このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

インス大妃
 時代劇・歴史モノ

インス大妃 あらすじと感想 第49&50話 これでようやく一段落?

インス大妃のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: インス大妃 あらすじと感想一覧(全60話)


韓国ドラマ・【インス大妃】の49話は「茶の秘密」、50話は「恋慕の果て」です。このドラマも残すところあと10話となり、自分としては一つ大きな区切りがついたので一筆したためさせていただきまする。以下、簡単なネタバレのあらすじ感想文ですインス大妃のあらすじ行きますよ~(^^)/


まず、何と言っても最大の朗報は、大王大妃がようやく折れてくれたこと。きっかけは、改革の断行を望む成宗を後押ししようとしたインス大妃が、ミョンフェに科田を自ら返上してほしいと頼んだことでした。朝廷の重鎮だったミョンフェが範を示せば、皆もそれに続くに違いない


期待通りの反応をよそに、大王大妃だけはこれに激怒しましたが、逆に成宗から

「ユン一族だけが返上していない

と切り返されてしまい、それがショックのあまり倒れて寝込んでしまったのです。


やはり人間、健康状態に不安を感じて初めて己を省みるものでして、この大王大妃もようやく成宗とインス大妃を認めて、自分は一切政治の世界から手を引きます。


今や重湯一杯しか食べられないのに、蔵に財産があったとて、何の意味があろうか?


成宗が建てた「3人の大妃」のための離れに移った後も、病状が思わしくない大王大妃に尽くし、温泉旅行を提案するインス大妃は素晴らしい嫁でしたね~。3カ月間療養して帰って来てから、大王大妃がインス大妃にようやく謝ってくれたのも嬉しかったです


あなたを誤解していたわ。こんなに優しい人だったなんて


そうそうインス大妃はジョンの時代から、本当に大王大妃を慕っていたのに、どーしてあんなに苛めたかな~と、おばさん的にはまだ許せんけど、そこは当の本人が、問題ない昔から大好きだったと言っていたので忘れることにいたしまする。元々キム・ミスクさんが好きなので、あんなにやさしい笑顔を見せられちゃうとコロリと参っちゃうのでござる


でもソンイのことを思うと、この大王大妃のしたことはやはりかなり罪深かったと改めて憤らずにはいられません。あれは「ワガママな子ども」の範疇を超えています。何せ、ついにチョン貴人の子を流産させてしまった上に、その際「益母茶」を飲ませた医女ポクシルさえ兄に殺させてしまったのですソンイがひどすぎて話にならん(;´・ω・)


が、すぐに自分もまた流産してしまったのは、これはさすがに天罰としか言えませんよね。あれは時期からして、自分が妊娠していることを知らずに、一緒に益母茶を飲んでしまったのかしらね。チョン貴人の流れた子が男児と聞いて大喜びしていた姿がいまだに忘れられません


大王大妃はまだ「人が悪い」で済むけれど、ソンイは正真正銘の「極悪人=犯罪者」です。


さすがの成宗もこのソンイにはすっかり見切りをつけたようです。大殿への出入りを禁じ、もう二度と会わないと言った後にソンイの懐妊が分かった時は気の毒としか言えませんでしたね。あんな女でも「母」なのです


その「母」関連で言うと、どうやらあの後もずっとパク氏に育てられていたらしい燕山君が、インス大妃の温情で、一瞬だけソンイに会わせてもらった話も実に象徴的でした。インス大妃としては、ソンイの廃位は不可避という腹積もりだったのでしょうから、流産したソンイをどんなに気の毒に思っても、ソンイ=母のイメージは決して植えつけてはいけなかったのに


再び息子から引き離された母の絶叫が、後の燕山君の耳に届くようで、ここは今から恐怖を感じざるを得ません燕山君はチン・テヒョンさんか~似合い過ぎ(;´Д`)


そして今回ついに、そのソンイの狂人ぶりが頂点に達してしまいました。なんとソンイは、成宗がユン淑儀に承恩を与えようとしているところに乗りこんできたのです。これこそまさに「修羅場」でござるね


大体、王には側室がつきものなのですから、独占できると思うほうが間違ってます。ひとりの男性を独占したかったら、王妃になるべきではありません。


腹に据えかねた成宗がソンイを引きずり出そうとした際に、ソンイがやっちまいました~成宗の顔を引っ掻いてをつけてしまったのです。これまた有名な逸話でござる


さ~てこれでいよいよ廃妃で、次は燕山君ですか~。以前はインス大妃が大嫌いだったのでここからが本番!てな感じでしたが、今回はか~なり気が重いです。ということで、後はまた気が向いたら語らせていただきまする


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はインス大妃のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング