2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ダウントン・アビーのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: ダウントン・アビー あらすじと登場人物一覧


英国ドラマ、【ダウントン・アビー2】(Downton Abbey)の第3話は「覇権争い」です。以下、簡単なネタバレのあらすじですダウントン・アビー2のあらすじ行きますよ~(^^)/


悲惨な戦時中に何とも不謹慎なタイトルのようにも思えますが、確かにかなり激しい戦ではありましたね~コーラとイザベルダウントン・アビーを入院患者に開放するにあたり、イザベルはこれも国への大きな貢献だと得々と仕切っておりましたが、バイオレットはともかくとして、コーラとロバートも、イザベルのこの態度には大いに憤慨していたようです


まるで我が物顔に屋敷内を歩き回って指示を出すイザベルやクラークソンに、ロバートはここはあくまでも自分たちの家だと主張します。その権利が侵されるようなら、とっとと出て行ってもらって構わないっ!!犬のアイシスも彼の思い通りにさせる!(`・ω・´)


ここで先日視聴した、このダウントン・アビーのモデルになった実在の城=ハイクレア城のドキュメンタリーの内容をちょっとだけご紹介いたしますと、実際のハイクレア城も、第一次世界大戦中に「病院」として兵士に広く開放されたのだそうですよ


でも当時、あのような「覇権争い」はなく、むしろ、女主人が率先してこの事業に取り組んだと描かれていました。この目で見たわけではないので、どちらが本当かは分かりませんけどね。あ、バイオレットおばばが乗り移ってしもた


ドラマでは、あまりにもイザベルがコーラを差し置いて出しゃばるため、オブライエンがコーラに余計な知恵を授けます。今や出征軍人となったトーマスを「責任者」として迎えてはどうか? 彼なら病院のこともこの屋敷のことも熟知しているから適任なのでは?


いくらなんでも「従僕」だったトーマスを責任者にはできないと最初は渋ったコーラでしたが、イザベルとトーマスを比較した際、トーマスになら勝てると思ったのでしょうか、この案を受け入れてクラークソンに持ちかけます。クラークソンもこれを承知し、それならそれで見合う肩書が必要だと軍に掛け合ったおかげで、トーマスは一躍「軍曹代理」(Acting Sergeant)に昇格します。でもあくまでも「代理」です


オブライエンから、この機にカーソンをやっつけてはどうかと持ち掛けられたトーマスも、口ではカーソンをこき使ってやると言いながらも、実際にはちょいと嫌みをやり取りしただけで、それなりに真面目に働いていたようなのにはとりあえず一安心でした


コーラを流産させたオブライエンがその後すっかり変わったように、悲惨な戦争を体験し、今また苦しむ傷病兵を毎日目にしているトーマスもやはり大きく変わってきているようですだといいなあ(^▽^;)


またこの度病院として解放されたダウントン・アビーで、最も生き生きと働いていたのがまたしてもイーディスだったことも特筆すべき点です


ようやく外で働けることになったのに、雇い主とのロマンスがその妻に知られて追い出されるという(自分の中で)赤っ恥をかいたイーディスは、その後すっかり落ち込んでおりましたが、シビルに、とにかく自分にできることを精一杯やってみるのが肝要だと勧められて、入院患者に誠心誠意尽くすことにしたのです


その気持ちが今回もまた「即座に新たなロマンス」に発展したらガッカリでしたが、決してそうはならず、心から患者のためを思ってその世話をしたことが、後に、マシューとともに見学にやってきた、当時最も激戦地だったソンムで英雄となったストラット将軍に認められ、その献身を大いに評価されたのです


医者や看護婦だけではなく、家人の献身的看護が兵士たちを大いに勇気づけてくれた!


これまでのイーディスが本当に救いようが無かっただけに、逆にその成長ぶりがものすごぉ~く嬉しいのはおばさんだけでございましょうか。思わず、よかったね~イーディス、と声を掛けたくなったほどです


同様に、看護婦のシビルにばかり点数稼ぎはさせられないと、口では辛辣な言葉を吐きながらも、それなりにこちらも働いていたメアリーも、看護とは別に、また素敵な一面を覗かせてくれました。以前から、叔母のロザムンドが嗅ぎまわっていたラビニアの過去を不問に付してしまったのです


ラビニアが新聞王のリチャードと面識があったのは、父親がリチャードから多額の借金をしており、その代償として、リチャードから脅されて、伯父のジョナサンや閣僚がインサイダー情報で不正に儲けたことをリークしてしまったのだそうです


~ここで引用された「マルコーニ・スキャンダル」は事実だそうです。マルコーニ社という無線通信会社の株の不正取得に多くの役人が関わったというもので、ちなみに当時はタイタニック号が沈没して、無線の重要性が世に広く認識された時期でもあったそうです


決してリチャードの恋人だった訳ではないとのラビニアの説明を信じたメアリーは、これを誰にも言わず、叔母たちを黙らせました。以前ラビニアを

「That is Mary's replacement」
(メアリーの「代わり」というより「代替物」のニュアンスですね

と評していたバイオレットも、孫娘の意思を尊重することにしたようです


個人的にはこれでますますメアリーが好きになってしまいましたが、でもマシューとの縁はますます遠ざかってしまったのは残念。しかも次回の予告では、どうやらマシューが行方不明になってしまうようなのです。(ネタバレ厳禁にご協力感謝です


この他、注目したのはやはりベイツですよね


なんとベイツの妻のヴェラには他に「男」がいたそうで、ベイツはこれを「離婚事由」に挙げるために別居を始めたそうなのです。


偶然町で、ロンドンに帰ったはずのベイツを見かけ、メアリーに頼んで捜してもらったアンナが、満を持して~髪をカールまでして~ベイツが働いているバーにやってきてきてこの話を聞き、

「不倫をしているのは私たちも同じだ

と言ったのがまたいかにも辛辣でしたよね。しかも、男の不倫は離婚の理由にならないが、妻の不貞は立派な理由になるという理不尽さに腹を立てる一方、それで晴れてベイツと一緒になれるのならとついつい納得してしまいます


ベイツもまた、妻の不貞を詰るつもりはなく、ただただヴェラから解放されたい、アンナと一緒になりたい一心のようで、金はいくらでも払うつもりのようでしたし、次回からはどうやらダウントン・アビーに戻ってくるようでしたよね?ベイツが恩を忘れて出ていったと思い込んで恨みに思っていたロバートが、それは誤解だったと予告で謝っていたようです


線が細すぎてそれこそベイツの「代わり」が務まるかどうか心配されたラングは、やはり退職することになったようです。兵士が屋敷に来たことで余計にトラウマがひどくなったようなのです。毎晩あんな大声でうなされたら、他の皆も参っちまいます


一方、ただ一人徴兵されずにいたアイルランド人のブランソンは、心臓が悪いことが分かって兵役を免除されたようです。が、ブランソンは徴兵された時を狙って、同胞を殺したイギリス兵を思い切り侮辱しようという企みが潰れたことにガッカリし、思わぬところで復讐を企てます。前述したストラット将軍を招いたディナーの席で、その将軍に汚物をサーブしようとしていたのです!


これは、捕まることを覚悟したブランソンがシビルに残した手紙を、アンナが見つけ、これをアンナが即座にエルシーに、そしてエルシーはカーソンに伝えたことで何とか事なきを得ましたが、ここもまた何とも複雑な気分でした


当時のアイルランドの惨状とブランソンの気持ちを思うと、本懐遂げさせてやりたかった気もしますが、そんなことで捕まってはブランソンの将来がもったいないですものね。とはいえ、このままイギリスにいたのでは、一生アイルランド人として差別されてしまうでしょうし


エルシーはこれを機にブランソンを解雇したがっていたようですけれど、それでなくても男手が足りなくて困っているカーソンは渋っていたようです。


男手と言えば、出征を目前にしたウィリアムがついにデイジーにプロポーズをいたしました。デイジーは断ろうとしていたのに、戦地に向かう男を振るなんて許さないとパットモアに叱られて断り切れず、泣く泣くこの求婚に承諾してしまうのですが?


予告では、メイドのエセルがあれほど注意されたにもかかわらず、いかにも女たらしな入院患者ブライアント少佐とねんごろになってしまうようでしたし、シビルはブランソンに求愛されて駆け落ちしそうな雰囲気でした。ベイツが戻ってくるとなると、またトーマスが張り合わないかと心配ですし、それに何より、上でも触れたマシューの生死も気になるところダウントン・アビーのマシューが素敵過ぎていなくなったら寂しい( ;∀;)


次回のダウントン・アビー2は、なんと1月11日からのスタートになるようです。ま、お正月は何かと忙しいのでそれぐらいがちょうどいいかな。続きが今からとっても待ち遠しいですね~ダウントン・アビー2が楽しみ♪


  
英文のスクリプト~視聴のお供にいかがですか?



【Amazon.co.jp限定】ダウントン・アビー ファイナル・シーズン ブルーレイBOX(全6シーズン収納BOX付き) [Blu-ray]

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
米俵  
イーディス良かったなぁ。

こんさんこんにちは。
戦争の話は心が痛くなりますが、今回のイーディスはほんまに良かった。あんなに人に優しくなれるだなんて、恵まれ過ぎる環境と言うのは怖いものですね。

ベイツさん出場で嬉しかったけど、今度こそ本当に大丈夫なの、ベイツさん。いや、ジョンよ!もうアンナを幸せにしてほしいです。

ちょっと子供が熱出す日最近多くコメント短くてごめんなさいー。。。

2014/12/23 (Tue) 15:14 | EDIT | REPLY |   
米俵さんへ  
お大事にどうぞ🍀

米俵さん、こんにちは~♪

本当にイーディスは良かったですよね~。
これからも頑張ってほしいですね(^^)/。

アンナとベイツにも幸せになってほしいですよね。
元妻も、好きでもないのにしがみつかないでほしい~(`・ω・´)。

お子さん、大丈夫ですか~。
寒くなってきましたからこれからますます大変ですね~。

自分の冬の風邪対策は「マイタケ」と「レンコン」です。
疲労回復の鶏むね肉とともにお鍋なんか最高ですよん。

どうぞご家族ともどもお大事になさってくださいね~v-22。こん

2014/12/23 (Tue) 16:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.