このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

根の深い木 あらすじと感想 第8話 我が道

韓国ドラマ、【根の深い木-世宗大王の誓い-】の8話は「我が道」です。少なくともミステリー部分に置いては、今回は一休み根の深い木のあらすじ行きますよ~(^^)/~な感じでござった。以下簡単なネタバレのあらすじです


まず、ピョンと戦っていたチェユンは、ピョンにチョタクを刺されてしまい、後を追うことができなくなります。今すぐに手当てをしなければチョタクが死んでしまうと脅されたからです


親友を救うため仕方なくチョタクを背負って歩いているところに、ソイから事情を聴いて駆けつけてきたムヒュルの一行に出くわしました。誰かは分かりませんが、確かに人が殺されました!


チェユンはチョタクをパクポに任せて、ムヒュルを悲鳴の聞こえた方向に案内しますが、そこには誰もおりません。どうやらピョンは、チャン・ソンス(の遺体)を持ち去ったようなのです


この遺体は後日、王宮内の池に浮かんだ船から発見されました。前かがみになって両の手を握りしめながら死んでいたソンスの遺体の下には、以前、ギジュンが科挙の際に答案に書いたあの文章が綴られています


花是花而己矣 不可以為根
花は花に過ぎぬ、根にはなれない


ついに密本が表舞台に登場したことを知って慄然とした世宗とマルセンに対しソイは気絶!、これを見て高揚とした者もおります。それが、以前からちょこちょこ顔を覗かせていた右議政のイ・シンジョク(アン・ソックァン)です。なんと彼はその昔、密本の一人だったのだそうです!


シンジョクは、これを最後に民衆の中に入って姿を消すと語ったギジュンから、朝廷で力を蓄えて高官になれと命じられたそうです。いつの日か必ず私は戻ってくる!


そして数日前、シンジョクは何者かから密本の復活を暗示するような書を受け取っていたそうです。活字(鋳字所)が燃え、宮殿が血に染まったら、時が来たと思え!


今回特に「血」は見えなかったけれど、ソンスが殺されたことがそれを表していたのでしょうか。それに、カリオン曰く、

「猛毒を塗った針を脳天に刺されて殺された

らしいソンスの遺体は青黒く変色していたので、いかにも全身の血を抜いたかのようにも見えましたからね


こうしていよいよ密本の時代がやってくると確信したシンジョクは、その部下で礼曹佐郎のチャン・ウンソン(ペク・ソビン)にすべてを打ち明けて、密本の仲間に引き込みます。これでもうお前は一人で生きることも死ぬ事もできぬっ!!


一方、ピョンに逃げられたチェユンは、自分をさらって情報を得ようとしたソン・サムムンを逆に脅し「君那弥欲」の意味を解かせようとしていました。この意味を解いたら、ソンスが持っていた書物をやろうと言いながら、これを必死で探していたソイを、その書物を餌にして探ろうとします


以前から、ソイとピョンが面識があると睨んでいたチェユンは、ソイがこの書物をどこに届けるかを見届けようとしたのです。


が、ソイはこの書物をすべて頭に叩き込んで、すっかり燃やしてしまい、これまた当てが外れてしまいます


でも、ピョンがハン村で書店の店番をしていたことを思えば、そこにソイが通ってきていたとしても何ら不思議はありませんね。ピョンも、いかにも健気そうな、しかも口のきけないソイを、たとえ顔を見られても殺さない様な気がしますし~そこまで極悪非道じゃなさそう


その上チェユンは、ソイがひどく辛い体験をして苦しんでいることを察してしまいます。ソイはカリオンから「酸棗仁」「エゴノキ」を手に入れていたことを知ったからです。


煎じて飲めば不眠に効く酸棗仁は、そのまま飲むと不眠になり、エゴノキは人を失神させる効能があるのだそうです。


ソイは眠ることが怖さに、酸棗仁をそのまま飲み、疲れ切った頃にエゴノキを摂って失神し、死んだようになった眠っていたそうです。そしてチェユンもまた、過去の忌まわしい出来事のために、眠るのが怖くて、同じようにこれらを服用していたことがあったのだとか


私がそれを克服したのは、父を殺した仇を討つと心に誓ってからだ


そう言いながらも、復讐を誓ってからの毎日は死ぬほどつらかったと語るチェユンですが、復讐を断念しないのは、自分が自分たるためなのだそうです。自ら立てた誓いを破ってしまったら、自分が自分で無くなってしまう!


これを聞いた世宗もまた、自分が自分であり続けるため、自分の道を行こうと決意したようなのですけど、それよりもまず、チェユンとソイ、トルボクとタムのふたりが、同じことで同じように苦しんでいるのを知ったのだから、さっさとふたりにふたりの正体を教えてあげればいいのにね


その上で、チェユンの生きたい道を行かせる=仇(自分)を討たせるのならまだ話は分かるけど、真相を伏せたままってえのが頂けないこの世宗はあんまり好きになれんな(;´・ω・)


その世宗の目的が「儒林の一掃」だと戦々恐々としている高官たちがまたなんとも情けない限りでござるね。税制改革をしたら(資金源が断たれて)儒学者が困るとは何事ですかっ!しかも、若者たちに朱子学以外の学問を学ばせることは、彼らを混乱させるばかりだというチェ・マルリ(クォン・テウォン)の意見にも大笑いです。それでよく

集賢殿

の副提学を名乗っていられるものでござる。マルリというと即、イ・ソンミンさんの顔が浮かんじゃうんですが


~日本語の吹替えで「可否」調査を「カブ」調査と発音するのは止めてほしい。それでは吹き替えする意味が無いと思うんですが


次回は「新たな文字」だそうなので、ようやく前進しそうですね。根の深い木、年内は金曜日までの放送になるようです。続きもとっても楽しみです根の深い木も楽しみ♪


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は根の深い木-世宗大王の誓い-のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング