このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

インス大妃
 時代劇・歴史モノ

インス大妃 あらすじと感想 第56~58話 燕山君本性表す!

インス大妃のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: インス大妃 あらすじと感想一覧(全60話)


韓国ドラマ・【インス大妃】もさすがに終盤だけあって、目を覆わんばかりの展開が続いております。来週はもっと大変なことになると予想されますので、最終回を前に一応ここらで一旦あっさりまとめておこうと思いますインス大妃のあらすじ行きますよ~(^^)/


この間では、燕山君が亡き父、成宗の朝鮮実録、「成宗実録」の草稿を読んでしまったというこれまた有名な逸話が取り上げられておりました。王はその在位中に実録を読んではならぬことになっています。そうでなければ、史実を忠実に後世に伝えることができなくなるからです。


が、燕山君は、そこに世祖が、中国の項羽(暴君)に例えられていたことを取り上げて、これは反逆だと罵りました。これを入れ知恵したのは、あのユ・ジャグァンです


これが実際に記されていたのは、キム・ジョンジクによる「弔義帝文」だそうですが、ジョンジクの弟子のキム・イルソンが、これを成宗実録に加えたのだそうです。本来は、ユ・ジャグァンらによる、士林派に対するけん制という政治的な動きだったようですけれど、これまたうまく使ってきましたね


世祖が、ノサン君を殺したことが「謀反」であれば、その息子の成宗も、そのまた息子の自分も皆、「反逆者の血筋」だと息巻く燕山君。もちろんこれは自分が

「罪人=廃妃の息子」

であることを皮肉っての行動です。自分を罪人の息子だというなら、世祖はどうだったのだ?と言いたかったのでしょう。世祖やノサン君を庇う人間はいても、母を庇う人間はいないのか、と。


しかも燕山君は、そこに世祖が「徳宗」の二人の側室に手を出した旨が書かれていたとのたまいました。徳宗とは義敬世子の廟号です。義敬世子にも二人も側室がいたのですね~って感心するとこ違ってます。燕山君に至っては、側室を襲ったのなら、正室=粋嬪にも手を出したに違いないと言わんばかりです


わざとらしく、生母の罪深さを詫びたり、いかにもインス大妃の肩を持つようなふりをする、この燕山君のパフォーマンスがまたソンイにそっくりで、実に鼻持ちならないですね。申し訳ないけど、これっぽちも気の毒だと思いません


自分が最も尊敬する世祖が卑しめられたことは、インス大妃にとってもさすがに我慢ならなかったようです。これが燕山君の策略だと知っていても尚、怒らずにはいられません


こうして燕山君が行った粛清が「戊午士禍」です。キム・ジョンジクは「棺斬屍刑」(遺体を棺桶から出して切り刻まれる)に処せられ、キム・イルソンらも、皆、八つ裂きの刑にされたそうです暴君の極み(;´・ω・)


どんなにインス大妃が諌めようと、このように徳のかけらもない卑しい人品では「聖君」になれるはずもありません。いったい、燕山君を教育(帝王学)したのは誰だったのでしょうね?それとも、教育などしても、

「血が卑しい」

から無駄だったのか


亡き息子の願いもあり、なんとかして燕山君を正したいと考えていたインス大妃もついに、こう口にしてしまいます


「王妃を廃すなら、なぜその息子も廃さなかったか、今ではそれだけが無念でならぬ


これがインス大妃の偽らざる心境でございましょう


来週は、成宗の側室で、ソンイを廃位に追い込んだチョン貴人とオム昭容がその報いを受けるようです。でも少なくともこのドラマでは、確かに意地は悪かったけれど、殺されるようなことはしてませんでしたよね。以前の「王と私」ではつい、やれやれ~と思っちまったものでしたが


ずっと気になっていたチェアン大君(コ・ユンフ)も登場し、インス大妃によって、王位継承レースから外されたことを恨んでいるという理由から、盛んに燕山君をそそのかしているようです。その縁で、自分の囲っていた妓生のチャン・ノクスを差し出したのですね~


インス大妃の従兄で領議政だったハン・チヒョンも亡くなってしまい、もはやインス大妃は孤立無援の状態ですが、あのインス大妃の事ですから、死ぬまで、否、死んでからも尚、王室のため、国のために何かしてくれるに違いない!と信じております。細かいことで恐縮ですが、先日燕山君に殺されたと思っていたキム内官が生きていたことも嬉しかった


インス大妃も、残すところ、あと2話ですインス大妃も残りわずか(^^)/


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はインス大妃のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング