2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

天命のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 天命 あらすじと感想一覧(全20話)


イ・ドンウクさん主演の韓国ドラマ、天命の第4話は「逃亡」です。ここのエピソードが第1話の冒頭に繋がっていくようです。以下、簡単なネタバレのあらすじです天命のあらすじ行きますよ~(^^)/


ゴチルと力を合わせて何とか脱獄を果たしたウォンでしたが、ランの容体が気になってすぐに実家に戻ってきてしまいます。しかも、ゴチルの娘のソベク(ユン・ジニ)の馬を家の近くに乗り捨てていったのですから、当然後を追ってきたジョンファンらは、チェ宅に乗りこんできてしまいます


何とかして兄を匿おうとしたウヨン(カン・ビョル)は、以前ジョンファンの目の前で大金をはたいて買った高級おしろいを投げつけて、着替え中をアピールするものの、そんな高級品を投げつけるのは、他に庇いたいものがあるからだろうと、簡単にその意図を見透かされてしまいます


とはいえ、さすがのジョンファンも、そこにウォンがいると確信して開けた戸棚にズラリとパンティ?が掛かっていたのには閉口したようです。その上、盗まれた馬を取り戻しに来たソベクが馬に乗って逃げたことから、ウォンが外に現れたという誤報が舞い込んできたのは幸いでした


ランを連れていく!


鍼筒を落としてきてしまったウォンは、ランを連れて逃げだします。山で蜂を捕まえて蜂蜜を飲ませたり、いばらの棘を鍼治療に使ったりしたようです。


が、そうこうしているうちに追手がやってきてしまい、遠目から見つかったウォンは、矢に射られてしまうのです天命~ここで冒頭シーンが出てきました


これが、ランが自分を置いて行くなとごねていた矢先の出来事だったため、このままでは、父が殺されてしまう、私を置いて逃げなくてはいけないのか、というのが、1話の冒頭シーンだったようです


ランの許しを得て逃げ出したウォンは、崖から飛び降りて何とか窮地を脱しますが、その後も、どうしてもランのことが気になって仕方ないのです。しかも、ランとウヨンは兄の罪を問われて、義禁府の官婢にされてしまいます


どうしても義禁府へ行って二人を逃がすと言い張るウォンに協力するのはピルドゥです。ピルドゥはウォンを「死体」に見せかけて義禁府に運びこみ、ランとウヨンを呼び出そうとしますが、ふたりにはびっしり見張りが張り付いていてどうにも手がだせません


それでなくても体の弱いランは何度も下痢を繰り返しているようで、そんなランをウヨンがこう叱っていたのが何とも気の毒でしたね


もう父さんは来ない!来たら捕まってしまうのだから、来ない物と諦めなさい!生きていくためには自分が丈夫になるしかないの!!


そう叱られたランが、すぐ目の前で泣きじゃくっているのをたまらぬ思いで見ていたウォンは、すぐにその見張りに見つかってしまいます。そこにいるのは誰だ!?


危うく逃げ延びて隠れた場所には、なんと、ミン・ドセンの遺体が保管してありました


ウォンが、必ずやその無念を晴らすと誓いながら遺体を検案すると、6カ所ほど刺された首の刺し傷の中に、1つだけ、角度の違うものがあることに気づきます


これは、小刀には「柄」がないため、血のりで手が滑り、刺した犯人もまた手に怪我を負った証拠ではないか!?さすがに優秀な医官でござるね(^^)/


実際、ドセンをめった刺しにしたチヨンは右手に怪我をしていたようです


一方、ウォンこそが命の恩人だと知ったダインは、御医女チャングムの力を借りて、ジョンファンに証言をしに行きました。あの半分のノリゲは私が禁書庫に落としたものだ。チェ奉事は、人など殺せる人間ではない!


頸動脈に短剣を宛てて、自分の命を賭けると言い切ったダインの必死の説得は、さすがのジョンファンの胸にも届いたようです。俺様に「冤罪」はあり得ないから、などとカッコつけてる暇があったら、もっと気を入れて調査をせんかっ!!


また、文定王后が世子に盛んに「譲位」を勧めていた理由も今回明らかになりました。当時は、

「譲位」

を受けるということは、父王への「不孝」にあたるため、世子はこれを拒んでいたのですが、逆にその頑なさは、亡きチョ・グァンジョを慕う者たちと結束して謀反を企んでいるからではないか、とあらぬ疑いをかけられてしまいます。文定王后は、どちらにしても世子を排除するつもりなのです


天命~次の5話は「“亀”の意味」だそうなので、早く続きが見たくてたまりません天命も面白い(^^)/


天命 DVD BOX1(5枚組)天命 DVD BOX2(5枚組)

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.