2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

今年は思いのほか体調が悪くて、途中、何度もお休みをいただいてしまいましたが、こうして何とか無事年の瀬を迎えることができたのは、ほかならぬ皆様の応援あってのおかげだと心より感謝いたしております。1年を通していつも変わらずお引き立てくださいましたこと、本当にありがとうございました


今年もまた呆れるほどたくさんのドラマを視聴いたしましたが、体調が悪かったせいか、本当に心に残ったドラマはその中の何本かに限られてしまったようです。でもそれらは、たとえ見た時期がいつであっても、絶対に忘れることのできない大感動のドラマだったことは間違いないと確信できます。


人の好みはそれぞれ~たとえ視聴率が良かろうと悪かろうと、自分が好きなドラマが一番と考える方なので、その好みが果たして皆様のお役に立つかどうかは疑問でござるが、恒例の事ですから、今回もまた、今年最も印象的だったドラマを、これまた自分勝手なジャンルごとに3本ずつ取り上げさせていただきました。年の最後、もしくは年の初めのお暇な時間にでも目を通していただけましたら幸いです


また勝手ながら、今年はもう少々長くかかりそうです(__)27日から来年の4日までお休みをいただきたいと考えております。あくまでも予定なので、実際にはどうなるか分かりませんが、とりあえず、この一本を持って、年末年始のごあいさつに代えさせていただく所存です


結構しんどい1年間でしたが、おかげさまで何とか無事に年越しできそうです。皆様もどうかくれぐれも体調など崩されませぬよう、どうぞ良いお年をお迎えくださいますように来年もよろしくお願い申し上げます


では早速参りますね。まずは大好きなこのジャンルから


<ミステリー>


グッド・ワイフ4


これはシリーズもので、毎年楽しみにしているドラマです。シーズン3からこっちしばらく間が空いてしまって心配いたしましたが、無事「春に定着してくれたようで何よりでした


リーガルドラマという内容もさることながら、タイトルを初めとするそこかしこにちりばめられた細かい演出には、いつも驚かされることが多くて、今ではその「小ネタ」を捜すのがその時期の生甲斐となっているほどです。その成果があったのか、検索でお訪ねくださる方も大いに増えてしまったのがちと恥ずかしいですけどね


まさにオタクレビューでしかないあらすじ感想文をいつもご贔屓くださいました皆々様~グッドワイフファンの同志の方々にも、改めまして心より御礼申し上げます。また来春、あれこれ語り合えることを楽しみにいたしております。


Nのために


これは日本のドラマで、つい先日放送が終わったばかりです。湊かなえさん原作だということで、実にしっかりしたヒューマンミステリーでございました。毎回繰り出されるピースを拾い集めながら、それを1つ1つ埋めていく作業が、日本のドラマでは本当に久しぶりに楽しめたものです


単なるミステリーにとどまらず、登場人物の心のひだの奥にまで焦点を当てたことで、その心情が痛いほど伝わってきたのも本当に素晴らしかったです。文字ではなく、映像化したドラマは、時にその映像が邪魔をしたりすることもありますが、この作品は映像化したことで、よりその奥深さが際立ったに違いない~そんな印象さえ持ちました。特に主演の榮倉奈々さんと窪田正孝さんの演技は素晴らしかった


名探偵ポワロ


3つ目は「MOZU」とどちらを上げようか悩みましたが、これがラストシーズンだったということなので、こちらにさせていただきました。これは最初のレビューにも書いたのですが、ポワロシリーズは時に後出しが多い印象があったものでしたが、今回のこのファイナルシーズンはそれがほとんど感じられず、これまたあちこちにちりばめられた大小さまざまなピースを拾い集める作業が本当に楽しくて、まさにミステリーの醍醐味を堪能させていただきました


MOZUに関しては、シーズン1は上の3件同様、あれこれ妄想のし甲斐があって楽しめたのですが、シーズン2が、短かったせいか今一つ自分の中で盛り上がり切れなかったのがもったいなかった


<時代劇>


大祚榮(テジョヨン)


最近はなぜかすっかり「時代劇専門」になった感のあるこのブログでござるが、今年は特にこのドラマを語れたのが無上の喜びでございましたテ~ジョヨ~ンっ!


実際にはもう何度も見ているのですけれど、こうして全編語らせていただいたのはこれが初めてだったこと、自分でまとめることで、これまで以上の感動を再び味わえたこと、また、同じように感じられた方と感動を分かち合えたことも、本当に楽しゅうございました


やはり「戦国もの」は、この大祚榮に勝るドラマはありませんね。正直申し上げて、他のどんなドラマを見ても、大祚榮と比べずにはいられんほどです。そしてそのどんなドラマより、やっぱりテジョヨンが面白いです


今年はこれに加えて「大王世宗」のノーカット版も視聴して大感動いたしましたが、大祚榮も放送してくれないかなあとひそかに願っている次第でござる


ダウントン・アビー1、2


これはイギリスのドラマです。第一次世界大戦中の貴族とその使用人の様子を描いたいわゆる「群像劇」で、またこれが実に面白いのですよね~。時代が時代だけに重厚感タップリなドラマの内容ももちろんですが、そのセリフも実に皮肉たっぷりで楽しめます。また、当時は女性の地位も向上し始める時代とあって、彼女たちの奮闘ぶりも見逃せません


今年の春にシーズン1を視聴して、今シーズン2を見ているところですが、イギリスではこの秋シーズン5が始まったそうなので、これは今後も是非どんどこ続けてほしいものです。


銀二貫


こちらはうって変わって庶民の人情劇です。これがまたその人情がタップリ詰め込んであって、何とも言えない情緒いっぱいの楽しいドラマでございました。主人公がもはや他人とは思えず、毎回本気になって怒ったり泣いたり笑ったりして応援していたものです。日本の時代劇もいいものだ~としみじみ感動したドラマでした。


<コメディ>


ごめんね青春!


これぞクドカンワールド真骨頂!な実に楽しいドラマでした。おばさんは、上でもちと触れましたが、世間の評判というものはほとんど気にしない人なのですけど、このドラマの視聴率が低かったことはさすがに耳に入ってきたのですよ


あまちゃんがあれほどヒットしたのに、なぜこれはしなかったのか?


そんな疑問が飛び交っていたようですが、それは当然ですよね~。だってあまちゃんには「このシャレが分からない、テンポに付いていけない人()のための受け皿」として、ボケ役の「おばちゃんたちがズラリと控えていたのですもの。と、我が母を見ていてそう痛感した次第です。同じ台詞を聞いても、渡辺えりさんのは笑えても、えなりかずきさんでは笑えない~という世代でしょうか


これに懲りずに、また是非楽しいクドカンワールドを展開してほしいものです


ドクターX3


これは本来医療ドラマに分類すべきものであり、おばさんもまたそう分類はしてるんですが、このシーズン3に限っては、コメディ部分が実に楽しかったので、ここに入れさせてもらいました。その最たる功労者は、遠藤憲一さんが演じていた海老名です


上にへつらい下には厳しい、でも本当はその逆でありたいと願っているという、姑息で実に切ないサラリーマン体質の海老名がいたからこそ、未知子のドクターXぶりが際立ったもののと信じてやみません。遠藤憲一さんはシリアス物も素敵ですけど、コメディをやらせたのは大正解です。んも~出てくるだけで笑ってました


さよなら私


これもまた「コメディ」と銘打つのは失礼なのかもしれませんけど、おばさんにとってはコメディ部分が大きかったです。一応は「友情もの」として分類させていただき、女性陣(主役)に関してはその部分でも大満足でございましたが、男性陣(脇役)には、大いに笑かせてもらいました。特に

佐藤仁美、尾美としのり、谷村美月

この3人のやりとりは、ブラックコメディ以外の何物でもありませんでしたね。やはり尾美さんは裏切りませんね~。鬼平犯科帳以来の大ファンです。いや~実に楽しかった


そして最後はこちらです。


<社会派>


ホームランド2


ドラマの内容からいうと、これが一番感動しました


イラクで捕虜になっていたアメリカ人兵士が、帰国後、そのスパイとして働くべきか否か迷うその心理描写が素晴らしく感動的で、ぐいぐい引き込まれたシーズン1に続き、シーズン2は、シーズン1でその彼に深くかかわったために心に深い傷を負ったCIAの女性エージェントが立ち直っていく様子は本当に見ごたえがあって、毎週見るのが待ち遠しくてならなかったほどです。これはもうこの一言に付きます


早くシーズン3を放送してほしいっ!!ホームランドがサイコー(^^)/


ゆれながら咲く花


これもまた、今年最も感動したドラマと言っても過言ではありません


いわゆる学園ものの韓国ドラマなのですが、今の韓国の教育界のひずみが、子どもたちをどのように苦しめ、追いつめているのかが実に真摯に描かれていて、これまたとても他人事とは思えず、毎回ハラハラドキドキさせられて、大いに号泣したドラマでした。韓国ドラマはシリーズものが少ないけれど、これは是非、彼らのその後を追ってほしいと痛切に願ったものです


ルーズヴェルト・ゲーム


これもまた実に楽しいドラマでしたね~。社会派要素に加えて、野球を通して培われた友情がまた実に感動的に描かれていて、毎回ボロボロ泣きながら見ていました。キャストも豪華で素晴らしかった~。最初から最後まで、文句なしに楽しめた傑作でした


以上です。今年もまた楽しい時を過ごさせていただけたことに心から感謝して、年末のごあいさつに代えさせていただきます


どうぞ良いお年を!
来たる2015年が皆さまにとりまして素晴らしい年になりますように

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 11

There are no comments yet.
和栗  
お久しぶりです~!!!

こんさん、こんばんは!

ついつい銀二貫ファン&尾美さんファン(こんさんと同じ理由(笑))&遠藤さんファンのため、黙ってはおれず(笑)深夜にコメントしてみました!

今年もたくさんの視聴お疲れ様でした!
時折、覗かせていただいては、お元気かな?少しお疲れかな?と気になりつつ、コメントを入れようとしてはなぜか消えてしまうの連続でご縁のあるタイミングでと思い今日にいたりました!

今年も残りわずかですが、来年も素敵なドラマで熱く共感させていただきたいと陰ながら願っております!

こんさん!くれぐれも年末の寒波にはお気を付けくださいね~。

2014/12/27 (Sat) 01:42 | EDIT | REPLY |   
和栗さんへ  
お久しぶりです~っ!!(笑

和栗さん、ご無沙汰いたしております~♪
お元気でしたか?

今年も同じドラマを楽しんでいらしたのですね~。
そうそう、「うさぎ」、いいですよね~( *´艸`)。

コメントは今一つ調子が悪いみたいです(;´・ω・)。
持ち主に似るのでしょうか~ご迷惑かけてすみませんでした。

和栗さんも、どうぞ風邪などおめしにならぬよう、
お元気でよい年の瀬をお過ごしくださいね~。こん(^^)/

2014/12/27 (Sat) 11:20 | EDIT | REPLY |   
ちくわ  
No title

今年リベンジで検索してたまたまこちらのブログを見つけて、それからずっと拝見させていただいてました!
1年間お疲れ様でした^^
最近はアンダーザドームの記事を読ませていただいていました笑
来年もこんさんの感想楽しみにしています^^

2014/12/28 (Sun) 09:01 | EDIT | REPLY |   
mint  
今年1年お疲れ様でした

自分が見ているドラマ、またみる時間はないけれども気になっているドラマの
レビューを中心に拝読しておりました。
詳しいあらすじと、それに対する考察が書かれていていつも参考になったし
楽しみにしていました。

お体に気をつけて、来年もぜひいろんなドラマのレビューを書いてください。
楽しみにしております。

それではよいお年を^^

2014/12/29 (Mon) 22:03 | EDIT | REPLY |   
こん  
もう少しお休みをいただきます(__)

皆さま、明けましておめでとうございます。

年末からかなり忙しくていたら、
またしてもダウンしてしまいました(苦笑。

何とも情けない限りですが、今年は覚悟を決めて
もう少し体がシッカリするまでお休みをいただくことにいたしまする(__)。

また復帰する際にはご報告させていただきます^^。こん

2015/01/04 (Sun) 11:36 | EDIT | REPLY |   
ねこた  
No title

こんさん、
あけましておめでとうございます。
いつもこんさんの、適格なあらすじ/感想に感服しております。英語も堪能ですばらしい!
2014年の私のベストドラマは「ダウントンアビー1,2」ですが、こんさんも選んでくれていて
うれしいです。私は、韓ドラ/日本のドラマより英米ドラマ拠りの人ですが、これからも
よろしくお願いします。
楽しみにしています。

2015/01/08 (Thu) 13:17 | EDIT | REPLY |   
ちくわさんへ  
ビックリでしたね~!

ちくわさん、ご挨拶が遅れて申し訳ありません(__)。
良いお正月をお過ごしでしたか?

アンダー・ザ・ドームも最終回まで見ましたよ~。
ビッグ・ジムにはビックリでしたね(^^)/。
そのうちまた感想文を書きますね~。

今年はのんびりペースになりますが、
またどうぞよろしくお付き合いくださいますように♪ こん

2015/01/12 (Mon) 12:18 | EDIT | REPLY |   
mintさんへ  
今年もよろしくお願いします

mintさん、ご挨拶が遅れて申し訳ありません(__)。

こちらこそ、
ブログをご利用いただきましてありがとうございました。

今年はのんびりペースになりそうですが、
またどうぞよろしくお引き立てくださいますように^^。こん

2015/01/12 (Mon) 12:23 | EDIT | REPLY |   
ねこたさんへ  
こちらこそよろしくお願いします

ねこたさん、ご挨拶が遅れて申し訳ありません(__)。

ダウントン・アビー、良かったですよね~。
今年も続きを見るのが楽しみです。

今年はのんびりペースになりますが、
またお暇な際には是非覗いてみてくださいね~。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます^^。こん

2015/01/12 (Mon) 12:25 | EDIT | REPLY |   
オッキー  
No title

いろいろとあり、なかなかこちらのサイトに迎えなかったですが、遅くながら挨拶します。

個人的には「銀二貫」がいちばんでしたが、最近は「マッサン」にはまってます。エリーと大将には毎度泣かされます。今、会社としての日本を立て直すのは大将しかいないと思いながら毎日見ています。エリーさんは、日本人以上の日本人ですね。

「ぼんくら」は、最終回の音尾琢真さんの同心姿がすごく好きでした。

2015/01/18 (Sun) 10:00 | EDIT | REPLY |   
オッキーさんへ  
こちらこそよろしくお願い申し上げます♪

オッキーさん、こんにちは~♪
お忙しいところお立ち寄りくださいましてありがとうございます^^。

「マッサン」もいいですよね~。
そうそう、自分も絶対に「大将ファンv-345」です!
これから大将に会う機会が減ると思うと寂しい限り( ;∀;)。

銀二貫のシリーズ化は無理でしょうが(;´・ω・)、
ぼんくらは、今後も続きそうで楽しみですね~。

今年も穏やかで良い一年になりますように。
また楽しくドラマをご一緒できますよう願っております^^。こん

2015/01/18 (Sun) 11:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.