このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ぼんくら
 時代劇・歴史モノ

ぼんくら あらすじと感想 第9話 土の中で眠る女(?)

ぼんくらのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ぼんくら あらすじと登場人物一覧


宮部みゆき氏原作、岸谷五朗さん主演の木曜時代劇ぼんくらの9話は「土の中で眠る女」です。


いや~まんまと引っかかっちまいましたね。ミステリー好きのサガとして、前回でああも分かっちまうのはもしや~と思わぬでもなかったのですが、期待通り大いに裏切られて大満足です。以下、簡単なネタバレのあらすじですぼんくらのあらすじ行きますよ~(^^)/


何が裏切られたかというと、副題にある通りの「土の中で眠る女」はいなかったということです。もちろん、まだ可能性は無きにしも非ずでしょうが、この流れで行くと、やはり引っ掛けだったと思った方がよさそう


前回おばさんが妄想したのと同様、今回は、ぼんくらな平四郎がめずらしくこんな推理を披露いたしました


総右衛門と葵が抜き差しならぬ関係となったため、ふたりに嫉妬したおふじが今は鉄瓶長屋となった場所、元の提灯屋で葵を殺し、その遺体を埋めた。最初総右衛門は事情を知らなかったけれど、次第におふじが葵の亡霊に悩まされるようになってついに夫にこれを打ち明けたため、久兵衛と相談して、まずは鉄瓶長屋の住人を追い出すことにした。若くて不慣れな佐吉を差配人にしたのも、これが原因で店子が減ったと思わせるためだろう。正次郎と久兵衛の件も総右衛門が仕組んだ狂言だった


いかにももっともらしい話ではあるものの、これには一つ釈然としない点もあるのですよね。今回の平四郎がそうだったように、ああも一気に長屋の住人を追い出すこと自体が、他人の疑惑を招きかねない。そもそも、もはや白骨化しただろう遺体を「葵」の物と特定するには無理がある~もし出てきてもしらばくれてしまえば済むことわざわざ今さら遺体を掘り出すかな(;´・ω・)。大昔の犯罪を隠すために、太助を殺したのも、今一つ腑に落ちない


が、今回「伝書ガラスの官九郎」が運んできた文によると、巫女のふぶきは、おふじが「女を殺した」らしいと考えていたようですし、最初に事件のあったお露と太助の家が、昔の提灯屋の「離れ」があった場所と一致したことや、その提灯屋がおふじと懇意にしていたことなどが、平四郎の推理に拍車をかけてしまったようです。


牢屋敷の若先生までが立ち合いの上掘り当てたのが、女の骨どころか

「犬の骨

だったのには大笑いです。これで総右衛門を失脚させられると喜び勇んで駆けつけてきた仁平の残念そうな顔ったらありませんでしたよ。それは犬の骨なんかじゃないっ!!


来週の最終回では、平四郎が直に総右衛門から話を聞くと言う顛末が待っているようなので、そこでいったい何が明かされるのかを楽しみに待ちたいと思います。予告の感じからすると、どうやら葵が生きている?様な気もしましたが??


でもできれば、すべてが後出しになるのは避けてほしいですよね~。これまでのピースでもってうま~く組み立ててもらえたらよいのですけど


また今回は、官九郎以上に弓之助も大活躍でございました


現在の鉄瓶長屋の絵図面を作ったり、昔の提灯屋の絵図面を師匠の家で見つけたり、もさることながら、平四郎と一緒に正次郎の土左衛門を見に行った弓之助は、体中に拷問の残ったその遺体の口の中が気になると言い、小麦粉を使って粘土状にし、そのを取っておいたのだそうです。こりゃあ、平四郎よりずっと優秀な同心になること間違いなし、です


そしてその型が役に立ったのは、仁平の腕に歯形を見つけた時のことです。これで仁平がめでたくお縄にされてしまったのは何よりでした


一方、相変わらず心配なのはおくめの容体です。体中に膿瘍が見られ、今や神経も犯され始めているらしいとなると、もう治療は難しいかもしれません。江戸時代、鉛やヒ素を用いる治療もあったということですが、なんとか奇跡を望みたいところです


平四郎が、おくめとお徳を性病(梅毒?)治療に明るいという医師のもとに送り、どんなに時間がかかっても良いから、納得のいくまで看病しろと送り出したシーンは、思わずもらい泣きしてしまいました


おくめが倒れた時、お徳が思わず佐吉を呼んだシーンも印象的でしたね。今や、佐吉はおくめや鉄瓶長屋にとって、無くてはならぬ存在になっていたのです。佐吉は、長屋を出た後も、自分が長助を育てていくと語っていました


その佐吉がおくめとお徳を送っていった後は、もはや鉄瓶長屋には人っ子一人いなくなってしまったそうです。果たして来週はいったいどんな結末が待っているのでしょうか?


ぼんくら」は来週の放送が今から待ち遠しくてなりませぬぼんくらもいよいよ次回が最終回!


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はぼんくらのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング