2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

デビアスなメイドたちのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけますデビアスなメイドたち あらすじと登場人物一覧


デビアスなメイドたち】(Devious Maids)は3話の「拭いたい過去」(Wiping Away the Past)もなかなか面白かったですね~。こういう軽さはアメドラならではですな。以下簡単なネタバレのあらすじですデビアスなメイドたちのあらすじ行きますよ~(^^)/


まずは最も気になっていたパウエル家の秘密が今回少しだけ明かされましたので、そのご報告から


エドワードは、そこかしこから娼婦を集めてきては友人たちに斡旋しているのだそうです。殺されたフローラもその一人だったほか、なんとあのテイラー・スタッポードも元は娼婦だったのだそうです。というより、元々女優になりたくてビバリーヒルズにやってきたのがさっぱり芽が出ず、ウェイトレスをしていたところをエドワードに誘われたのだとか。以前はそれをネタに脅迫されていたのですね~納得


エドワードが「intimate get-togethers」(親密な集まり)と呼んでいるこの「趣味」は、エヴリンには「disgusting little hobby」(おぞましい些細な趣味)として黙認されているそうです。もちろん、愉快ではないでしょうし、

He is what I deserve.
(そんな卑しい)エドワードは私に相応しい

と言っていたのも気になりますね。つまり、エヴリンにも、そうして自分を卑下するに足る、何か後ろめたい秘密があるということでしょうから。


今回は、このエヴリンが昔交際していたらしいマックスウェル・ローズという男性が、その妻と離婚したからとパウエル家を訪ねたところをエイドリアンの餌食になってしまったようでした


いったいこのエイドリアンの目的は何なのでしょうね。これをネタに友人たちを脅しているのか、はたまた、江戸川乱歩の人間椅子のように、単にその光景を覗き見するのが趣味なのか


一方、この「拭いたい過去」を、こともあろうに夫の元妻オリヴィアに知られたテイラーは大慌て皆に知られたら大変だ!。ここは、マリソルの機転でもって事なきを得ましたが、そのマリソルは、殺されたフローラが娼婦だったと聞かされて愕然としてしまいます


また、子どもを引き取ろうと奔走しているロージーは、弁護士から多額の手数料を要求されて困っていたところ、スペンスが、ペリに内緒でその金を都合してくれます。喜びのあまり、ロージーがスペンスに抱き付くと、ロージーは思わぬ足ごたえ)を感じてビックリ。そんなまさか!?


この話を聞いたメイドたちは皆こぞってスペンスを牽制すべきだと忠告しました。ロージーもその気になって、もう60を超えた、妻子アリの庭師をBFにしたてますが、逆に、スペンスにその嘘をすぐに見抜かれて、「キュウリ」)の話をせざるを得なくなってしまいます


Oh, I am so embarrassed.
なんて恥ずかしい!


むしろ気づかれていないと思っていた方が不思議でござるが、こうして懸命に謝っていたスペンスは最後にポロリとこう漏らしてしまいます


It was never my intention for you to know how I feel about you. 
(僕の気持ちを君に伝えるつもりはなかった)


スペンスも、浮気女のペリなんぞとは別れて、ロージーと一緒になればいいのに


また、こちらもシンデレラストーリーを夢見ていたヴァレンティナは、ジャンヴィエーヴの許可は得たものの、肝心のレミがまだそこまで盛り上がっていないようです。二人の交際がゾイラの気に障るなら、付き合うのは止めよう~なんて言われちまいます


そのゾイラですが、彼女がああも反対するのは、自分の過去が原因だったようです。ゾイラはその昔、ジャンヴィエーヴの弟アンリと付き合っていたそうなのですが、ジャンヴィエーヴが他のセレブ女性(シンシア)を紹介すると、アンリはこちらに乗り換えてしまったそうなのです


今やパブロという夫を得て、あんなに大きな娘までいるゾイラですが、アンリに対する感情はかなり強かったらしく、今回アンリが姉に電話をしてきたのをいいことに、ビバリーヒルズに来るよう促します~今さら何をするつもりでしょうか


そして残ったひとり~カルメンは営業活動が奏功し、ベニー・ソトという評論家?に認められることになります。ベニーに会うために、サムに頼んでロールスロイスを出させたカルメンはもはやさすがというほかありません


でも結局ベニーはカルメンの体目当てな気がするんですけどね~。毎回利用されながらも、カルメンをひたすら心配してくれる優しいサムが気の毒でござるね


と、今回はこれぐらいだったでしょうか。


デビアスなメイドたちは続きもとっても楽しみですねデビアスなメイドたちも面白い(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.