2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

1月にスタートした日本のドラマも見ています。が、ほとんどが初回だからなのか、今季はあまりインパクトが強くない様な気がして、なかなか語れずにおりました。このままだとズルズル時が流れていくばかりなので(笑、とりあえず、1月15日放送分を見た時点で視聴続行を決めたドラマのみ取り上げて、簡単なあらすじ(ネタバレ)と感想をまとめさせていただきまするネタバレですのでご注意を!。以下、一応今のところ気に入った順にならべてあります


【銭の戦争】


内容からいうとこの「銭の戦争」が一番面白いです。順風満帆なエリートサラリーマンだった白石富夫(草なぎ剛)が、父の破産と自殺をきっかけに借金地獄のどん底に突き落とされ、自分や家族を不幸にした「金=銭」に復讐を挑んでいくという物語です


おばさんは原作である韓ドラを既に視聴してしまっているため、新鮮さに欠けるという点で、ちと語りにくいのが難点です。なにせ、本来が「はた迷惑な言いたがりなので、ついついネタバレ(もしくは思わせぶり)してしまいそうで、うっかり何も言えそうにありません(ネタバレOKな方には、大昔に書いた原作のレビューをご案内しますね: 銭の戦争)。でもこれは期待通り~最後まで盛り上がってくれそうで楽しみです銭の戦争はなかなかグー♪


【だから荒野】


先週放送の第1話では、主人公の森村朋美(鈴木京香)が、家族の中で都合のイイお手伝いさんになり果てた自分を変えるため、一念発起して旅に出てしまいました


夫も息子もいるというのに、自分の誕生日祝いのためのレストランを自分で予約し、その店まで家族を連れて運転~ママタク!~、運転があるため誕生日なのに酒すら飲めず、挙句、その家族に料理や服装をけなされてようやくブチ切れたのは遅すぎだと思うほど妻が気の毒すぎ(;´Д`)


月収50万の旦那=浩光(杉本哲太)から貰う生活費は月20万だなんて、よくぞここまで我慢しましたね~


家族をレストランに置き去りにし、車で福岡に住む誕生日にメールをくれた旧友=滝川知佐子(YOU)に会いに行こうとしたまでは良かったけれど、途中、その車を、やはり旦那と喧嘩したという若い女=桜田百音(小野ゆり子)に盗まれてしまったのは痛かった。ま、この百音が下ろしていった浩光のゴルフセットを売り払ったのは痛快でござったが


ヒッチハイクをしたら売春婦と間違えられてスッカリ落ち込んでしまった朋美が、土砂降りの雨の中で出会った男性(高橋一生)は、今後朋美をどこへ導いてくれるのか~今後がなかなか楽しみなドラマです


【五つ星ツーリスト】


これはノーチェックだったのですが、渡辺直美さん初連続主演ドラマということで覗いてみました。要は京都観光のドラマなんですが、実に真面目に作られていてなかなか面白かったです深夜放送の真面目なドラマって、な~んかイイんですよね~


渡辺さん演じるぶっきらぼうだけど超優秀なツーリスト=高瀬京香と、まだまだ新人の佐竹一郎(山本裕典)のコンビも面白くなりそうです。ここに絡んでくる川端哲男(寺島進)もイイ味出してましたね


【花燃ゆ】


待ちに待っていた今年の大河ドラマですが、最初の印象はちょいと物足りない感じでした長州=バリバリの尊王攘夷を想像していたからですね~きっと。ちとイメージが違い過ぎて戸惑っているという所です


おそらくは、前評判通りの「青春群像劇として楽しめばよいのでしょうが、もう少し硬派なプラスアルファが欲しいかな~という印象です。でも、吉田寅次郎(伊勢谷友介)と小田村伊之助(大沢たかお)の友情の行方は楽しみです


【ゴーストライター】


これは、主役の中谷美紀さんと水川あさみさんの演技がかなり魅力的です。昔の栄光はどこへやら~で、今では何も書けなくなってしまった、その人気も持って3年~な「女流作家」の遠野リサ(中谷美紀)のゴーストを、ほぼ新人同然の川原由樹(水川あさみ)が務めていくようなのですが、たとえ何も書けなくても、何とか「作家」としての意地やプライドを保とうとするリサの(静かな)迫力がまずスゴイ!


1話では、ついに観念したリサが、由樹を自分のゴーストライターにすることを承諾したようなので、大体の展開は読めるものの、それをこのふたりがどう演じていくのかが楽しみです。リサの恋人で最大の理解者である一方、その実冷徹で計算高い神崎雄司(田中哲司)の悪人ぶりも見どころになりそう


【〇〇妻】


同じ日に裏で放送された「残念な夫」と見比べて、こちらを見て行くことに決めました。とは言うものの、特に強く惹かれた訳ではなくて、なんとなく見ているうちに、以前もやはり最初は気乗りせずに見ていた「家政婦のミタ」を思い出したからです。どうやら同じ脚本家のようです。


ニュースキャスター・窪田正純(東山紀之)の妻=ひかり(柴崎コウ)は、どこからも文句のつけようのない完璧な妻でしたが、実は、ひかり自身の意向から「契約妻」であり、正式に結婚はしていない~という設定のようです


ひかりは「結婚」という枠にとらわれることなく、ただひたすら正純を愛したいと言い訳しているようですが、本当の理由は何なのかを見届けなくては~というのが続行を決めた理由です。「家政婦のミタ」同様、盛り上がってくれるとよいのですが


以上でござる。今後盛り上がってきたら個別に語らせていただきますね~面白くなってくれるといいなあ( *´艸`)

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.