このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ぼんくら
 時代劇・歴史モノ

ぼんくら あらすじと感想 第8話 飛べ!官九郎

ぼんくらのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ぼんくら あらすじと登場人物一覧


宮部みゆき氏原作、岸谷五朗さん主演の木曜時代劇ぼんくらの8話は「飛べ!官九郎」です。いや~いかにもおどろおどろしくなってきましたね~。以下早速ネタバレですぼんくらのあらすじ行きますよ~(^^)/


まず今回注目したのは、以前勝元の奉公人で、「太助殺しの犯人」にさせられていた正次郎が何者かの拷問を受けた末に土左衛門(水死体)となって見つかったこと。正次郎を拷問していた人物は仁平にも見えましたが、真相のほどはまだ明らかではありません。


お律の父親・権吉は(太助殺しの後)賭場でこの正次郎を見かけており、かなり裕福そうに見えたと語っていました。太助を殺したはずの正次郎がなぜそう呑気に暮らしていられるのか、その辺のところに目を付けた仁平が、湊屋総右衛門の尻尾を掴もうとして、正次郎を拷問したのかもしれませんね


平四郎も既に、太助を殺したのは、お露でも正次郎でもない第三者であることには気づいています。それにそもそも、なぜ太助は殺されたのか、もまだ明らかにはなっておりませんが、どうやら「葵の失踪」に関係があるようです


予告では、平四郎が鉄瓶長屋の床板を上げてその床下を掘っていたようでした。ということはつまり、そこに何か、ズバリ言えば死体が隠されているのではないかということ、もっと言うなら、それこそが

葵の遺体

なのではないかということなのでしょう葵が鉄瓶長屋に埋められている!?。おお、怖っ


昔、おふじが、何らかの信心に凝っていたという話も出ていたようです。そこでおふじが接触していたのが、ひとりの巫女=ふぶきだそうですが、その巫女は今牢屋敷に入っているとかで、そう簡単に会うことができないそうです。


このおふじと連絡を取るために活躍したのが官九郎でした。牢屋敷担当の医師のうち、年寄りは仁平の息がかかっているそうだけれど、もうひとりの若い医師は平四郎の力になってくれそうだということで、仁平の目をくらましてその医師を通してふぶきと連絡を取るため、官九郎の足に文をつけて飛ばすことになったのです


でも、官九郎は初めての所には飛んでは行かないから、佐吉が何度か連れて行かねばならぬという話になった際、仁平に見つからぬよう「夜」に練習すればいいという平四郎に対し、

官九郎は鳥目だから夜は何も見えない

と困る佐吉のやりとりがまた笑えましたね。鳥目ってえのは治らねえのかい?いや、それはさすがに無理でがしょ


そこは佐吉が何とか工夫をして、文を付けた官九郎を飛ばすことには成功したようでしたが、そこを仁平に見つかってしまったようなのが心配でござるね


また今回は、鉄瓶長屋の「由来」についても明かされました。まず、鉄瓶長屋ができる前、あの土地にあったのは提灯屋だったそうです。その提灯屋の主がある時おかしくなったのをきっかけに借金が嵩んだため、湊屋が土地を買い取り、この長屋を作ったのだとか。


その後この長屋の井戸替えをした時に、

真っ赤に錆びた2つの鉄瓶

が出てきたことから、この長屋は「鉄瓶長屋」と呼ばれることになったのだそうです。ちなみにその鉄瓶は、湊屋が経営する料理屋=勝元で使っていたものだということも明らかになっています。


ということは、この湊屋が提灯屋の土地を買い取ったのも、葵の死体を隠すため、だったのかもしれませんね


葵は「勝元」で鉄瓶を使って殴り殺された後に、この土地に埋められた。凶器の鉄瓶は井戸に放り込まれた。


それを知った太助が真相を暴こうとしたために、湊屋の手先に殺されてしまったのではないでしょうかお露は、湊屋に金をもらって敢えて濡れ衣を着た、と( `ー´)ノ。そもそも提灯屋の主がおかしくなったのも、この事件が何か絡んでいるのかもしれません


太助はそれが無念でならず、平四郎やお徳の夢枕に立っては、その無念を訴えているに違いありませんし、この事件をきっかけに、真相を暴かれるのを恐れた湊屋が、店子を追い出して、再度遺体を始末し、もう誰にも騒がれることの無いよう、湊屋の「寮」を建てようとしているのかもしれません


な~んて、これはまだまだおばさんの妄想でやんすがこの時間が一番楽しい(^^)/


また今回は、佐吉に恋人がいるらしいことを平四郎に気づかせたのも官九郎のお手柄でした~官九郎が佐吉宛ての文を運んできたのです。これは後に英之介からの報告書にも書かれていましたが、総右衛門もその縁組には大乗り気でいるそうです。


その相手が、総右衛門がよそで産ませたおみつだったのでしょうか。総右衛門が乗り気というからには、みすずもそれを知っていて、おみつをあんなに激しく殴りつけたのかもしれませんね。佐吉には私が目をつけているのにっ!って


と、ミステリー部分はとっても面白くてワクワクしちまったんですがおくめの病の事は気がかりでなりません


おくめの皮膚病はあせもではなく、どうやら性病らしいのです。お徳が言うには、皮膚が腐って骨まで見える箇所まであるというのです。あんなに一生懸命頑張って、新しい料理までこさえたのですから、手遅れにならずに済めばよいのですけど


楽しんで見てきたぼんくらも残すところはあと2回~続きもとっても楽しみですねぼんくらが楽しみ(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はぼんくらのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
9話の予告を含め、おくめの弱りようが痛々しい。脱線ですが、珍祭と言われる「かなまら祭り」があるというのも納得できます。「かなまら祭り」をご存知ないなら、ネットで検索してみてください。写真等で衝撃的なものがたくさんでますので、ご注意をv-403

8話自体は、今までにいちばんコミカルなシーンが多かったですが、拷問だの、土左衛門だのの後味が悪いシーンで最後を迎えましたが、それぞれが次回への期待感を引き立ててましたね。

こんさんの予想、だいたい当たっているように思います。やっとパズルがとけるようになった8話でした。
おくめが気の毒ですよね(;´・ω・)
オッキーさん、こんにちは~♪
いや~昨日のぼんくらは面白かったですね~( *´艸`)。

教えて頂いたお祭りの事は知らなかったので
大変勉強になりました~。確かにちとうへえ、でしたが(;´∀`)
昔は「信心」でもしなければやっていけなかったのでしょうね。

またおっしゃる通り、コメディ部分とミステリー部分、
どちらも充実していて、どちらも好きな自分は大満足(^^)/。

でもね~おくめが本当に気の毒でしたよね~。
お徳とイイ感じの相棒になれそうだったのに、
何とか助けてもらいたいですよね~( ;∀;)。

ミステリー部分では
まだあと一押し何かが隠されているような気もするんですよね。
来週には分かりそうかな~と今からとっても楽しみですね( *´艸`)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング