このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

天命
 時代劇・歴史モノ

天命 最終回 あらすじと感想 穏やかできれいにまとまりました

天命のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 天命 あらすじと感想一覧(全20話)


イ・ドンウクさん主演の韓国ドラマ、【天命】の最終回は「天命」です。これは「王命」との対比のようです。


何せ史実ありきのドラマなので、最後はどうなるのかな~とちと心配ではあったのですが、史実は史実としていじらずに、主人公が「天命」を果たせた、とても穏やかで気持ちの良い最終回になりましたね。以下、簡単なネタバレのあらすじです天命、最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/


チヨンはジョンファンが殺したものの、その場を逃げ出したムミョンを、ゴチルとコクチョン、そしてソベクが追って行きます。ここでソベクがムミョンに蹴飛ばされて、頭をひどく打ってしまったのが実にヤキモキさせられましたソベク、死ぬな~っ!( ;∀;)。んも~フィクションドラマで、おばさんの大好きなキャラを殺すなんて、絶対に許せ~んっ!!天命は最後までハラハラさせられた(;´・ω・)


が、さすがに「神の手」を持つウォンが、見事にこれを救ってくれます。ジョンファンとソベクを連れ帰ってきたウォンは、自分の怪我はそっちのけで二人を治療し、何とか命を救いました。そんなウォンを心配した仁宗が、その治療のためにダインを送ってきてくれます


こんなになるまで放っておくなんて!あなたは医者とは言えませんっ!!


最初の頃の気の強いダインを思い出しますね~。ウォンもまた、そんなに心配なら俺を置いて行くな、なんて


一方で、今度は慶源大君が重い心の病にかかってしまいます。前回、命を救われた文定大妃は、その感謝の印にと、大君が使っているのと同じロウソクを仁宗に送ったのですが、実はそちらには

「鉛」

が仕込んであったのです。仁宗といつも行動を共にしていたファン内官が(鉛中毒で)先に死んだことで、ウォンがこれに気づいたのは不幸中の幸いでした。


これに先んじて、母の陰謀に気づいていた大君は、何とかして母を諌めようとしたのですが、その頬をひどくぶたれて何も言えなくなってしまいます。息子のくせに生意気を申すでないっ!!


頬にくっきりと平手打ちの跡を付けた大君は、仁宗のもとへ行って、自分を廃位して庶民にしてくれと頼みました。ここは地獄です。庶民になって、家族同士互いを思いやって暮らすようになりたいのです!!このキョンウォン大君も可哀想だったね~(;O;)


仁宗は、母と自分との板挟みになって苦しんでいる大君を哀れに思ってダインに預け、ふたりでウォンの屋敷に行くよう命じました。大君はしばらくそこで療養させ、ダインにはウォンの治療をさせようという配慮です


このキューピッドのおかげでダインとウォンの間にあったわだかまりはすっかり消えてしまったようです。その上、ようやく目覚めたソベクは、ウォンに関する記憶を一切失っておりました。そうそう、それでよいのじゃ


また、こちらも回復したジョンファンは、キム・チヨンを殺した罪で多少の処罰を受けたものの、元々相手が罪人でしたから、そう重くは罰せられなかったようです。そしてジョンファンはまだまだ大妃を許せずにおり、何とかして王妃の悪行の証拠となるムミョンの尻尾を捕まえようとしていました


大君が宮中を出されたと知った大妃がようやくお付の尚宮をムミョンの下に遣わした時、その前にドムンが現れます。ダイン大事のドムンは、ムミョンを殺さぬ限り、ダインの身が危ういと信じて疑わなかったのです


ジョンファンは生かしておきたかったようですが~こう言っては身も蓋もありませんが~どのみち、

花中之王=文定大妃

は歴史上ここでは死なないので、せめてムミョンを成敗できた=自害したのは、個人的には大喜びでございました。あのイム都事はどーなったかな~その最期を見届けられなかったことだけが心残りでござりまするイム都事をやっつけたかった(`・ω・´)


そして大妃はその後、自らダインを毒殺しようと試みます。ダインを部屋に呼んで毒の入ったお茶を無理矢理飲ませようとしたところはでも、即、仁宗に見つかってしまいます。もちろん、ロウソクの悪事もここで明かされます


いっそ大妃がその毒入りの茶を飲めっ!!


ここでまた大妃が、意地汚く命乞いをする姿がなんとも浅ましかったですね~。もう二度と悪事は働かないから、どうか命だけは助けてほしいっ!!


まったく~歴史が許せば、賜死にしてやったものをっ!!極悪人めっ!


と、返す返す無念でござるが、ここは健気な慶源大君に免じて怒りを忘れることにいたしまする


その後ウォンは、仁宗から内医院に戻れという命令を取り下げてもらい、今後は

より多くの人々を救う

という天命に従って、ダインとともに貧しい人々を対象にした診療所を開き、日々医療活動に明け暮れていきます。もちろんふたりは晴れて夫婦となりました。すっかり丈夫になったランは、二人にかまってもらえず、ちょっぴり不満げでしたね


ジョンファンとウヨンも結婚し、お腹の大きなウヨンは、王の護衛に出世したジョンファンに、毎晩足を揉ませているようです。その上ウォン夫婦は、仁宗から新しい書物を借りるたびにジョンファンを呼んで、その模写を手伝わせているのだとか。いや~逮捕王もすっかり形無しでござるね


このドラマを見る前に見た時代劇(インス大妃)がヒジョーにハードな内容だったため、もしかしたらいつもなら物足りなく思うかもしれないこの「天命」も、おかげさまでとっても楽しく視聴することができました。何と言っても、ジョンファンにドムン、ソベクとランと言った脇役が実に楽しかった~。あ、ドムンは久々に別の意味で楽しかった


それに何より、最後に皆が幸せになったのが何よりでしたよね~。史実はともかく、フィクションはやっぱりハッピーエンドがサイコーです天命は、歴史にアクション、そしてコメディ要素がタップリで、なかなかお得なドラマでございました。大満足です天命もなかなか面白かった(^^)/


天命 DVD BOX1(5枚組)天命 DVD BOX2(5枚組)

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は天命のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング