このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

軍師官兵衛
 NHK大河ドラマ

軍師官兵衛 あらすじと感想 第47話 如水謀る

NHK大河ドラマ・軍師官兵衛の47話は「如水謀る」です。以下早速簡単なネタバレのあらすじ感想文です軍師官兵衛のあらすじ行きますよ~(^^)/


前回、利家の死後、長政らに襲われた三成は、意表をついて家康の懐に飛び込みました。三成は「虎穴に入らざれば虎子を得ず」と言ってましたが、あれはどう見ても「窮鳥入懐」ですよね。まったく、やることなすこと、実に大仰で情けない男でやんすね


~あくまでも、このドラマでの石田三成、ってことですからね


ここで三成を殺したところで大義が得られないと知っていた家康は、三成を体よく隠居に追い込んでしまいます


そして、こうした情勢をじっと見守っていた官兵衛(如水)がついに動き始めました如水より官兵衛だな~やっぱり(^◇^)。官兵衛はまず、大阪にいたのでは、必ずや、家康か三成に付かねばならなくなる事を嫌い、中津へ戻ることにしたようです


その前におね(北政所)に会い、大阪城の西の丸を家康に譲るよう進言し、三成には、家康と戦うなら上杉景勝を利用すればよいと吹き込みました。


景勝が謀反を起こしたと聞けば家康は自ら出征するだろうから、家康のいない大阪で挙兵し、背後(西)から挟み撃ちをすれば勝てるというのです。ちなみにこの時の上杉家の家老が直江兼続です


が、官兵衛はそう言ったそばから、この作戦では成功しないとうそぶきます。なぜなら徳川殿は既に読んでおられるからだ


家康がこれを承知していたかどうかはともかくとして、官兵衛の戦(謀略)はこの時既に始まっていたようです。これはおばさんの印象に過ぎませんが、どうやら官兵衛は、己の思ったように皆を動かそうとしていたように思えてなりませんの。家康を西の丸に入らせたのも、三成に上杉の話を持ち込んだのも、どちらも「挑発にしか思えません。


案の定、上杉謀反の噂が出ると即、家康は会津征伐を決めて上杉景勝を倒しに出かけていき、三成もまた、その家康の留守を狙って大阪で挙兵いたします。これを聞いた家康は、

「三成が罠にかかった

とほくそ笑んでおりましたが、官兵衛に至っては、

「家康・三成、ともに、我が思う通りに動き始めた!

とニンマリしていたに違いありません。光がその姿を見て語ったように、これは官兵衛にとって、生まれて初めて自分のために策を立てる実に楽しい戦だったのではないでしょうか。


で、この先もおばさんの妄想ですが、官兵衛は「天下を取る」と口では言っていますが、実際に「天下」になどには興味が無いのではないでしょうかね。天下を取ること=結果ではなく、いかにして効率よく天下を取るか=過程こそが、官兵衛にとって最も興味深いことなのではありませんか?


こう言っちまうと、黒田官兵衛は「生涯軍師」であった~という制作者の意図がミエミエな気もしますけど


そんな、ある意味、いつまで経っても子供の様な官兵衛に比べて、息子の長政は実に老成しています。そのもっと上を行く老獪な家康にすっかり懐柔された長政は、黒田は家康に付くと決め、そのために糸を離縁して、家康の養女である栄を嫁に迎えました。


普段は口数少ない九郎右衛門が、若殿はずっとしっかりしていると口にしたのが嫌みに聞こえてしまったのはおばさんだけでございましょうか


糸の侍女が、主人の離縁に関して見せた怒りは、光ではなく長政に向けたように思えてなりません。光が糸をいたわったのは本心だと心から疑いませんが、同性として、どうしても長政からは非情さを嗅ぎ取らずにはいられません


さ~て軍師官兵衛もついにカウントダウンですね。残すところあと3回しっかり最後まで見届けましょうぞ!軍師官兵衛もいよいよ終盤!


軍師官兵衛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は軍師官兵衛のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング