2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ぼんくらのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ぼんくら あらすじと登場人物一覧


宮部みゆき氏原作、岸谷五朗さん主演の木曜時代劇ぼんくらの6話は「過去から迫る闇」です。ようやく「ぼんくら」な平四郎にも火がついた?ようでしたね~でもおばさんには寝てるようにしか見えませんでしたがぼんくらのあらすじ行きますよ~(^^)/ 。以下簡単なネタバレのあらすじです


まず前回に引き続き、今回もまた佐吉の過去に焦点が当てられました。隠密廻同心の英之介が調べてさえ、佐吉の母=葵が湊屋を出たいきさつは明確ではなかったのに、当時まだまだ幼かった佐吉は、

母は店から金を盗み、当時25歳だった手代の松太郎と駆け落ちをした

と何者かに信じ込まされ、それ以来ずっと母を恨んで生きてきたのだそうです。あんな恩知らずにだけはなってはいけない、と


葵が湊屋にいた頃、葵と佐吉の親子は、総右衛門から本当の家族のように大事にされていたというのに、今の佐吉が卑屈とも思えるほどにへりくだった性格になったのは、この時の体験がよほど辛かったからのようです。


佐吉からこの話を聞いた平四郎が、めずらしく怒りをあらわにしました


人に鼻っ面を振り回されるほど嫌な人生はねえ!佐吉の人生をもてあそぶ奴を俺は絶対に許さない!!


他人の揉め事に巻き込まれるのは面倒だと言って憚らなかった平四郎ですが、まだ若い佐吉がもう人生を諦めてしまったかのような姿には心底腹を立てたようです


また今回は以前も登場したみすずという娘が、佐吉に興味を示して訪ねてきました。両親がしばしば佐吉の話をしていることから、その人柄を見定めて、良ければ嫁になりたいと考えたのだそうです


佐吉に葵の駆け落ちを吹き込んだのは、おふじじゃないかと思ったんですけど、それでも家では夫とともに佐吉の話をしているというのが、ちと解せないところですよね。でも逆に、おふじはみすずを

「葵に似ているから

という理由で嫌っていたようなので、おふじが悪く言う人間なら、とみすずは反抗心から出かけてきたのかもしれませんけど


以前登場した時には、腹違いのおみつの頬を激しく叩くなどして、実に嫌な感じの「お嬢様だったけれど、今回はそう見えなかったのも、ちょっと違和感があるなあ。それもこれも、すべての謎が解ければ明らかになるのならよいのですけど


そして、この、娘が夫の姪に似ているという話も聞き捨てなりませんよね。それは以前から頭には浮かびながらも打ち消していたあの可能性~実は葵は総右衛門とできていた?!が、どうしても浮かんできちまいます


それに、総右衛門がイイ人そうに見えるのも逆に怪しいですよねえ。黒幕はやはり総右衛門のように思えてなりませんから


一方、過労で寝込んだことから「おくめ」の看病を受けることになり、その人柄の良さを知ったお徳は、おくめに自分の味を伝授してやろうと宣言します。あんただって、いつまでも春を売って生きていくわけにはいかないんだからね。


おくめもまた、お徳をひとりにしたら気の毒だと語っていたので、ここはあかの他人が親子のように、喧嘩したりいたわり合ったりしながら生きていければよいですよね。何も、おくめの腕が上がっても、他に店を出したりせず、ずっとあの店でふたりで働けばいいじゃありませんか


そしてそのお徳はやはり何かを知っていたようです。正確にいうと(予告で)平四郎は、

「久兵衛はこれから起きること全てを知っていてお徳を操っていた

と語っていました。その後も続いていたらしい鉄瓶長屋の屋移りの理由はいったい何だったのでしょう?


平四郎が、怒りに任せて弓之助に八つ当たりしてしまったり、それを反省して雨の中、弓之助を負ぶって家路を急いだり、ついに弓之助のおねしょの洗礼~濡れても平気じゃなかったようで・うへえ~を受けたり、と楽しいシーンはてんこ盛りであるものの、もうそろそろ、おばさんも限界に達してきそう~謎を解く鍵の片鱗でも見せてくれないと、平四郎同様怒りが爆発しそうでござる


いい加減鬼ごっこもたいがいにせんかっ!!「ぼんくら」もそろそろイライラしてきたよ~(`・ω・´)


ぼんくら~来週はそろそろ「鬼」が誰なのか、そのヒントだけでも教えてほしいものですね来週こそは進んでよね(;´・ω・)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.