このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

根の深い木 あらすじと感想 第5話 乾溺死功

韓国ドラマ、【根の深い木-世宗大王の誓い-】の5話は「乾溺死功」です。いやいや、スゴイ殺害方法があったものです。以下早速ネタバレです根の深い木のあらすじ行きますよ~(^^)/


まず今回最大の注目点は、ムヒュルがチェユンの正体に気づいたことです。昨日もちょっと気にはなっていたのですけど、チェユンの腕に残っていた傷跡は、ムヒュルが付けた「刀痕」だったのだそうです。何でも、剣の使い手になればなるほど、その剣で付けた傷跡にはその者なりの特徴が現れるのだとか


それに何と言ってもあの目つき(目の向き方)ですよね~。誰が見てもそっくりだもの。チャン・ヒョクさんのあの目つきはこのドラマに限ったことではないので、子役のチェ・サンウさんがよく研究なさいましたね。インス大妃の端宗とはエライ変わりようです


さて、そのチェユンは、自分の正体が知られたことにはまだ全く気付いていません。とにもかくにも、世宗に命じられた犯人捜しを遂行させるため、まずはその同志と捜査を始めました


王命を受けた兼司僕のチョン別監(キム・ジョングク)からは、パクポ(シン・スンファン)とチョタク(キム・ギバン)の3人で捜査を進めるよう命じられますが、そのうちのチョタクは、チェユンを追って北から出てきた旧友だそうです。チェユンが仇を討とうとしていることも知っていたようですが、まさかその相手が王だとは思いもよらないようです


また今回は、チェユンがその北方にいた際関わった人物としてイ・バンジ(ウ・ヒョン)という老人が(回想シーンに)登場していました。バンジは、チェユンに武芸を仕込んでくれた師匠のようでしたが、このバンジこそ、

今や朝鮮一の剣の使い手

と誰もが認める、でも自分だけは認めない、ムヒュルをその昔こてんぱに打ちのめした、知る人ぞ知る武芸の達人のようです。


そしてそのバンジの必殺技だったのが、今回のタイトルともなった「乾溺死功」(コニクサゴン)でした。これは、ほんのわずかな水を、吹矢の要領でもって相手の鼻腔内に飛ばし、その上で気道を塞いで相手を窒息死させるという殺人技なのだそうです


前回殺されたホ・ダムはこの方法で殺されていたことが判明します。この事実を見破ったのは、ホ・ダムの検視を行ったカリオン(ユン・ジェムン)と呼ばれる泮(パン)村の白丁です。牛を解体するのが本業ですが、それが転じて人間の解剖にも精通しているようです


カリオンによると、これは元々女真族が馬を殺すために使っている方法だったのが、いつしか人間にも応用されるようになったのだとか。


殺人犯が、イ・バンジも知っていたこの方法を使ったこと、そして今回新たに襲われたユン・ピル学士を襲った際にも、やはりバンジ直伝の技=出上術(ワイヤーアクション、もとい、空中を飛ぶ技久しぶりに見た~( *´艸`))に長けていたところを見ると、この犯人もバンジの弟子だったのでしょうか


それにどうやら、トダムと(姿は見せないけどおそらくは)ギジュンの話からすると、この殺人犯こそ、ソジンの息子のピョンのようでしたよね?この時ギジュンと思しき人物が持っていた扇子も今後彼を特定する手がかりになりそうで注目です


ここでカリオンの弟子らしい男(キム・ソンヒョン)がピョンなのかな~とも思いましたが、目が違っていたので違う人物のようです。


また世宗によると、その浚われたユン・ピルは、鋳字所で何かを研究していたようで、拉致される直前にあるメッセージを残しています。それが

君那弥欲

です。いったいこれは何を意味する言葉なのか~は後日のお楽しみですね


そしてその世宗は、ソイ(シン・セギョン)というどうやら口のきけない女官に対し、鋳字所へ行って何かをするよう命じました。ソイはその「任務」を遂行中、もしくは終えた後に、仮面をつけたピョンに遭遇したものの、ピョンはソイには手を出さず、ただ、鋳字所を爆破して放火してしまいます


出上術の特性からピョンが逃げた方向を割りだし、後を追ってきたチェユンとチョタクのうち、チョタクがいち早く硫黄の臭いに気付きますが、時すでに遅し~で鋳字所は火に包まれてしまいます


燃え盛る火をものともせず、中に飛び込んでソイを助け出したチェユンが、あの目をむき出しにした形相でソイを問い詰めたことから、ムヒュルが「トルボク」を思い出してしまうのです。カン・チェユンがトルボクだっ!!


秘密裏にある事業を進めている世宗、およびその五男の広平大君(ソ・ジュニョン~首陽大君@大王世宗)と一緒にいたからには、ソイは世宗側だと思われるのに、その対極にいるはずのピョンとも認識があったのか、も気になるところ


さ~て明日はどうなるかな根の深い木は続きもとっても楽しみです根の深い木も面白くなってきた(^^)/


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は根の深い木-世宗大王の誓い-のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング