このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

さよなら私
 友情モノ

さよなら私 最終回 あらすじと感想 幸せな家族

岡田惠和さん脚本、永作博美さん主演のさよなら私もいよいよ夕べが最終回でした。最後はなかなか温かく締めくくった、でもちょっぴり辛辣な部分も残した、大人のメルヘンだったな~というのが個人的な感想です。またキャストが皆役にピッタリで素晴らしかったですね


以下「さよなら私」最終回の簡単なネタバレのあらすじですさよなら私のあらすじ行きますよ~(^^)/


朝になって突然、友美と薫の体が元に戻ったことを受けて、ようやく自分の願いが叶ったことを喜ぶ一方で、見ていただけでは分からなかった「友美の体」の想像以上の弱りように、友美が愕然としてしまいますこんなにも弱っていたなんて!。それまでずっとその体の持ち主だった薫は、友美本人が気づくよりも先に、友美をいたわっていたのがまたとても印象的でした。大丈夫?


たとえもうすぐ命尽きる体であっても、それでもこれでようやく「健人の母」に戻れたことが、友美はなにより嬉しかったようです。それに、自分に心配を掛けまいと、こんなに弱った体でも毅然として明るく振る舞ってくれていた薫への感謝もひとしおだった様子でした友美がいじらしくて泣けた~( ;∀;)


友美として薫たちと作った朝食は、いつも以上に豪勢だったらしく、子どもたちからの評判も上々です。これ、マジでうめえっ!!


ふたりに何が起きたのか、誰も知らないまま、時が平和に過ぎていきました


薫は職場に戻り、以前通りの鬼上司に戻ってバリバリ働き、春子は、日に日に大きくなるお腹を抱えながら、二人の息子に加えて、今や彼らの真似をして「悪ガキ予備軍となった健人をも叱る毎日ですこら~静かにしなさい!!( `ー´)ノ。すっかり弱り切った友美も、できる範囲で家事を行っています


ここで洋介が、海外赴任を諦めたとはいえ、今や3人もの女性にかしずかれているようなのがちと面白くはなかったけれど、本来いたはずの「妻と愛人」は、見た目はともかく、事実上手放すことになってしまったというところで納得しようと思います。しかも、薫に至っては、

「友美の代わりに健人の母になるだから安心して!

と誓いつつ、

「でも洋介の妻にはならない。子ども=健人がいれば男はいらない

と断言していましたからね


その上、その後友美が亡くなってからもこの不思議な共同生活は続いていくのですけれど、そこで薫は意味ありげに洋介にこうつぶやくのです


「私は友美だったことがあるの


この時一瞬洋介の顔に浮かんだ動揺はやっぱりホラーでしたね~。え?どういうこと??


またその友美が亡くなる前に、薫とともに実家へ行ったシーンもなかなか良かった


友美は母の弘子に、自分の余命がわずかだと告げ、これは自分で選んだ運命だ、自分は逃げずに頑張ったのだから、どうか褒めてほしいと言いました。母の厳しさが愛情だったことも分かってはいたけれど、それでも厳しい母は好きじゃなかった


すくっと席を立った弘子は、昔友美が100点を取った時だけくれたという(たぶん)べっこう飴を差し出します。あなたもきっと一緒に頑張ったんでしょう?そう言われて1つ貰って食べた薫は、その味がお気に召さなかったようですが、ふたりはこれが大好きなのだそう


そしていよいよ別れの時が近づいてきました。友美は健人に、ママは「バイバイ」しなくちゃいけないが、ママはいつでも薫おばさんの中にいると伝え、薫には、神様はこの上なく優しかったと言い残します


もし「入れ替わり」がなければ、たとえ親友同士であっても、夫を奪った薫とこんな風に一緒に暮らすことはなかったはず。最後まで親友でいられたかどうかさえ分からない。恨みと憎しみの中で、孤独に死を迎えたかもしれない


お休み私。さよなら私そういう意味だったのか(;´・ω・)


前述したように、その後も3人と子供たちの共同生活は続いた上に、ここにもうひとり光雄も加わることになったようです。光雄は、いるだけで楽しい春子の大切さがようやく分かり(「春」のような春子)、冬子に別れを切り出したら、階段から突き落とされでもしたのか大怪我をしてしまい、その入院とリハビリに時間がかかっていたようなのです


「退院しても戻ってこんでね!


冬子に捨てられた光雄が夜中に洋介の家を訪ねてくると、テレビドアフォンに映った光雄を見て即、春子が「もう締切!」と言いながらも、すぐに諦めてとぼとぼと帰っていった光雄を追いかけて呼び寄せたようなのはさすがに長年連れ添った夫婦ですね


これからも毎日、春子にちくちくやられながらも、それでもその有難味を痛感する光雄の顔が目に浮かぶようです。いや、やっぱり止めときゃよかった、かな


最初にこのドラマを見た時は、何だか代わり映えのしない不倫ドラマだな~とガッカリしたものですが、ここにファンタジー要素が加わることで、自分もまた、春子同様(?)、いろんな角度から彼らを見守ることができたのは、大きな収穫だったと思います。今後、光雄や洋介が浮気をすることがあっても、春子と薫が黙ってないことでしょうし今度こそガツンとやっつけてやれ!


願わくば、友美にも生きていてほしかったけれど、それを割り引いても、さよなら私はなかなか楽しいドラマでした。大満足です特に永作博美さんはサイコーでした(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はさよなら私のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング