2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

Nのためにのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 湊かなえ氏原作ドラマ あらすじと感想一覧


湊かなえさん原作の【Nのために】は7話もなかなか面白かったですね。希美と成瀬が島に戻ってきたシーンが一番心が安らぎました。以下簡単なネタバレのあらすじですNのためにのあらすじ行きますよ~(^^)/


まず、西崎が発案してきたN作戦IIについては、前回語らせていただいた内容でほぼ間違いないようです。望と希美は、貴弘から、

「奈央子は流産した後精神状態が不安定になって危ないから、外に出られないようにドアの外側からチェーンを掛けた

と説明を受けたようでしたが、何せ望は社内で「奈央子の不倫」に関するメールを受け取っていたため、この言葉を真に受けて良い物かどうか疑っています。個人的にはこのメールを送っている人物(=貴弘の失脚を望む人間)が誰なのかも知りたいですが


望と希美の会話を漏れ聞いた西崎は、奈央子が監禁されていることを知り、希美に助けを求めました。奈央子はDVを受けて苦しんでいるから助けてやりたい


が、何せ希美は「不倫」と聞くと両親のことを思い出すため、即座に拒絶反応を起こします


どうして不倫なんかするの!?夫婦のことははたから見ただけじゃわからない。一見幸せそうな夫婦でも、心が離れてしまったケースもあれば、虐待があったとしても、離れられない夫婦だってあるに違いない!奈央子さんも好きじゃない!


それでも西崎は諦めません。西崎の母は火事で亡くなったそうなのですが、ひとり逃げ延びた西崎は、助けようと思えば母を助けられたのに、そうしなかったことを今でも後悔しているようで、今度こそ奈央子を助けると、心に誓っているようです。


ここに成瀬が呼ばれたのは、成瀬がバイトをしているシャルティエ・広田というレストランが、野口夫妻の思い出(プロポーズ)のレストランだったからのようです。希美から話を聞いた西崎はこれを利用しようと思いつき成瀬に協力を求めました。成瀬とともに、シャルティエ・広田の従業員になりすまし、警戒が厳重なスカイローズガーデンに潜り込むつもりのようです


最初は反対していた希美も、奈央子のために、ということで、重い腰を上げるようです。望はやはり、貴弘が上司であることから、ふたりが声を掛けなかったのでしょう。


そして今回は、実際に殺人事件が起きた後の一部分が明らかにされていました。何者かが奈央子を刺したらしい血まみれのナイフを、西崎が、自分の指紋が付かないようにして貴弘に握らせていました。その横には泣きじゃくる希美の姿があります。やはり、希美の服に付着した血痕からして、奈央子を刺したのは(決して故意ではないでしょうが)希美以外に考えられません


また現在のシーンにおいて、希美は案の定、高野に嘘をつきました:


希美は別室で、貴弘に頼まれて将棋の手を考えていた。物音に気づいて駆けつけた時には、既に二人は殺されており、西崎が、自分の犯行だと語った。私は、昔の放火事件の時同様、見たままを警察に語った。


それがどんなに疑わしく思えても、余命1年だという希美を前にしては、高野も詰問できません。


と、事件に関してはこれぐらいでしたが、個人的には、成瀬と希美が、同級生の結婚式のために島に帰ってきて、昔話をしたシーンに大いに和まされましたNのために~青景島のシーンが大好き( *´艸`)。希美は服まで新調してウキウキしていたようです


成瀬は、せっかく希美が譲ってくれた奨学金を不意にして本当に申し訳なかったと詫び、でも、自分が胸を張って希美の前に出るには、やはり料理しかないと覚悟を決め、今はレストランでバイトをしていると語ると、希美もそんな成瀬の再出発を大いに喜んでくれます。希美もまた、建設会社への内定が決まったようです


大学の費用は父が出してくれることになっていたから、なんも気になどしていない。あの時だって、シャープペン5回鳴らしたやろ?よかったね、って


バカヤロウだと思っていたと成瀬が打ち明けた時の希美の嬉しそうな顔が今でも忘れられませんNのためには榮倉奈々さんがピッタリ(*^^)v。成瀬を傷つけまいとして、優しい嘘をつく希美が実に健気で微笑ましい。この二人が仲良くしているシーンが、おばさんは一番好きだなあずっと幸せでいてほしかったのに(;´・ω・)


前に戻ると、成瀬が野ばら荘を訪ねてきた際、何につけても大げさに表現する、まさにアンタは劇団員か)~な西崎が、初対面の成瀬に対し、いつものようにとうとうと語り始めるのを、希美が呆れたように&困ったように口を開いて見ていた姿も可愛かったですねいかにも少女らしくてか~わい~な~( *´艸`)


西崎にとって

「壊れかけた橋を渡ってでも助けたい女

は奈央子だったとしても、そのN(奈央子)のために西崎が奮起して文学賞の予選を通過したとしても、希美(N)もまた、西崎にとってはとても大切な友であったことには変わりないと思うのです


だからこそ西崎は、そんな大切な希美と、その親友の成瀬を事件に巻き込んでしまったことを後悔し、自分がすべての罪をかぶったのではないでしょうかね~。でも結局は(またしても)真実を隠蔽したというストレスが、希美の体を蝕んでしまったのかもしれませんがNのために~希美が可哀想すぎる( ;∀;)


誰かと一緒にいると、生きたいという欲望が強くなる(辛いから)、一人でいた方が気が楽だと語った希美の姿には、胸が締め付けられそうでした。せめて野ばら荘に戻ってきてくれれば良いものをおじいちゃんも待ってるよ~( ;∀;)


また今回(現在)は、高野夫妻が久しぶりに青景島に戻ってきました。そこで高野は、墓参りをしていた成瀬に出会うようです。相変わらず夏恵が何かを知っているような気がしてなりませんが、あと1年に迫った放火事件の時効を前に、成瀬の自白はありうるでしょうか?


ドラマの最後では、希美が野ばら荘に西崎を訪ねてきたようです。その後ふたりはいったいどんな会話を展開していくのでしょうか。それこそが真実ですよね~きっとNのためには、来週の放送が今から待ちきれないほどですNのためにが待ちきれない( `ー´)ノ


~いつもお立ち寄りくださり、おばさんの妄想にお付き合いくださいましてありがとうございます


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
バニラ  
面白かったです!

こんさん、こんばんは♪
本当に7話、面白かったですね!
核心にせまりそうで、もうちょっと。ひっぱる~(笑)
希美は余命宣告まで受けているのに、本当のことはやはり話さなかったですね。
希美、可哀相ですよね。あんな両親にひどいこと(ありえませんが・・・)されて、健気に一生懸命頑張って上を目指して努力して。希美こそ、幸せになってほしいのにな。

成瀬くんとの会話は、どのシーンも楽しかったな~♪
西崎さんを見て、目を丸くしてる成瀬くんも面白かったです。暗いお話なのに、こんな風にクスッと笑えるとホッとします。

来週はどこまで、あきらかになるのでしょうか??
本当にとっても楽しみです。このドラマ、面白い~(*^-^*)

2014/11/30 (Sun) 19:01 | EDIT | REPLY |   
バニラさんへ  
良いドラマですよね~( *´艸`)

バニラさん、こんにちは~♪
本当に素敵なエピソードでしたよね~。

そうそう、
またこの青年たちが皆微笑ましくて可愛いのもいいですね。

これで希美が助かってくれたら言うこと無いのに( ;∀;)。

来週も楽しみですね(^^)/。こん

2014/12/01 (Mon) 07:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.