このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

奇皇后 あらすじと感想 第22~24話 覚悟の帰還 ほか

奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~全51話 あらすじと見どころ


ハン・ジウォンさん主演の【奇皇后キファンフ)~ふたつの愛 涙の誓い~】も毎週見ていたんですが、なかなか語れずにおりました。なるほどね~そういう展開からあのような結末(第1話)に至ったのですね~。以下3話分の簡単なあらすじをネタバレでまとめさせていただきました奇皇后のあらすじ行きますよ~(^^)/


まずは気になっていたスンニャンの子どもから見て参りましょうか


やはりスンニャンは男の子を身ごもっていました。もちろんワン・ユの息子です


いち早くスンニャンの懐妊に気づいたトクマンがあれこれ気遣ってくれたため、胎児は順調に育っていたのですけれど、そんなスンニャンを王宮の外に逃がすための作戦が、思わぬ悲劇を生んでしまいました


スンニャンは、パク・オジンが出産のため皇太后のいる寺に行く際に、その駕籠に隠れて脱出することになったのですが、そのパク・オジンを妬んだタナシルリが、兄たちに命じてオジンら一行を皆殺しにしてしまったのですタナシルリめっ!(`・ω・´)


ノ尚宮を初めとし、同じ高麗出身で、スンニャンの懐妊を喜んでくれた女官仲間(ホンダン除)を殺されたスンニャンは、命からがら逃げだします。が、身重の身で無理をしたスンニャンは産気づいてしまい、ひとり山中で男の子を産み落とすことになります


その子の足に星型のホクロがあったことから、星を意味するピョルと名付けられたこの子もまた数奇な運命をたどることになります。その後、ビョンスに見つかって命を落としたかに見えたピョルは僧に助けられ、こともあろうに、タナシルリの目に留まってしまったのです


その際スンニャンもまた胸に矢を受けて死亡したかに思われましたが、ノ尚宮が、故郷にいる母に渡してくれと託したが、スンニャンを救ってくれました。そしてその鏡には、期待通り

先の皇帝の血書これがスンニャンの切り札!(^^)/

が隠してあったのです!ノ尚宮ありがとう!( ;∀;)


それはさておき、妊娠はしていない~懐妊は絶望的だと言われたタナシルリは、何とかして子どもを授かろうと体質改善に励むも失敗して嘆いたところにピョルが現れたため、これこそ御仏の慈悲だと信じ込んで、ピョルを我が子にしてしまいます。ここは、あの星形のホクロが後にその出生の秘密を解き明かすカギになるのでしょうが、今のところは、ソ尚宮以外は全て、タナシルリに騙されてしまっています


一方、スンニャンばかりかパク・オジンと我が子まで失ったと思い込んだタファンは、とうとう失語症になってしまいます。タナシルリの産んだ(産んでませんが)子供にはまったく愛着がないらしく、もはや生きるしかばね同様です。


また肝心のスンニャンは、チョクホとともに、メバク商団のフクスという人物に捕えられてしまいます。このフクスは、以前登場したヨンビスの仲間であり、人身売買を行っているのです


~ちなみにヨンビスは、高麗で「交鈔」と呼ばれる元の紙幣の偽物を使って一儲けしていたようです。これに気づいて調査を始めたユも、まさかあのヨンビスが裏にいるとは思いもよらない様子です。この辺もなかなか面白くなりそうで楽しみです


そしてスンニャンが競売にかけられそうになったその時、久しぶりにペガンが男気を見せてくれました。奴隷の中にいたスンニャンを見つけたペガンは、大枚をはたいてスンニャンを競落してくれたのです。あの者がいなければ、今私の命はなかったっ!!ペガン、でかした!(^^)/


こうしてペガンに助けられたスンニャンは、そこでワン・ユが結婚するという噂を耳にします。ユはスンニャンが死んだと聞いて絶望し、その仇を討つためにヨンチョルの姪を妃に迎える決意をしたのですが、スンニャンにはそんなユの胸の内を知る由もありませんし、スンニャンが今望んでいるのは、個人的な幸せよりも、ユや高麗が力を付けることなのでしょう


一方この時、皇太后が各行省の長に手を回して、タファンに側室を迎えるよう画策していました。側室を選ぶのは、後宮でも「皇太后」の務めであること、以前の反乱のこともあるため、ヨンチョルは行省から「人質」を得る絶好の機会を逃さないであろうことなどをすべて計算済みでの策です


私を(タファンの)側室候補にしてください!


スンニャンはペガンに「血書」を手に入れたと明かして、ヨンチョルへの復讐を誓います


ああスンニャンはこうしてタファンの側室となるのか~と、ここは納得しきりでした。いくらユがスンニャンを妃に迎えたくても、当時の高麗の立場を考えれば、何の後ろ盾もないスンニャンが王妃になれるはずもありませんものね


ユもスンニャンも、互いを思う気持ちは変わらなくても、ふたりの願いは同じはず~他国に踏みにじられることの無い、強い高麗を取り戻すこと!それでこそ、亡くなったキ・ジャオや女官たちの無念も晴らされるというものです


キ・ジャオと言えば、ビョンスに殺されたかに見えたパク・プルファが何とか命永らえたようなのには一安心でした。お~のれ~ビョンスめ!いつかきっと成敗してくれるっ!!ビョンス許さんっ!( `ー´)ノ (もうチョン・ウンインさんには見えません


さて来週はいよいよ「側室選び」です。ワン・ユとメバク商団の攻防も気になりますし、奇皇后は続きもとっても楽しみでございまするね奇皇后も面白い(^^)/


奇皇后 韓国ドラマ・ガイド 第1巻 (講談社 Mook)
『奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~』 オリジナル・サウンドトラック

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

タルタル
はじめましてm(__)m 同じ目線で見ている方を発見してうれしくてコメントさせてもらいました。
この24回録画していて3回見てしまいました。高麗に戻って愛する人のそばで
生きる道を選ぶなんて、多くの仲間を肉親を殺されたスンニャンにはできなかったのでしょうね。哀れです(T_T)

実は私、ペガン将軍と甥っ子タルタルのコンビが大好きで、
タルタルなんでいっつもくっついてるねん!?と興味津々で見ています。

タナシルリに憎しみにギラついた眼差しを向けるタファン!
オジンちゃん殺したのがばれたのかしら、とか危惧すらしないタナシルリの
傍若無人さはムカつく親父譲りですね(^_^;)
はじめまして^^
あらんさん、はじめまして^^。
共感いただき、ありがとうございます(笑。

スンニャンの生き方には本当に心打たれますよね。
もっと自分勝手に生きてもいいのに、と思いつつも、
それではスンニャンではなくなってしまいますものね(;O;)。

ペガンとタルタル、イイですよね~。
私はおっさん好きなのでペガンの方が好きですが、
タルタルもなかなかです~。

タナシルリも、キャラ的には嫌いじゃないんですけどね~。
もちっと善人だと良かったのに~(;´・ω・)。
あの親じゃ望むべくもありませんねvv。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング