このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

根の深い木 あらすじと感想 第10話 本元の正体

韓国ドラマ、【根の深い木-世宗大王の誓い-】の10話は「本元の正体」です。以下ズバリネタバレです根の深い木のあらすじ行きますよ~(^^)/


やはり密本の本元はカリオンでした。これはハン村の人間だけにしか知らされていなかったことも再確認です。何せ、シム・ジョンスに至っては、

この度カリオンが逮捕されたことは密本には一切関わりが無いのだろうな

とトダムに念まで押していたのに、そしてトダムは間違いないと断言までしていたのに、実は大いに関わっていたという話には大笑いしてしまったほど。あれではジョンスが怒るのも無理はありませんよね~


でももっとマヌケだったのは、イ・シンジョクです大笑いでした( *´艸`)。彼は、トダムがチョン・ギジュンの名を借りて発した命令

「カリオンを救えっ!

を鵜呑みにし、チェユンらがせっかく無罪にして放免したばかりのカリオンを、わざわざ捕えてきて、秘かに密本のことを探ろうとしたのです


命令通り朝廷の重鎮にはなったものの、そうして仕えるべき相手の顔をすっかり忘れてしまったアホさ加減を指摘されたシンジョクが、ようやくカリオンの正体に気づいた時は見ものでござったねそれでもまだ使い道はあるそうで


「まさかあなたがっ!?


結局ギジュンは、朝廷にいる密本の仲間は信頼していない、ということですよね~。そしてその見方は大いに正しい気がします


むしろ、ギジュンの同志となるべきなのは、今回ギジュンの無実を晴らすために奔走してくれたチェユンや、もっと言うなら、貧しい民のために、体裁など一切かなぐり捨てて、文字創製に命を賭けている世宗なのではないかと思うんですけど


またここで、以前からちょこちょこ顔は見せていたけれど、大した重要人物ではないと切り捨てていたハン・カノム(チョ・ヒボン)が、単なる落ちぶれ両班ではなく、立派に密本の一員として機能?しているらしいのには驚きました。このカノムがトダムに命じ、シンジョク宛の手紙を書かせたのだそうです


一方、カリオンが最初に捕まることになった事件は、ナム・サチョルの自作自演の狂言だったようです。要するに、誰もが反対している可否調査に携わりたくなかったのでしょうか。これにいち早く気付いた世宗がチェユンにヒントを出し、チェユンもまたそのヒントにすぐに気づいて、サチョルをふんじばれたのは何よりでしたね


それに、カリオンを取り調べながらも、その境遇に同情しつつ、甘い顔を見せなかったチョ・マルセンが、カリオンの無罪が明かされた際、詫びの印に酒を持たせてくれたのも結構嬉しかったな。そうそう、マルセンも、これまでのイメージにピッタリです


今回、カリオンの無罪を誰よりもよく知っていたのは世宗とソイたちだったそうです。ちょうど世宗はその時、ソイをカリオンに会わせていたのだそうですが、それを証明するためには、王がソイに何を命じていたか~文字創製に関わる密命~を明かさねばならぬため、大いに困っていたようです。


それでソイは単独でチェユンに接し、この事情を打ち明けました。チェユンは、これを身勝手だと罵りましたが、ソイは、王の密命(事業)が実現すれば、自分もまた救われるのだと、頭を下げて頼み込みます。なんとか、カリオンを助けてやってほしいっ!!


ソイとチェユンが少しずつ相手を理解しつつある様子もなかなかです


そして気になる「カリオンへの密命」ですが、カリオンが白丁であること、そしてサムムンたちが指摘したように、世宗はまだ、独自の文字を完成させていないこと(特に「喉音」の出る仕組みが分からない)、まだ知らねばならぬ原理があることなどから考え合わせると、どうやら、人体の仕組みに関することなのではないかと推察されます


と思ったところで、次回はやはり「人体解剖」です。この辺は大王世宗とほぼ同じ流れなのですね~。それが事実なのか、それとも、大王世宗を参考にしているのか分かりませんけど。


さ~て今日はどうなったのかな。根の深い木は続きもとっても楽しみです


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は根の深い木-世宗大王の誓い-のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
お久しぶりです。
僕も、根の深い木は大好きです。チャングム、善徳女王の脚本家と同じです
からよく出来ています。2回目ですが、今やっているのはカット部分が多くて
知り合いから借りてノーカット版で1話から見始めました。20分くらいもカットされていると、内容が分かり難いです(笑)。

6話のチェユンとカリオンとの会話で土・水・火が出てきた時の、カリオンの
「2人目が水だと確信しているのか?」というセリフで、チョン・ギジュンだと
気づいた人もいるでしょうね。僕は1回目では気づきませんでした。

同じ世宗ものでも、大王世宗とは違った面白みがありますよね(^-^)
面白いですね^^
加藤研治さん、お返事が遅れて申し訳ありません(__)。

根の深い木も見ていますよ~。
どうしても大王世宗と比べてしまいますが、
おっしゃる通り、また違った面白さがありますね。

自分はミステリー好きなので、
カリオン=ギジュンはかなり早く気付きましたよん(笑。

続きもとっても楽しみです。こん^^
ミステリー好きのヤマ勘です
加藤研治さん、こんにちは~♪

ミステリーにはちょっとした「お約束」がありまして、

「もっとも怪しくない人物を疑え」

が常道だと言われています。

ちょうど昨日の放送でチョ・マルセンが言っていたのと同じですね~:

最も親しい者から疑え!(笑

このドラマでは、ソイとカリオンがこれに該当したのですが、
ソイはタムだとこれまた分かっていましたから、カリオンかな、と。
最初から思わせぶりだったシム・ジョンスはミスリードだろう、と。

韓ドラではこの常識?が通用しないことが多いのですけど、
このドラマは大丈夫でしたね(^_-)。続きも楽しみです。こん
No title
ヤマ勘ですか(笑)。
何か別の伏線があったのかと思いました。

もう一度じっくり見てみないと分かりませんが、
6話のチェユンとのやりとりが第一の伏線なのかも。
辛いとこです
加藤佳英さん、こんにちは♪

そーなんですよね~。
あまりにも多くのミステリーを見すぎてきたため、
ほぼすぐに犯人が浮かんじまいます(苦笑。

そうなると、伏線を追うというよりは、
(自分の中で)後出しじゃんけんみたいになって
あまり楽しめないんですよ(-_-;)。

だからこのドラマも
ミステリーという点では物足りなかったんですが(^▽^;)、
でも「大王世宗」との比較が個人的には楽しいです^^。

放送が終わった頃にでも感想をまとめますね~(^_-)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング