2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ヒュー・ローリー主演のDr.HouseHouse M.D.も、まだ何とか懲りずに見ています。もういい加減ネタが尽きた感じで、そろそろ限界ちゃうか~と、もうほぼ「義務」のように見続けておりますが、今回の「セカンド・チャンス」はなかなか面白かったので、久しぶりに語る気になりましたDr.Houseのあらすじ行きますよ~(^^)/。というより、まだ見てます、のお知らせでしょうか


予想通り、ハウスはカディに愛想を尽かされてしまいましたが、カディとて、好きでハウスを突き放した訳ではないため、今度はハウスに「罪悪感」を抱いてしまっているようです。こうなってくると、完全にモラハラですよね~気の毒なカディ


これをまたハウスが意地悪く利用するのが、もはや見ていて痛々しい限りでござる。大型テレビや一輪車スクーターはまだしも、グリーンカード目当ての女性を連れてきて、ハウスキーパーと娼婦代わりに結婚を承諾(=詐欺)するなんて


まあこれはでもカディのことが無ければ~ウィルソンがついつい納得してしまったように~いかにもハウスらしいと苦笑するところですが、カディに見せつける、っていうのが、いかにも卑怯で大人げない所業です


でも結局はハウスも自分の愚かさが分かっていて、最後には自己嫌悪に陥ってしまうという、これまでにも散々繰り返されてきた展開がね~、もうハッキリ言ってかなり鬱陶しいでござるよも~かなり飽きてきた(-_-;)。ま、現実社会にも、あそこまで極端ではなくても、あの手の「大人子ども」はたくさんいますし、これはまだドラマだから=見ているだけだからマシですが


一方、面白かったのは今回の患者です。公園で火傷を負ったホームレスが、なぜか入院後、次々と「難病」を彷彿させる症状を呈してきました。最初は遺伝かドラッグか~と、いつも通り様々な診断を下していましたが、最後には、

「ベジタリアン用のダイエット食

が問題だったということが判明します。患者は「レフサム病(Refsum disease)」であり、野菜をメインに摂取したことでフィタン酸という脂質代謝産物が体内に蓄積し、様々な異常を引き起こしていたのだそうです。


どうやら昔、父親から虐待を受けていたらしいその患者はもう死を覚悟していたのに、今後は「食事制限」をすればよいだけだと聞かされると、自分は神に許されたと喜びます


いったい彼は過去にどんな過ちを犯していたというのでしょうか?


なんとですね~。この男性は、FBIから指名手配を受けた連続殺人犯~しかもその被害者を食っていたというのですから驚きです。彼の体内に残っていた「骨」は、決して鳥の骨ではなく人骨だったのですね~。これにはビックリですこのオチは楽しかった(^^)/


つまり今回ハウス及びチームは殺人犯の命を救ったのみならず、「菜食主義はいけないとダメだしして、再び彼を社会に送り出してしまったという訳です


誰に何を言われても最後まで彼を信じたマスターズが気の毒でした


さて、シーズン7も残すところ後6話~こうなったら何があっても最後(シーズン8)まで見届ける所存でございまするDr.Houseも頑張って最後まで見届けます


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.