2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~全51話 あらすじと見どころ


ハン・ジウォンさん主演の奇皇后キファンフ)~ふたつの愛 涙の誓い~】の17話は「呪いの始まり」です。これまた実に楽しかったですね~。今回の見どころはズバリ3点奇皇后のあらすじ行きますよ~(^^)/


  1. ワン・ユ~大望と恋の間で大いに悩む
  2. タナシルリのヤキモチ作戦大成功?!
  3. 血書の行方のカギを握るのはノ尚宮?

特に真っ先に挙げずにいられようか~な、悩める美男子の姿が実に悩ましいエピソードでございました。スンニャンも、意図的にではないにせよ、罪な女子でござりまする。以下簡単なネタバレのあらすじですんも~タナシルリ、サイコー(^^)/


まずユは、前回目にしてしまったスンニャンとタファンの背中合わせのシーンを忘れることができません。あれはどう見ても、スンニャンがタファンに好意的だったのは歴然です


手を伸ばせばいつでも届くところにいるはずなのに、愛する人を危険にさらしてはいけないという男の優しさと、その愛する人を守れない自分の不甲斐なさ、そして、今や「元」国王でしかない自分の惨めさが次々胸に湧いて出て、それらの感情がありとあらゆる穴から吹き出してきそうな、まさに憤懣やるかたないと言った風情でござった


これをグッと押し殺して普段通りの凛とした表情を崩さないユには、スンニャンばかりか、タナシルリもすっかり虜になっています。一応は「皇后」としてのプライドから恋慕の情はひた隠しておりますが、その代わりに、ユが自分に好意を寄せていると思い込んでしまいます。ああなんたる哀れな勘違いでございましょうか


ユが皇太后に招かれた席に

「来なくてよい

と言われたのに図々しく押しかけて来た上に、皇太后がユに縁談を勧めようとするのにも無関心ではいられません。ユがこれを丁重に断ると、すかさず、アピールしてきます


どなたか心に秘めた方でもおいでですか?
(自分のことだと思ってるこのおめでたさ


その時ユが向けた視線の先にはもちろんスンニャンがいたのですが、これにはまったく気づかない~気づいたのはタファンだけです。


その後、スンニャンがヨンファの意地悪で転んでしまった時も、ユがすかさずスンニャンを抱き留めます。これぞ、常にスンニャンの姿を目で追っている証拠~熱湯がスンニャンにかかってはならぬと、これを体で受け止めたユは、その肩にひどい火傷を負ってしまいます


熱くも痛くもないから(スンニャンを)咎めないでくれと言ったユのなんと凛々しかったことかチュ・ジンモさんで良かった~( *´艸`)


スンニャンもまた、居ても立っても居られず、ユに薬を塗りにやってきます。どんなに拒まれても薬だけは塗り終えたスンニャンは、火傷は夜が痛むから、もう一度夜やってくる~と言ったのに、あの意地悪タファンが

「絶対に行かせるものか!

とわざと眠らずに、ずっと本を読ませたため、ユは待ちぼうけを食らってしまいます。背後の物音を聞いて、ようやく来たか!と目を輝かせたのに、相手がシヌだったなんて、可哀想すぎでしょ。今や、肩の傷より心の傷の方が深いでやんすね~我が王様は。


その後もタファンは、ユに心惹かれてならないスンニャンを何とか手元に留めておきたいと、あの手この手を使ってきます。その一方ではヨンチョルと戦う決意を固めたということですが、どう見ても恋愛の比重が高そうです。ま、文字を教えるのがスンニャンなら、一石二鳥というものでしょうが。


そしてタファンは、スンニャンの喜ぶ顔見たさに、多分当時は皆が喜んでみていただろう

「影絵」

をひそかに計画するのですが、これを

「影絵好きなタナシルリ

がまた、自分のために催してくれると勘ちがいしてしまうのです。これはソ尚宮が悪かったですね~。パク・オジンではなく、皇后さまのためにです!なんて言っちまいましたから


そしてタナシルリはここである妙案を思いつきます自分を好きなユも呼んで、ふたりに焼きもちを焼かせてやる!


その期待通り、タファンとワン・ユは激しい嫉妬を燃やしますが、もちろん、スンニャンを挟んでです。影絵を見ながら、ふたりがスンニャンの両方の手をそれぞれ握って離すまじとしていたのが実に楽しゅうございました。まさに

タナシルリ、さまさま

でござりまするよくぞやってくれた(^^)/


また今回、以前から、先帝の愛人だったと語るノ尚宮(イ・ウンギョン~ナユン母@みんなでチャチャチャ)が、血書の在りかを知っていると漏らしました。皆が躍起になって探している血書を見つければ、ほかならぬ王様のお役に立てる~そう考えたスンニャンは、ノ尚宮の行動を探っていくようなのですが?


そしてその王様~ユはもちろん恋に溺れている訳ではありません。ヨンチョルが怒りのあまり、捕えた妖術師を皆殺しにしたことを受けて、次の計画を実行に移します。高麗村から大量にとらえてきたネズミを宮中に放って、いったい何をしようとしているのでしょうか。


先帝の呪いが始まる!


一方、高麗村が怪しいと感づいて居座ったビョンスは、その後村長マクソンの信頼を得ていたようなのも気になります。チョン・ウンインさん好きなだけに、マクソンの言うように

「顔は悪いけど本当はイイやつだ

と思いたいんですけどね~。どこかでキャラ変してくれんかしらん?


タファンが初めて「皇帝」として、玉座から秘かに命令を下したことで、ペガンとタルタルも動き出しそうな気配です。果たして血書はどこにあるのか?それを利用してヨンチョルを倒そうとするユの思惑は成功するのか?!奇皇后も面白い(^^)/


奇皇后は続きもとっても楽しみでございまするね


奇皇后 韓国ドラマ・ガイド 第1巻 (講談社 Mook)
『奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~』 オリジナル・サウンドトラック

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.