このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

流星ワゴン
 家族モノ・ホームドラマ

流星ワゴン あらすじと感想 第1話 嫁と息子の秘密を探れ!

重松清さん原作、西島秀俊さん&香川照之さんダブル主演の【流星ワゴン】を見始めました流星ワゴンのあらすじ行きますよ~(^^)/。これは期待にたがわず面白かったです~。雰囲気は全く違うんですが、その根底に流れる親子愛は、以前大好きだった【とんび】を彷彿とさせました。舞台が同じ広島だからでしょうか


初回は2時間SPと長かったので、要点だけをかいつまんで簡単なあらすじをネタバレでまとめさせていただきましたさすが重松作品~流星ワゴンが面白かった(^^)/


まず、最初に仕入れた情報通り、このドラマ~流星ワゴンの設定はファンタジーでしたでもわざとらしくなくて面白い( *´艸`)。人間には、

あの時違った選択をしていたら

と思える瞬間が必ずある、を前提に、劇中、香川さん演じる永田忠雄、通称、忠さんが語ったように、

「懐かしのバック・トゥ・ザ・フューチャー

の如く、人生をやり直せるかもしれない時点に時空旅行をするという設定です。ここでの「タイムマシン」が、タイトルの「流星ワゴン」であり、その水先案内人は、昔交通事故で無くなった親子=橋本義明(吉岡秀隆)とその息子の健太(高木星来)なのが、なんとも楽しくも切ないところでやんすこの親子がまたたまらんね~( *´艸`)


西島さん演じる主人公の永田一雄は今まさに人生崩壊の危機に瀕していました。妻は恋人を作って家を出て離婚届を送ってき、中学受験でつまづいた息子はDVで暴れ放題です。一雄本人もリストラされてしまった上に、故郷の広島にいる父=忠雄も末期がんで余命いくばくもありません


そんな一雄を橋本が運転する流星ワゴンが迎えに来ました


もし人生をやり直すことができるとしたらどうしますか?


最初に一雄が戻ったのは、一番初めに妻の浮気相手らしい男を目撃した場所でした。その時は深く追及もせずいましたし、今度もまた、声を掛けることすらできずにいると、そこに、つい先日見舞ったばかりで瀕死の重傷のはずの忠雄が、

一雄同様43歳の姿

となって現れます。なにやっとんじゃ、おまえ!嫁の浮気を止めんかっ!!どうして黙ってるんだ!


忠雄は、自分がなぜ若くなって息子の前に現れたか、その理由は分からないが、一雄の事情は全て把握していると言います。一雄が過去に戻ったのは、今現在直面している危機を回避するため、人生をやり直すためであり、自分はきっと、そんな息子を

朋輩(仲間)」

として後押しをするために遣わされたに違いない!!というのです。


その後一雄は「父」ではなく「忠さん」とともに、自分の過去を振り返っていきます


息子の広樹(横山幸汰)がなぜ暴れるようになってしまったのか、嫁の美代子(井川遥)は、いつから一雄を愛せなくなったのか


それと同時に、一雄は自分の父に対するわだかまりを見つめていくことになります。忠雄は地元で「サラ金」をしていたらしく、幼い一雄は友だちから父の職業を非難され、いつしか忠雄を憎むようになってしまったそうなのです。


でもそれもこれも、一雄が幼かったばかりに、そして忠雄が素直じゃなかったばかりに生じた小さな誤解がいくつも積み重なったからだということが次第に分かってきます


広樹が受験のことで苦しんでいることが分かっても、気の利いたこと1つ言えない「不器用な父」になってみて初めて、父の職業を嫌って家出をした自分を必死で捜したくせに、それを口に出せなかった忠雄の気持ちが理解できるようになったのです


また美代子に対しても、離れていく心をつなぎとめるため、必死で取りすがる一雄です。自分は父とは違う~好き勝手なことばかりして家庭を省みなかった父とは異なり、家庭を大切にしてきたはずだ~一雄はそう考えていたようですが、それが実は思い込みであり、一雄は、

妻と息子の自主性を重んじる物分かりの良い夫であり父である

自分を過信して、いつしか

家族に無関心な夫であり父

になってしまっていたことに気づかされていきます。それを分からせてくれたのは、暑苦しくも愛情たっぷりな忠さんなのです。


このふたりが(おっさん同士で)遊園地に行った際、忠雄が初めて「笑顔で写真を撮ったというくだりも象徴的でしたね。職業柄なのか、忠雄の写真の顔はいつも強面で、死が間近に迫った父のために遺影用の写真を探そうとしたのに、笑顔の写真が1枚も無かったそうなのですから


愛情深くて優しかった忠さんが、なぜあんな仏頂面の金の亡者になってしまったのでしょうか~その理由も今後あきらかになっていくことでしょう。


その後、ふたりの苦労の甲斐あって、美代子は男との逢引を取りやめて家に戻り、広樹もまた、その苦しい胸の内を打ち明けてくれます。また一雄は仕事でも、家族に対する態度同様、リストラを回避すべく万全の策を取りました


本来なら、いつもこのように、妻や息子のいつもと違う行動や表情を見逃さずに気を配り、仕事でも、決して妥協せずにベストを尽くしておけばよかったのです。それを甘えや怖れ、怠慢から、それらに自分で目をつぶってしまって招いた結果が「現在」なのですが、人間は愚かな動物なので、何もかも、失ったり傷ついたりしてからでないと、その自分の愚かさに気づかんのどす


でもこれで、すべての危機は回避できた~美代子は離婚を思いとどまり、広樹のDVも収まり、会社もリストラされずに済む!


そう思っていた矢先、会社の後輩から、企画が没になったという連絡が入りました。そんな馬鹿な!慌てた一雄の服のポケットには、美代子から送られてきた離婚届が入っています!?現在が変わっていないっ!?


やはり人生を変えることなどできないのか!?


嘆く一雄に、忠さんはこうアドバイスしました


嫁の付き合っている相手はやくざのようだったし、広樹はポケットにナイフを忍ばせていた。まだまだお前の知らないことが隠されているんじゃないのか?もっと根本的な何かを解決しなければ、人生を変えることはできないのではないか?


いやいやこれは実に楽しくなってきそうでござるね流星ワゴンは続きもとぉ~っても楽しみでございまする流星ワゴンが楽しみ(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は流星ワゴンのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

おはようございますー。
流星ワゴン面白いですねー 思ったのが最初のタイムスリップ(企画書提出の時は)と二度目のタイムスリップはもしかしたら時空が違うって事なんかなーと。それで新しい企画書も存在しなかっのか、もしくは、ケンカでヤクザに二人がやられてるところでクルマに戻ったので巻き戻し(リセット)されて企画書自体も無くなったとかなーと予想しています。
原作は見てませんが、遺影が二人で撮った写真使って最終回に一雄が泣いているシーンで終わりになったりするのではと妄想しております笑
どちらにしても2話目も期待大ですねー。
それと、忠さんの老人の特殊メイクはもう少し凝って欲しかったですね(^^;
お、通な見方ですね(^_-)
ヒデさん、こんにちは~♪
流星ワゴン、面白かったですね~。

おお、ヒデさんは「タイムスリップ」に焦点を当てて
ご覧になっているのですね~。それもなかなか面白そうです( *´艸`)。

自分は香川さんの忠さんが楽しすぎて、
他に目が行きませんでした~ああいう暑苦しいおじさん大好き(^^)/。
も~一挙一動、目が離せません(爆。
そうそう、あの特殊メイクも笑った~(≧▽≦)。

来週の放送も今からとっても楽しみですね( `ー´)ノ。こん
No title
こんにちは~v-290

実はデパートのシーンでエキストラに参加したんです~
でも、ほんとに秒殺で消えましたv-292

原作も読んだのですが、さすがドラマのTBS。
ほんと、おっしゃるとおり、とんびになんとなく似た雰囲気がありましたね。

30年前の出来事も深く掘り下げて描いているから、本よりもチュウさんに対して親しみがわきました。

カズを探していたとこなんて泣けた~

またお邪魔します!

おぉ~っ!ホンマでっか(゜o゜)
みどさん、こんにちは~♪

おお~みどさんがどこかに映ってらしたのですか?
録画消すんじゃなかったなあ~(^_-)。

ね~忠さん、実に良かったですよね~。
あの子煩悩はトンビのヤスを思い出しますよね~(;O;)。

今後の展開が今からとっても楽しみですね(^◇^)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング