このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

さよなら私
 友情モノ

さよなら私 あらすじと感想 第8話 誰のための命

岡田惠和さん脚本、永作博美さん主演のさよなら私の8話は「誰のための命」です。以下早速ネタバレですさよなら私のあらすじ行きますよ~(^^)/


ここに来てようやく友美と薫の体が元に戻りました。経緯はこうです


再発を告げられた薫は比較的冷静に死を覚悟しましたが、友美はこの事実をなかなか受け入れることができません。そんなのおかしい!死ぬのは私の体なのに、あなたが消えてしまうなんて!! 自分が死ななくて済むことにホッとしている自分が許せない!!


薫もまた、他人のために自分が死ぬなんて我慢できないけれど、(親友である)友美のためなら死ねると答えます。薫は、高校時代、友美が自殺を図ろうとしたあの時、それを止めた自分の方こそが、実は命を救われたと感じていたそうです


そして薫は、洋介と春子も呼んで、これからはこの家で皆で大家族のように楽しく暮らしたいと切り出しました。どうせそう長いことではないから、と


これが友美(薫)の、文字通り最後の願いなのだと気づいた洋介と春子は黙ってこの願いを聞き入れました。


こんな深刻な状況でさえ、洋介が、自宅に荷物を取りに行く春子を送ったシーンは実に辛辣で面白かったです。洋介は、自分を軽蔑しているだろう春子に、一旦休戦を申し出たのです。


あなたが悪い人だとは思わない。うちの亭主も決して悪い人間ではない。不倫が正しいことだとは思わないけど、善悪を超えた何かがあるのかもしれないと思うようになった。


これで調子こいた洋介が、二人とも幸せにしたかったのに、と真剣に語った時の春子の反応がまたサイコーでした


馬鹿じゃない!?そんなこと、できるはずがないじゃないっ。光雄の方がよっぽど純粋よ!


その後春子の社宅に到着し、春子がとりあえず入用なものをかき集めていた時、生理用ナプキンに手が伸びた時がまた絶妙でしたね~


あれ?そう言えば、これ、使ってなかった。えええ~っ!?


気もそぞろに洋介に荷物を渡し、その様子を遠くから光雄が覗いていることなど気づきもせず、即刻薬局に寄ってもらった春子が、そこで妊娠検査薬を買って即座にトイレを借りて確認したらしいのにも大笑い。やっぱり。。。引っ越し前夜のあの日だ!


春子の妊娠を聞いた薫が、亡くなる命もあれば、産まれてくる生命もあると心から喜ぶ姿が、なんとも痛ましかったですね。春子も、本来なら文句を言いたいところなんだけど、もはやぐうの音も出ないんです


その夜は女3人でダブルベッドで寝たらしいのですが、そこで薫が友美にキスをして心からの愛を告白します。男も女も関係ない、私は世界中で一番友美が好き。私も


分からなくもないけれど、ちとこそばゆいこのシーンを経た後、翌朝ふたりは元に戻っていたという訳ですガンさえなければね~(;´・ω・)


これはなんだったのかなあ。不倫をした方、された方が入れ替わることにより、それぞれに身勝手だった自分を心から反省できたから~相手の代わりに死ぬことさえ厭わなくなったその時、神様が元に戻してくださった、ってことでしょうか


一方、春子のその後が心配で様子を見に来ていた光雄の所も大変なことになっていました。これまでは

「健気で優しくて天使のような冬ちゃん

だったはずの冬子が、今やすっかり嫉妬の鬼と化し、光雄は一度は愛したはずの春子を捨てた悪い男だから、いつかは自分も捨てられるに違いないと詰りだします。こちらはもう「ブラックコメディ」以外の何物でもありませんね


天罰じゃ!光雄め、思い知ったか( `ー´)ノ


さて来週はいよいよ最終回です。自らの過ちに気づいてやってきた光雄は、もう定員オーバーだと追い返されていたようでしたが?いったいどんな結末を迎えるのか、さよなら私は最後の最後まで目が離せませんさよなら私~最終回が楽しみ(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はさよなら私のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング