このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

天命
 時代劇・歴史モノ

天命 あらすじと感想 第15話 帰るべき理由

天命のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 天命 あらすじと感想一覧(全20話)


イ・ドンウクさん主演の韓国ドラマ、【天命】の第15話は「帰るべき理由」で、ウォンとダイン、そしておばさんお気に入りのジョンファンウヨンの楽しいシーンもありましたが、やはり何と言っても最大のポイントはここでしょう。以下ずばりネタバレです天命のあらすじ行きますよ~(^^)/


よ~やくウォンが、この事件の黒幕は他ならぬ「文定王妃だと、しかも、中宗本人に告げることができましたウォン、でかした(^^)/


ここで力を貸したのがチャングムだったのも楽しかったですね~。チャングムは御医女として、中宗と王妃の湯治に付き添い、現地で、中宗の皮膚病治療に長けた医者がいるから治療させたいと、中宗にウォンを紹介したのです


もちろん、中宗はウォンを大罪人として認識しておりましたが、ウォンは何せ、ホンダルから「ダインを頼む」と既に「陳述書」を預かっていたので、向かうところ敵なしなのです


本来これは、邪魔な王妃を湯治に行かせている隙に、ウォンが世子に会うつもりだと思わせておいて、実は、世子に会いに行ったのはウォンに変装したイ都事=ジョンファンであり、こちらは、敵の目を欺き、刺客=ムミョンをおびきよせる罠だったというのがまた楽しかった~!


やったね~っ!( `ー´)ノ

ムミョンの放った短剣が、世子を庇ったウォン(実はジョンファン)に刺さった時は、もうこう思ってしまったものですまたチン毒かっ!( ;∀;)。こう毎回毎回、チン毒にやられるんじゃたまったもんじゃない~今度からは、ミン・ドセンが世子に作ったような

「犀角入りの生姜の菓子

を常に懐に持参のうえで外出せんとあかんね


が、おばさんのそんな思いとは裏腹に、ジョンファンは、しっかり鎧で重装備してきたようです。それもこれも、早くこの事件を解決してウォンの濡れ衣を晴らし、ひいては、愛するウヨンを奴隷から解放するためなのです


いくら最強の刺客とは言え、ジョンファンがあれほど兵を引き連れてきたからには、捕えてもらわないと困りますよね。ここは、世子の護衛官も交えての格闘が、久々に楽しくて興奮しました。やっぱりおばさんは同じ時代劇でも、この手の戦闘物が好きだと再確認やれやれ~ってなもんです( `ー´)ノ


また、これは本来笑う所じゃないんでしょうが、このムミョンの腕に王妃の密命の証である「牡丹の花の刺青が彫ってあったのも楽しかった。も~コイツは人間丸ごと王妃の僕(しもべ)なのでござるね~。気持ちは分かるけど、あれが動かぬ証拠になるとは考えなかったんかな


中宗も、最も信頼しているチャングムのお墨付きで陳述書を直接見せられた上に、それが全て王妃の仕業とまで断言されては、さすがにもう庇いようが無いでしょうよ。とはいえ、この王妃が廃位された史実は無いので、そこは何かまた王妃の逆襲があるのでしょうが


それ以外では、副題にあるように、ウォンがダインに事実上の求婚をしたらしいのも、ソベクには可哀想だけれど、めでたかったですね。ソベクにはウォンしかいないように、ウォンにもまたダインしかいないということを、早くソベクが理解できるとよいのですが。そしてもちろん、コクチョンにはソベクしかいないのですからね


また、時々顔を見せてはイイ味を出しているチョンボンが、ウォンに意味ありげな話をしたのも気になるところ


ウォンは、祖父をよく知っているらしいチョンボンから、その話を聞きだしたいと思っているらしいのですが、チョンボンはなかなかこれを明かしません。無事ことが成った暁には=戻ってきたら教えてやる、というその思わせぶりな内容はいったい何なんでしょうね?


楽しんで見てきた天命も、残すところはあと5話となりました。23日は祝日でお休みで25日が最終回となるようです。果たして中宗は王妃に対し、どんな決断を下すのか(下せないのか)、天命は終盤に来てますます目が離せません!天命もいよいよ終盤!( `ー´)ノ


天命 DVD BOX1(5枚組)天命 DVD BOX2(5枚組)

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は天命のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング