このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

女はそれを許さない あらすじと感想 第9話 犯人死亡の裁判の結末は?

深田恭子さん&寺島しのぶさん主演の【女はそれを許さない】も今週は9話~これがどうやら最後の事件になるようです。以下簡単なネタバレのあらすじです女はそれを許さないのあらすじ行きますよ~(^^)/


今回のケースは、登下校中の子どもたちに大型トラックが突っ込み、トラック運転手と子ども5人が死亡した件で、遺族が集団訴訟を起こしたいというものでした


これほどの痛ましい犠牲を出した上に、原因は運転手による居眠り運転ではないかと推察されるにもかかわらず、その運転手の平田(和泉崇司)が死亡(ガソリン引火による焼死)したという理由から、詳細は一切追及されること無く=刑事裁判にもならず、運送会社はたった14日間の事業停止という行政処分を受けただけなのだとか


この処分に納得できなかった遺族たちが、民事裁判を起こそうとして弁護士事務所をあたったものの、誰も引き受けたがらなかったそうです。それもそのはず、運送会社の代理人は、あのセイントだったのです


凛香は、工藤の件ですっかり気落ちしてしまい、こともあろうに葛城からのプロポーズを受けそうな気配で、まったく当てにできません


事実上、これが復帰後ひとりで行う弁護となった麗は、まずセイントに出向いて、遺族側の要求額=ひとりにつき1億円を提示しました。すると意外にもセイントは、これをあっさり承諾します。


が、これを持ち帰った麗に、今度は遺族側が納得しません。それまでは、損害金が入ったら、皆でハワイに行こうなどと騒いでいたため、子どもが死んだのに結局は金目当てなのか、とさえ思えなくもなかったのに、それは虚勢を張っていただけだと言うのです。


「金なんかいらない!裁判にして真実を明らかにしてほしい~どうしてうちの子が死ななければならなかったのか?


実際には、この運送会社がいわゆるブラック体質であり、実際の勤務時間を改ざんしていることが、何人かの証言を得て明らかになります。つまりこの事故は勤務超過による過労が原因の居眠り運転が引き起こした悲劇だったのです


でもその証人のひとりは葛城に金を積まれて懐柔されたため、一旦は麗が窮地に立たされてしまいましたが、そこに凛香が有無を言わせぬ証拠をつかんで戻ってきます凛香、待ってたよ~(^^)/。もちろん今度は正真正銘、弁護士としての登場です。でもやり方は相変わらず変わってなくて、この運送会社の会計士を軽く脅して、社員の給与明細を手に入れたらしいです


実際の労働時間より、高い給料が支払われているのは、勤務時間を改ざんしているからだ!


でもそれもまた、葛城が用意していた「切り札」には敵いませんでした。なんと死亡した平田は十数年前に一度「危険ドラッグ」を使用して、親子を轢き殺したことがあるのだそうです。今回の原因も、過労による居眠りではなく「ドラッグ」だったに違いない!!


しかも、その過去の裁判の弁護を担当したのが、他でもない忠守だったとは驚きでした。当時もこの平田はほとんど反省の色を見せなかったそうなのですが、それでも忠守は、ほんの僅かに浮かんだ悔悛の表情を見逃さず、彼なら更生するに違いないと信じて弁護をしたのだそうです。


僕の判断が間違っていたのかもしれない


そううなだれる忠守~これまでふたりを支えてくれた忠守を、今度は麗と凛香が救うことはできるのでしょうか?


まったくね~プロポーズすら仕事の道具に使うとは、葛城もホントに汚い奴です。凛香が騙されなくて本当に良かった


それに、相手や結婚はともかくとして、麗の言うように、一流の弁護士である凛香が、過去の過ちを苦に引退するなんて絶対にもったいない。犯した過ちを反省してこそ次の進歩があるのではありませんか。これで凛香は、他人の痛みを理解できる、ますます素晴らしい弁護士になれるはず


さて来週はいよいよ最終回です。麗と凛香のコンビや、事務所の面々に蝶野と脇もとっても気に入っていること、また、セイントの巨悪もまだまだ暴き足りないことなどから、できれば是非次につながるような結末を期待したいものです女はそれを許さない~最終回が楽しみです女はそれを許さないも楽しみ(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は女はそれを許さないのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング