2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ソン・ユリさん&ユ・ジュンサンさん主演の私の10年の秘密も11話まで見終わっています。ヘドゥムの愛らしさは相変わらずですが、ギョンドゥも、以前ほどうるさく感じなくなってきたのが好印象です。以下簡単なネタバレのあらすじです私の10年の秘密のあらすじ行きますよ~(^^)/


まずはギョンドゥが辛い辛い決断を下しました。イヒョンの言うように、自分では

この世で最も愛しているヘドゥム

を幸せにできないと悟ったからですヘドゥム自身が高等教育を望んでいる!


英語の勉強ができる保育園に行きたいけれど、父と離れるのはいやだと駄々をこねるヘドゥムに、ヘドゥムの願いを叶えることは、自分がドロボーにならない限り無理だと言ったギョンドゥが、

アッパをドロボーにしたいのか!

と無理難題を突き付けて、自分との同居を諦めさせようとしたシーンは、なんとも気の毒すぎて泣けてしまいました。そうでも言わなければ、自分もまた踏ん切りがつかなかった気持ちがひしひしと伝わってきます。


でもヘドゥムも、さすがにまだ小さいだけあって、イヒョンとの暮らしに次第に馴染んでいくようです。パパのことは決して忘れてないけれど、これまでいなかったママと暮らすこともやはり、ヘドゥムには必要なことだったのですね。ヘドゥムがいみじくも語ったように、3人で暮らせたらこれほど素敵なことは無いでしょうに


と、ホームドラマ部分はまずまず順調でしたし、ミステリー部分も思いのほか盛り上がってきています私の10年の秘密~キム・ガプスに注目です(^^)/


そのうちの1つ~イヒョンは、スチャンとソニョンの大学時代の裏切りが、自殺(未遂)の決め手になったと思い出したようですが、スチャンにはそれを伝えたものの、ソニョンには一生黙っているつもりだと語りました。それほど今のソニョンは気の毒な存在なのです。ようやく社会に出たソニョンを苦しめたくはない


そしてもう1つの謎はグクのこと。グクは以前、セル・バイオという会社で臨床実験を行っていたようです。この前身はステムセル・ライフ社といい、一時期上場したもののそれが廃止されて倒産してしまったため、社名を変更した上で実験を積み重ね、最近また上場に踏み切ったようでした。


以前の上場廃止の原因は動物実験による治験に失敗したから~実験に使ったステムセル(stem cell~幹細胞)が重大な副作用を起こしたため、実験に使われた動物が全滅してしまったというのが理由だそうです。


当時の主任研究員はチョン・チャヌク教授でしたが、実際に研究を行っていたのは、グクだったそうです。そのグクは、ステムセル・ライフ社が倒産した直後に行方不明になったのだとか


またその時期は、グクの父が亡くなった時期と一致するそうです。その上、高校生だったイヒョンが、グクに援助を求めた時期とも合致しています。イヒョンは、当時グクが、自分を連れてチェ家に赴いた際、祖父の葬儀の直後だったことを思い出しました。父の死を知らなかったグクは、

「遺産を目当てに子どもまで連れて現れたのか!」

と激しく罵られたそうです。


その後イヒョンは、セル・バイオを訪ね、そこの研究員であるイ・サンヒョンが父を知っていると確信し、執拗にこれに迫ったところ、サンヒョンはついに「ギテ」の名前を出しました


グクを失脚させるためにステムセル・ライフ社を潰したのは、ギテ(とソク?)だったのですね~。ちなみにソクは今、アルツハイマー病に罹ってしまい、時々正気を失っています。


一方、魔の巣窟にいる娘と孫を守るため、グクも動き出したようです。先代の執事だったらしい男性の力も借りて、グクはギョンドゥにこう命じました。二人を守るために、イヒョンから「自社株」を貰ってほしい。


それは決してヘドゥムを売るという意味ではなく、あくまでもそれがふたり、否、3人を守ることなのだと言われたギョンドゥは、心を鬼にしてイヒョンにこれを請求します。


それを聞いたイヒョンは、何せ事情が分かりませんから、ギョンドゥですらも金に目がくらんだのかと誤解してしまったようです。それでもイヒョンにギョンドゥを責める資格はありませぬが


今となっては、この不器用極まりないギョンドゥが、義父の指示の元、どうやってふたりを助け出すのかガンバレ、ギョンドゥ!(^^)/~に興味津々でござりまする私の10年の秘密は、続きもとっても楽しみです


私の10年の秘密 DVD-BOX 1私の10年の秘密 DVD-BOX 2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.