の毒でしたよね。これは以前、タファンが高麗に流刑にされた時も感じたことです。


これまでずっと父を理不尽に死なせたタファンを恨み続けてきただろうスンニャンも、そのタファンもまた、ヨンチョルによって父を毒殺された無念を抱いていると知り、同情の念を禁じ得ません。あそこはコルタが命じずとも、側にいてやっただろうな~きっと


目を閉じて耳も塞ぎました。何も見えませんし何も聞こえません。ただ楽にしてもたれてください


背中合わせになっていたふたりを遠くから見つめるユの心境も察するに余りありました。会いに来るな=タファンと仲良くなれ、じゃないのに~っ!スンニャン、辛いユの気持ちも分かってあげて~( ;∀;)とは、外野=おばさんの心の声です


一方、疫病に罹って隔離されてしまったビョンスは、自分が高麗村の遺体から感染したことをタンギセに伝えてしまいます。そこから、高麗村を訪れたワン・ユの名が浮上しますがマクセンは黙っていてくれたのに( `ー´)ノ、ヨンチョルはまだ本格的には疑っていないようです。元高麗王が高麗村を訪れるのは当然のことですからね。


この様子を見て、いつ真相が明らかになるかと冷や冷やしているペガンとタルタルも見ものでしたな。どうしてこうも事をややこしくしてくれたものか~って、元々高麗村なんぞに遺体を捨てるから悪いんですよなんであそこに捨てたかな(;´・ω・)


高麗村への詮議があっさり終わってしまったことを無念に感じたビョンスは、必死にその病を治し、自ら高麗村へ乗りこんで、真相を明かすつもりのようです


また今回は、ヨンチョルの口から、実際に血書を見たかもしれない元高麗人の名前も浮上しています。チョクホというこの内官は槍の使い手だったそうですが、以前ペガンが捜していたのが、このチョクホだったのかしらね


来週の奇皇后は「呪いの始まり」だそうですよん。また一層面白くなりそうで楽しみでございまするね奇皇后が面白い(^^)/


奇皇后 韓国ドラマ・ガイド 第1巻 (講談社 Mook)
『奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~』 オリジナル・サウンドトラック

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング