2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

天命のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 天命 あらすじと感想一覧(全20話)


イ・ドンウクさん主演の韓国ドラマ、天命の第11話は「ダインの苦しみ」です。これまたぎっしり実が詰まった美味しいエピソードでございました。以下簡単なネタバレのあらすじです天命のあらすじ行きますよ~(^^)/


まず、ミン・ドセンが亀岩に隠しておいた書類は、正確にいうと、ドセンがキム・チヨンに命じられて世子に対して行った悪行の数々を記した「陳述書」と、世子を毒殺しようとした湯薬の「処方箋」だったそうです。その上、その処方箋にはキム・チヨンの署名が入っておりました。内医院で処方された処方箋には、必ずキム・チヨンが署名をする決まりになっているのだそうです。ま、さすがに内容物に「チン毒」とは書いてないんでしょうけど


これ以上に無い証拠を得て喜んだウォンは、再び義禁府に舞い戻り、見張りのついていたウヨンをうまく呼び出して、これらの書類を「逮捕王」ことジョンファンに渡すよう命じました。もちろん、協力者はソベクとコクチョンです


ここはまた邪魔が入るのではないかとハラハラさせられましたが毎日ハラハラのし通しです(;´・ω・)、これはすんなりジョンファンの手に渡りました。さすがのジョンファンもこれにはかなり驚いたものの、念には念を入れてということで内医院に行き、チャングムに命じて、これをドセンの筆跡と照らし合わせたのはさすがでしたね。間違いなく、ミン主簿の筆跡だ!


が、この会話が「内医院に入りこんだネズミ=チヨンの手下の医女」に聞かれてしまい、陳述書と処方箋がジョンファンの手に渡ったことが、キム・チヨンに知られてしまいます


これを受けてチヨンは早速、ジョンファンの上司である知事に会おうとするのですが、その辺は既にウォンを典獄舎に移送する際、知事がイ都事と結託していたようなのを見て学習済みのジョンファンが、その上司に当たる「判事」を伴って乗り込んできます


今度こそその掌をお見せください!


でも、チヨンはその少し前に、小刀の傷を消すために、傷の上にこてを当ててわざと火傷をしてしまうのです。あ〝~以前のあの時、無理やりにでもウォンヒョンを退けて調べていればね~っ!!


準備する暇を与えてしまった(;´・ω・)

そこまで知恵が回るキム・チヨンなら、逮捕王と呼ばれた俺様の相手にとって不足はないと、ほくそ笑んでいたジョンファンも、そこは宮仕えの哀しさで、今度は役職を解かれてしまいます。おまえは罷免だ!ここを出ていけっ!!


憎々しげにそう言い渡したイ都事は、その間に陳述書等を捜そうとしたらしいですが、ジョンファンはこれも既にお見通しで、書庫にある「奴婢案」なる箱の中に、これらの書類を隠していたのだそうです。


ジョンファンが、自分達のために罷免されたと知ったウヨンが、たとえ罷免されてもあなたは逮捕王なのだからと励ますと、ジョンファンがニヤリと笑って、この奴婢案と書かれた箱を持って来いと命じました。


でもここからはそう簡単に事が運びませんでした。なんと以前ウォンを騙して通報したマクボンが、詐欺の罪で奴婢にされるのは敵わないと、こっそりこの「奴婢案」を先に盗んでしまったのです


中身を読んだマクボンは、それが奴婢案ではなかったけれど、大金が手に入るお宝だとほくそ笑みます。


このマクボンとウヨンの義母が親しかったらしく、ふたりが「奴婢案」のことを話していたのを聞いたウヨンが、陳述書を盗んだのはマクボンだと気づいたのは不幸中の幸いでした


ジョンファンがマクボンを追う過程で、なかなか治療が奏功しないランのために医学書を求めにやってきたウォンに遭遇します。え?大切な証拠が盗まれたですって!?


マクボンが一儲けできると語っていたらしいことから、ウォンはその「相手」が、陳述書に書かれていたチャン・ホンダルに違いないと確信しました


が、盗人たちが住む隠れ家で、ソベクとコクチョンから護身術を習ったウォンが、ホンダルの家に忍び込んで詰め寄った時はすでに遅く~マクボンは、まんまとホンダルと取引して帰った後のようでしたマクボンめ~あの時殺していれば!(`・ω・´)


マクボンはどこだ!書類はどこに隠したっ!?言わぬと殺すっ!


今にもホンダルを殺さんばかりのウォンの勢いに、ダインが養父を案じる姿が何とも哀れでしたね。ホンダルも、ダインに対してはなかなか優しい父なのですよ。だからダインは、ホンダルがチヨンらと組んでいることを知って、今回はとても苦しんでいたようなのです。まさに「ダインの苦しみ」です。


また今回は、ウォンがソベクたちの住む村で、医師として働くことになったシーンも楽しかったです


以前、ウォンを密告したケ・パルソンが、またしても、ウォン親子や巫女のソンファが居候として世話になっていることにケチをつけ、さっさと出ていくよう嫌がらせをしてきました。すると、このパルソンのハルモニ(キム・ヨンオク)が、パルソンの性根が悪くなったのは、食糧不足で草の根ばかり食べているため、便が固くなって切れ痔に苦しんでいるからだと言います


~最近気づいたんですけど、吹替えの日本語は、字幕よりずっと詳しいです


ウォンがその治療法を伝授したため、相変わらず食は貧しいながらも、皆に笑顔が戻ったのは何よりでした。また、ソベクの話によると、チョンボンもまたこの村でこれらの病を診てくれていたようです。今は世子を王にするため、同志とともに暗躍中です


子分たちが皆でウォンたちを追い出そうとした際、ゴチルがこれを庇って頑として譲らなかったのがまた良かったな。以前は

「(ゴチルの)顔が怖いけど泣かなかった

とまで言い切ったランまでが、今ではすっかり「気は優しくて優しくて力持ちのゴチルになついているのも可愛かった


父さんに病気がうつったら治療ができなくなるから、チューを我慢して、指先チューをしているランの姿を見るたびに泣けてきてしまいます。早くウォンがランの病を治せるとよいのですがね~


さ~て今日はどうなったかな。早いとこキム・チヨンを捕まえて、素直で優しい慶源大君には気の毒だけど、その後ろに構えている王后を引きずり出してとっちめてやりたいですね~文定王后サイテー(`・ω・´)(歴史上限界があるだろーけど)。天命は続きもとっても楽しみです天命が楽しみ('ω')ノ


天命 DVD BOX1(5枚組)天命 DVD BOX2(5枚組)

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.