このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

奇皇后 あらすじと感想 第18話 嫉妬

奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~全51話 あらすじと見どころ


ハン・ジウォンさん主演の奇皇后キファンフ)~ふたつの愛 涙の誓い~】の18話は「嫉妬」です。前回はタナシルリが、ワン・ユを使ってタファンに嫉妬させようと画策しておりましたが、今回はいったい誰が誰に嫉妬をしたのでありましょうか。以下簡単なネタバレのあらすじです奇皇后のあらすじ行きますよ~(^^)/


これまた前回に引き続き、タファンとワン・ユの間でも、

スンニャン (決してタナシルリじゃあらへんで

を挟んでの嫉妬がメラメラ燃やされていたようです。タファンはスンニャンに、

ワン・ユと話をしたら打ち首にする!

と断言し、ワン・ユもまた、相手にはならぬものの奇皇后のタファンがめちゃくちゃ情けない(;´・ω・)、悔しかったら私を復位させるほどの力を身に付けてみろと挑発します


忠告を受けたばかりのスンニャンが、ワン・ユから呼ばれ、

「私とともに高麗へ戻るか?

と言われて天にも昇る心地でいたのが良かったね~スンニャン、なんとも皮肉な設定でございましたね。どんなに過酷な道のりであろうと、たとえ何年かかろうと、王様と一緒に高麗へ帰りたいいつまでも待ちます!、とポロポロと涙とこぼすスンニャンに、ユは、

決して私を助けようとするな。お前が危険な目に遭うのが何よりも辛いのだから

と念を押し、立ち去ろうとするスンニャンをヒシと抱きしめたシーンは、まさに絶景でございましたいや~目の保養どすな( *´艸`)


が、このシーンを目にして嫉妬を燃やしてしまったもう一人の男がタンギセです。これまた何ともひどい奴に見つかってしまいました


その後、ユのネズミ放出作戦が実施されます。大量のネズミが宮中を駆け回り、も~皆は大騒ぎですきゃ~っ!助けて~~っ!!


ここでまた決して期待を裏切らないタナシルリがきゃあきゃあ騒いでいるところに、颯爽とユが現れて、タナシルリを抱き上げて避難させたのも素敵でござったね~。タナシルリはこのお姫様抱っこにウットリし、ユの首に回した手をいつまでも離そうとしなかったのには大笑い


ネズミが大量に出現したのも、天変地異の前触れか!?これぞ先帝の呪いに違いない!


街中で、相変わらず流れるような弁舌をふるうパン・シヌのおかげもあって、ユの作戦は見事に成功します。その上、宮中の仏殿にある仏像から、

「血の涙呪いのダメ押し

まで流れるという事件が起きます。これは、ユではなく、スンニャンが細工したようです。スンニャンは何としても「王様」のお役に立ちたくてたまらんのどす


もはや「血書」と「呪い」の噂は誰もが知るところとなり、ヨンチョルの怒りも頂点に達しました。それこそユの思う壺~ヨンチョルは、部下たちの無能さに呆れはて、

「頼りになる人間

を欲しがるに違いない


が、ここで高麗村に乗りこんでいたビョンスから、ユの部下が高麗村に来た後にネズミがいなくなったという報告が入ります。タンギセは、ネズミと仏像事件はユとスンニャンの仕業だと確信し、ふたりに罠を仕掛けてきました


この時スンニャンもまた、ヨンチョルへの復讐を誓ったタファンに協力を申し出ています。ユとタファンの敵は同じ=ヨンチョルだから、どちらが勝とうと構わない~タファンがユを復位させてくれればよいだけだと考えていたようです。ふむふむ、なるほど


でもこれがいかにも余計でござった。そもそもタファンに真の忠臣などほとんどいないのですからね。その時々の情勢によって寝返る者ばかりのところで、ヨンチョルに歯向かおうとするなんて、考えが甘すぎでしょ


案の定、タファンが「槍の使い手のチョクホ」を探させたことがタンギセに知られてしまい、偽の情報を掴まされたタファンとスンニャンは、敵の掌中に落ちてしまいます。タンギセは、ユがスンニャンを、そのスンニャンがタファンを操っていると考えていたようです。


ちょうど、ヨンチョルからの接触を期待して待っていたユも、タファンたちが向かった妓楼に呼び出され、罠にはまってやってきたスンニャンと鉢合わせしてしまいます。どうしておまえがここにっ!?危ないことはするなと命じたはずだっ!!(`・ω・´)


ここで唯一救いだったのは、タンギセが以前からユに嫉妬を燃やし、ヨンチョルに諫言していたことです。ヨンチョルは、今回の事もまた、タンギセの嫉妬による陰謀だと思い込み、タンギセの証言を一切信じようとしなかったのです


ネズミなど、どこに出てどこに消えてもおかしくない!そんなことが証拠になるか!!


が、タファンに協力したスンニャンは捕えられてしまいます。んも~まったく、タファンの役立たずめっ!!愛する女性を守れないなら、巻き込むんじゃないっ!!タファンに怒り心頭!


ヨンチョルに睨まれたら即座に掌返しで、もうしません~と震え上がり、宦官たちを引き連れてやってきた皇太后のチマに潜り込むとは何事ですか!(比喩ですよん


そこへ行くとユはさすがに凛々しかったですね~。ヨンチョルに協力する代わりに、スンニャンを助けてほしいと交換条件を切り出します。あの者は私の命を救った者。部下の命を大切にしない丞相には、私も仕えることはできぬ!!奇皇后のワン・ユがカッコよすぎ( *´艸`)


手に入らぬならいっそ殺すとうそぶいていたタンギセの前に現れたユがスンニャンを助けた後、タンギセを思い切りぶん殴ったシーンは痛快この上なかったタンギセ、サイテー!( `ー´)ノ。父が恐くて仕方がないお前に告げ口できるものならするがよい!


こうしてスンニャンを助け出したユをタファンが恨むのもお門違いですよね


これまではあまりにも情けなくて気の毒だから、それなりに庇ってきましたが、これでタファンがユに刃を向けるとなると話は別です。おばさんは全面的にユの応援に回りますよ~タファンなんか見捨ててやるっ!(`・ω・´)。結果が分かっているだけに辛いけど、その理由も今回ちっとだけ見えたような気もしますし


来週は、ユがヨンチョルに「石と玉を見分ける秘策」を授けるようです。その「石」がペガンたちにならんといいね~。タファンに命じられてユを陥れようとしたら、このおばさんが許さんぞっ!!ペガン、覚悟しいやっ!(`・ω・´)


奇皇后 韓国ドラマ・ガイド 第1巻 (講談社 Mook)
『奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~』 オリジナル・サウンドトラック

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング