2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

毎週楽しみに見てきた【昨夜のカレー、明日のパン】もついに最終回を迎えてしまいました。「ご飯と銀杏」~これまた最終回に相応しく、なんとも言えない味わいのある素敵なエピソードでございましたね。以下簡単なネタバレのあらすじです。


昨夜のカレー、明日のパンの最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/

今回はギフが案の定、女狐にたぶらかされたところから始まりました


早朝から仏壇のカチカチご飯を食べて出かけたらしいギフは、しばらく留守にするという書置きを残していきます。時刻表の「湯河原」に赤線が引いてあったことから、温泉に行ったと推理したテツコが、なかなか帰ってこないギフを心配しながら、毎日、ごくごく簡単な食事で済ませているのがまたいかにもそれらしかったですね。あ、テツコの漢字は「徹子」だったそうです。


隣の小田にギフのことを相談したら「女狐」と一緒にいるに違いないと言われ、朝子に聞いてもそうに違いないと念を押されてしまいますひどい女だったわよ~(`・ω・´)。ギフが奮発して注文した「ウニ」入りの寿司~そのうちの2つを自分で平らげたほどの性悪な女だから心配だわ!


1人1個が常識よね( `ー´)ノ

一方そのギフはなんと岩井のもとへ身を寄せていました。テツコの推理通り温泉へは行きましたが、そこに女狐=富士子の姿は無く、ひとり虚しく二人分の食事を平らげて帰ってきたのだそうです。なんと富士子は、

「一緒に温泉へ行こう

との甘い誘惑でギフを釣り、自らが経営しているという輸入家具店の高級北欧家具をタンマリ買わせていたのだとか!?しかも、ギフがちょっと席を外した隙に、その店の看板が外されていたというのにも大笑い


「それって詐欺ですよ!!


岩井にダメ押しされたギフが無理矢理買わされた高級家具は、すべて岩井のせまいアパートに運ばれてきます。だって、自宅には送れないじゃない?


寝るスペースすら無くなった二人は仕方なくギフの家へと戻ってきました。テツコには「店で一番高かった牛肉」を買ってきます。


あ~あ~岩井君とテツコさんが結婚してあの家具を使ってくれればいいのに


が、岩井は、それは叶わぬ夢だと寂しげです。テツコは今回ギフがいなくなった家にひとりでいたことで、自分が嫁いだ後のギフの心境を思いやり、当分嫁には行けないと岩井に告げていたからです。


それならここで一緒に住めばいいじゃないか


ギフの誘いにも岩井の心境は複雑です。


ここはアウェイだから決して勝てないという岩井にギフは、どうやったら「勝つ」ことになるのかと問い返しました。勝つとか負けるとかじゃなく、思い出を皆消してしまうのではなく、少しずつ年月をかけて、新しい思い出を積み重ねていけばいいんじゃないかな


結婚はさておき、しばらくは寺山家に居候することになった岩井が、テツコとギフが代わりばんこに噂の「カチカチご飯を食べている様子を目にした後、自分もそれを食べてみたいと言ってくれたシーンはなかなかでしたね


テツコとギフ、そして一樹のご飯茶わんはあるんだけど、(今は)岩井のそれはないから、お味噌汁用のお椀で我慢してほしいと、岩井が加わることによって日常を壊したりしないテツコの姿勢もまたよかった


その後ギダリエが結婚することが明らかになり、北欧家具に憧れていたらしいギダリエがあの家具をすべて引き取ってくれることになりました。この話を聞かされたギフが、

「(家具の梱包を向いて)裸にしちゃったのかい?

と聞いたのを、ギダリエを裸にしたと勘ちがいしたテツコが、嫉妬メラメラになったのは楽しかったですね~。そんなに好きなら結婚すればいいのに~と、今回ばかりはギダリエのお節介もナイスでした


こうしていよいよ結婚することになったふたり~岩井もこれでようやく「噂」ではなく、大威張りで「待っている人がいると飲み会の2次会を断って戻ってきた帰り道、なんと一樹にそっくりな青年=路上コトバ師に出会います。


もやしの命が1日 カレーは二日目に限る 食べて寝て生きる ヒコーキ雲を信じる この街で生きてゆけ


これまで劇中で使われた言葉も入っていたのがまた楽しかった~


かなり酔っぱらっていた岩井は彼を一樹と思い込み、早速「勝負」を挑んだものの、走り出してすぐに転んで眠ってしまいます。その青年が岩井の携帯からテツコに電話してくれたため駆けつけてきたテツコもまた、その青年の顔を見てびっくり仰天してしまいます。一樹!?なんでここに?


すっかり寝入ってしまった岩井を青年が背負ってタクシーを捕まえに行く間、この青年が岩井は大切な人なのかと聞いてきました。テツコはそれに「ハイ」と答え、

「世界で一番?」

との問いにも「ハイ、世界で一番」と言い切ります


そんなこと言われてみたいよなあ~と羨ましそうに言った青年が、捕まえたタクシーに岩井を押し込んだテツコに「お幸せに」と声を掛けると、テツコはちょっとためらいがちにこう尋ねました。


私、幸せになっていいのかな?


その言葉を聞いて、岩井を見つめながらなかなか答えてくれない青年にテツコがもじもじし始めた時、青年はキッパリこう答えてくれます。誰よりも幸せになってよし


ニッコリ笑ってくれた青年のこの言葉に背中を押されたテツコがタクシーに乗り込んだ後、その青年が、以前宝が後輩に預けたはずの雪だるまのマスコットを持っていたことが判明します。この青年は一樹だったのですね~きっと。あのチケット使って来てくれたのですね愛に来てくれてありがとう(;O;)


一方、富士子に騙されたギフは町で偶然、その富士子に出会いました。最初は逃げたものの、観念したのか、騙して申し訳ないと謝る富士子に対し、自分こそ、嫁に看取ってもらうのが心苦しくて、富士子を利用したのだと謝罪します。


すると富士子は、誰に気兼ねすることの無いところへ行ってふたりで暮らそうなどと虫のいいことを言いだしますが、ギフはこれをキッパリ断りました。


ギフは、妻の夕子が病で亡くなる際、自宅に引き取って最期を看取ったそうです。その時、ベッドから見える、それはそれは美しい銀杏の木を見た夕子が、これからはこの金色に輝く庭だけを見て過ごすなんてとても贅沢で幸せだと嬉しそうに語ったそうです


あるんですよね~他人から見たら惨めに見えるような時でも、本人にとっては夢のようにキラキラ輝く時間ってそんな風に心豊かでありたいですね♪


自分もまた、他人に迷惑を掛けながら、そして他人を気遣いながら、後何回かそれを見届けていくことだろう鹿賀丈史さんがすごくよかった~( *´艸`)


最後はギフと岩井とテツコが仲良く3人で、その美しい銀杏の木を見上げながら、その恩恵であるぎんなんを剥いていたシーンでお終いです


また宝のパワースポットも、サカイは産婦人科医に復帰することになりましたが、宝自身が調理師免許を取って、深ッチンと織田家の両親とともに、しっかり切り盛りしていくようですムムムが以前のように逞しくなった(*^^)v。自分を心配するあまりフォローするだけが愛情じゃないと、サカイに言ってのけた宝は、もう大丈夫ですね


気になっていた朝子もまた「下手人」こと課長とよりを戻したようです。もう金の事は言わないから、ずっと友達でいようって。これを聞いたテツコがまた目が飛び出そうなほどビックリしてました


誰もが経験するような日常を、どこまでもさりげな~く、温かくて優しい目線で描いた「昨夜のカレー、明日のパン」が終わってしまって寂しい限りでござりまする



昨夜のカレー、明日のパン Blu-ray BOX


~同じ木皿泉さんのお正月ドラマ「富士ファミリー」も面白かった

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 4

There are no comments yet.
ジャスミン  
ありがとうございます。

このドラマが大好きで、毎回温かい気持ちになり、泣き、エンディングでまた泣き(笑)
こちらを読ませていただき、振り返りをしてまた温かくなっていました。ありがとうございました。
終わってしまって、本当に残念ですね。

2014/11/18 (Tue) 22:42 | EDIT | REPLY |   
ジャスミンさんへ  
こちらこそありがとうございます

ジャスミンさん、はじめまして。

昨日のカレー、明日のパンは本当に素敵なドラマでしたね。
拙い文章をお読みくださいまして、こちらこそありがとうございますv-22

またこのような温かいドラマに出会いたいものですね^^。こん

2014/11/19 (Wed) 07:23 | EDIT | REPLY |   
ローズマリー  

初めて、コメントさせて頂きます。
このドラマが大好きで、毎週、見た後に、ブログを読ませて頂き、余韻に浸っていました。
最終回、このブログを読んで、見逃したシーンが沢山あることに気がつきました。ありがとうございました!
またブログ、拝見させて頂きます。
寒さ厳しくなってきましたが、ご自愛下さいませ。

2014/11/19 (Wed) 19:53 | EDIT | REPLY |   
ローズマリーさんへ  
お気遣いをありがとうございます♪

ローズマリーさん、はじめまして。
ご丁寧なコメントをありがとうございました。

私もこのドラマが大好きでした~終わってしまって寂しいですね。

あれやこれや見て好き放題語っておりますが、
どうぞまたいつでもお気軽に足を運んでくださいませ^^。こん

2014/11/20 (Thu) 07:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.