2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

NHK大河ドラマ・軍師官兵衛の49話は「如水最後の大勝負」です。これは如水=官兵衛の迫力もすごかったけど、個人的には長政の調略のほうが静かな凄みがあって印象深かったです。黒田長政というキャラの好き嫌いは別にして、その存在感はダントツでした。松坂桃李さん、また一段と大きく成長されましたね~今が伸び盛りなのかな。以下、簡単なネタバレのあらすじです軍師官兵衛のあらすじ行きますよ~(^^)/


まずは官兵衛ですが、九州平定に乗り出した官兵衛に、三成は大友吉統を差し向けてきました。これは、官兵衛も嘲笑しておりましたけど、吉統は文禄の役の際に敵前逃亡した臆病者として知られており、秀吉から豊後領を改易されてしまっています。吉統は朝鮮で、小西行長が死亡したとの誤報を受けたため、繋ぎ城にしていた鳳山城を棄てて撤退してしまったのだそうです。


この豊後を再び「人参」にぶら下げられた吉統の出陣には、多くの支持者が集ってきました。吉統自身は情けなくとも、その父・大友宗麟の最盛期に大友家に仕えたものは数多く、これを機会にその復興を望む者が駆けつけてきます


その上、吉統には、その妻菊姫の甥にあたる吉弘統幸(的場浩司)という優れた家臣がいたため、さすがの黒田勢も苦戦を強いられていたようです。この統幸と九郎右衛門のくだりがまた実に感動的でした


ドラマではあっさり済まされてしまってましたが、大友家が改易された後、統幸は官兵衛に招かれて、井上家、つまりは九郎右衛門の家に身を寄せていた時期があったのだそうです


あの味噌汁は旨かった


あの一言で、統幸と九郎右衛門がどんなに楽しい時を過ごしていたのかが、まざまざと浮かんできました九郎右衛門が気の毒だった( ;∀;)


今回も官兵衛、もしくは九郎右衛門から、三成には付かぬようにとの忠告が、再三再四届いていたらしいのに、統幸もまた、それを吉統に何度も忠言したらしいのに、豊後に目がくらんだ吉統は、まったく耳を貸そうとしなかったのです


最も困窮した時期に世話になった九郎右衛門と戦わねばならなかった統幸は、どんなに辛かったことでしょう。石垣原においてふたりが対峙した際、九郎右衛門が統幸の首に刀をあてて、もう一度降伏を促そうとしたその時、統幸は自らその刀で首筋を掻っ切って自害してしまいます


その翌日、頭を丸めておめおめと投降してきた吉統を、九郎右衛門が罵倒せずにいられない気持ちがひしひしと伝わってきました。もっと早く、あのような忠臣=統幸の忠告を受け入れていたなら、こんなことにはならずに済んだものを!!


ここは黒田の勝利もさることながら、またしても優れた武人を失ってしまった無念さで一杯になってしまったおばさんでした


こうして九州を席巻していく父官兵衛に対し、長政もまた、今や家康の一参謀(もはや軍師か)として、見事な働きを見せています。前回ちいとばかし先走ってしまった(吉川広家の説得も、これまたほんの数秒でしたが扱われていましたね。もはや毛利輝元はすっかり及び腰で、三成がどんなに恵瓊に檄を飛ばそうと、毛利は頼みにはなり得ません


が、前回おねに促されて長政に相談に来た小早川秀秋は、ちと様子が違っています。長政は、家康が京都の近くに2か所の所領を約束していると説得しますが、三成は、

関白職と播磨一国

を与えると大風呂敷を広げたのです。そんなの嘘に決まっているのに、秀秋はかなり心が揺れ動いているようです


まったくおねも、なんとも出来の悪い甥御を持ってしまったものでござる。血縁ではない長政や福島正則を含め、皆我が子のように育ててきた彼らの無事を、あれほど秀頼に執着した亡き秀吉の御霊に祈るというのも、なんとも皮肉な光景でござった


さて来週はいよいよ最終回~「関ヶ原の戦」です。これは、父が何を企んでいようと、黒田の当主は自分だと豪語した長政と官兵衛の親子対決の要素も含んで面白くなるぞ総合も6時からにしてやっちまえばよかったのに(;´・ω・)~と思いきや、来週は選挙でお休みだそうです。これまた日本の将来を決める大切な一票ですから、投票には是非足を運びましょうぞ


軍師官兵衛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.