2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ドクターX~外科医・大門未知子のあらすじと感想一はこちらからご覧いただけます: ドクターX~外科医・大門未知子 あらすじと感想一覧


米倉涼子さん主演の【ドクターX3】の8話は「・・・待つ」だそうです。カフェ・ラテも焼肉も待てない未知子でも、患者のためになら待てるんです。以下早速ネタバレですドクターX3のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回の最大の注目点だった事~前回天堂が「未知子を利用する」と言っていた言葉の意味が分かりました


天堂曰く、日本の医療の基礎レベルは確かに世界で群を抜いているものの、それはあくまでも「知識=シナリオ」だけであり、実際の症例(手術)で、それを示すことができていない。それだけの技量と勇気のある医者がヒジョーに少ない、というのが現状なのだそうです。前回やってきた富士川もその典型のようですね。シナリオ(口だけは達者だが、いざとなると失敗を恐れて何もできない


だからこそ、天堂は、その代わりに(患者のためならどんなオペも辞さない勇気あるドクターXこと未知子を「導入」したのだと語りました。あなたはいわば手術マシンだ。その技術は世界に誇るべきもの。くれぐれもメンテナンスを怠らぬように


自分もまた取説に従って、扱いには注意すると語った天堂の言葉に、神原は~いくら契約金が倍になっても~カチンと来ていたようですが、未知子は意に介さなかったようですよ。人間だろうとマシンだろうと、自分は患者を治すだけ誰に何と呼ばれても気にしない( `ー´)ノ


この辺の割り切りはさすがに「女性」ならではですよね。これが男性だと~例)朝田と野口@医龍~

俺は機械じゃない!おまえに利用されてたまるかっ!!

的な展開になるのは目に見えていますが、そんな細かいことはどうでもよろし朝のイライラ男もウィスキーさえ作れれば他の事は我慢しろよ!、結果さえよければ=患者さえ助かれば


天堂も、これを未知子に言わなければ、なかなかの人物だと評価するんですけどね。ああした「負け惜しみ」を大上段からモノ申さなくちゃいられないところが、実にみみっちいどすな。カッコ悪いったらありゃしない天堂にはガッカリ(;´・ω・)


と、前置きが長くなりましたが、今回、このカッコ悪くもみみっちくも、それなりに日本の医療の発展を願っている天堂を、未知子がどううならせたか、の経緯(あらすじ)も簡単にまとめておきます。相変わらず海老名もイイ味出してましたね


今回の患者は小学生の八田ちひろ(小林星蘭)~ちひろの病は「肺静脈閉塞症」で、低酸素血症や右心不全を合併している上に、心臓もかなり肥大しているそうです。元々は談合坂の患者だったのを富士川が引き継いだはずなのに、富士川は

どうせ助からない患者だから転院してもらう

と言って憚りません。こう言う保身もまた実は、プライドの高い天堂にとってカチンとくる姿勢だということが、富士川には分かっていないようです中身の伴わないパフォーマンスは、単なるメッキでしかありません


未知子はこれに「(一部)生体肺移植」で対応すると言い切りました。加藤事務長がここで、富士川が断った患者を引き受けるとは不遜だと、いかにも日本的な気配りを見せても、未知子は一向に動じません


鼻を明かしてやろうとか、上下関係の気配りとか、一切関係ございません!この患者を助けたいだけ!!


これを聞いていた海老名が「マンゴー」を持って名医紹介所を訪ねてきます。たとえ未知子にはまったく興味が無くても、今やすっかり天堂から見捨てられて相手にされない海老名としては、

「富士川が蹴った患者を完治させて富士川の鼻を明かす

しか手段が無いと思い込んだようなのです。俺がその子を執刀して、おまえを助手に付けてやろう


これを聞いた神原が、海老名を銭湯に誘ってこう言って聞かせたシーンは、ドクターX史上(笑)まれに見る良いシーンでしたよね


未知子がいつも傲慢に聞こえる台詞を吐くのは、自分の覚悟を示すため。医者は失敗しても次があるけど、患者には「次」などないことをあの子は重々承知している。そんな未知子を権力争いに利用するなんて軽々しい行動は控えてほしい


さすがの海老名も、それなりに医師としての良心はまだ失っていなかったようで、実際の手術の際には未知子の第一助手を買って出たのは偉かったですよね


ただねえ~天堂から「今晩開いている」と声掛けがあると即

「では私の知っている近江屋数寄屋橋本店で6時に!

と予約を入れさせたうえ、未知子は手術が速いから、余裕でイケると、分かりやすく喜んじゃうのが、いかにもこの

「サラリーマン体質の哀しさ」

でござるよね


が、ちひろに肺を提供してくれたドナーが、幼い頃ちひろと母を捨てて逃げた父だったため、いくら片肺の下葉部分だけの移植であっても、大きすぎて胸腔内に納まらないという事態に見舞われてしまいます。グラフトを採ったのが加地だったため、

博美に入れあげすぎて、大きさ間違えたんとちゃうかっ!!加地と博美が怪しい( `ー´)ノ

と思わず檄を飛ばしそうになったのはおばさんだけでございましょうか。加地と博美、なんとな~くそれっぽかったですよね。母一人の子育てには限界がある、と博美もこぼしていたようですし


とまあそれはさておき、そこで未知子が取った手段が「待つ」ことでした


肺グラフトをちひろの気管支につないでしばらく待ち、それでも状態が変わらずにいたため、今度は皮膚だけ縫合して様子を見ます。この間に、心臓の肥大が治まって、肺も小さく埋まったのには驚きでした。人体は本当に奇跡に満ち満ちていますね


こうして待つこと約1時間半~予想通り、海老名は天堂との会食に行くことはできませんでしたが、医師としての使命は見事に果たすことができました。この手術結果を早速論文にまとめて提出しようとしたのに、またしても天堂の心が離れてしまったようなのは気の毒でしたが


「待てば海路の日和あり


というより、これまでず~~~っと待っていたことで、シーズン2からこっちの棚ぼたがあったのですから、それで良しとしなくては欲の皮が突っ張りすぎですよ~海老名統括部長


またこの言葉は、富士川の言う通り、本来は「甘露」だったのだそうですけれど、

「立ち位置さえ間違えなければ甘い汁が降ってくる

という意味ではないそうです。いつまでも上向いて口空けている間に、顎が外れないといいですけどね


来週は加地の元かの?が登場するようです。病院内での未知子の存在感が大きくなればなるほど、そろそろお別れだな~きっと、と深読みせずにはいられませんが、とにもかくにも、ドクターX3は次回もとっても楽しみですドクターX3もそろそろ終盤( `ー´)ノ

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
黒猫  
((o(^∇^)o))

こんにちわ。
ドラマの冒頭で神原事務所(?(笑))のキッチンが初めてみれました。
今回は神原さんの未知子に対する深い思い入れが感じられましたね。
(@銭湯のシーン)

未知子の立場を朝田に置き換えるのは、私もよく考えてました。
(もっと言えば城之内を荒瀬に置き換えたりもw)

総長は臨床例にこだわりますね…
海老名さんは相変わらずの立ち位置でしたね…(((^^;)

いよいよドラマも終盤にさしかかりワクワク度UP
((o(^∇^)o))

2014/11/30 (Sun) 16:42 | EDIT | REPLY |   
黒猫さんへ  
男女の違いですかね~( *´艸`)

黒猫さん、こんにちは~♪
そうそう、あの銭湯のシーンは良かったですよね~( *´艸`)。

そんなに思っているというのに、
未知子に余分な金を渡さないのは、
神原の深い愛情のなせる技なのですね~きっと。

あはは~城之内を荒瀬にですか。
荒瀬同様、博美ももちっと目立たせてもよいかも~ですね。

海老名はいいですね~。
もはや海老名のいないドクターXは考えられないかも(爆。

来週の放送も楽しみですね~(^^)/。こん

2014/11/30 (Sun) 16:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.