2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ダウントン・アビーのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: ダウントン・アビー あらすじと登場人物一覧


英国ドラマ、【ダウントン・アビー2】(Downton Abbey)の第7話は「奇跡」です。以下早速ネタバレですダウントン・アビー2のあらすじ行きますよ~(^^)/


予告通り、そして期待通りマシューは元通りに回復することが判明いたしました。というのも、マシューの脊椎は決して断裂していた訳ではなく、その機能が低下していただけらしかったのに(spinal shock)、クラークソン医師が敢えて悲観的な診断を下したのだそうです。マシューはそれで人生を諦めなかったから良かったものの、もし万が一あの告知が悲劇を生んでいたら謝罪だけでは済みませんよね


マシューはこれまで献身的に自分を支え続けてくれたラビニアとの結婚を皆の前で宣言します。が、その時のメアリーの顔を見ていたバイオレットは、メアリーがまだマシューを愛していることを確信してしまいます。その譬えがまたふるってましたね~墓の上で目覚めたジュリエットのようだった、なんて


Mary is still in love with you. She looked like Juliet, on awakening in the tomb.


歩けない時は世話をさせておいて、いざ回復したら捨てるなどと言う非道なことはできないというマシューに、バイオレットは人生の先輩ならではのアドバイスをしますMarriage is a long business.(結婚は長期にわたるビジネスだ)


今回マシューはまだ心を決めかねているらしく、マシューとラビニアの結婚式の準備は着々と整えられておりましたが、予告ではついにマシューがその思いの丈をメアリーにぶつけるようでしたよね


一方、メアリーとリチャードの関係も徐々に悪化していきます。こちらは、マシューに嫉妬したリチャードがアンナを呼び出して、メアリーの行動を見張って報告するよう命じたからです


アンナは早速これをカーソンとエルシーに報告し、カーソンはメアリーにこれを告げて、ふたりの執事になることはできないと申し出ました。カーソン的には、これでメアリーにもリチャードに愛想をつかしてほしかったのでしょうが、メアリーはその辺、なかなか律儀なのですよね。たとえリチャードの品性が卑しかろうと、一度結婚を餌にして助けてもらったからには、そう簡単に破断にはできない一度決めたことはそう簡単に覆せない!( `ー´)ノ


それでもさすがにマシューが本音をぶつければ別でござるよね~。健気なラビニアには本当に気の毒だけど、来週の放送が今から待ち遠しくてなりませんメアリーには幸せになってほしい(^^)/


また今回は、本来誰もが待ち望んでいたはずの

「終戦」

が皆に思いもよらぬ変化をもたらしています


これまた予告でメイドのジェーンにキスをしていたロバートも、ジェーン自身に恋をしたというよりは、自分の存在価値が薄れたためのやるせなさの発露だったようでした。これが後にのっぴきならないことにならなければ良いのですが。せいぜい、ジェーンの息子のフレディの学費を援助する位に留めないとね


終戦後もやる気満々のイザベルを鬱陶しく思い、体よく追い払ったはずのコーラも、いざ、療養所を閉鎖するとすっかり暇になってしまい、今度はイザベルを手伝うため、頻繁に外出するようになったのだとか


シビルやイーディス同様、こうして女性たちが「仕事」に生甲斐を見つけていく時代なのですね~。お屋敷で何もせずに?どんと構えていたご主人様は「濡れ落ち葉」になるしかない、と言うことでしょうか。ロバートも、奉仕活動なりなんなり、生甲斐を見つけられればよいですのに。


そのシビルはついにブランソンとの駆け落ちを決意します。が、覚悟を決めて家を出たものの、この出奔をメアリーに気づかれて、家に連れ戻されてしまいます。結婚したいなら、こそこそ逃げるようなことはせず、まずは両親を説得することね。


また、こちらも気になっていたトーマスの闇市ですけれど、なんとまあマヌケなことに、トーマスが全財産をはたいて購入したのは不良品ばかりだったようです


マシューの結婚式を控えて品薄を嘆いていたパットモアに、これ見よがしに提供した小麦粉には石灰が混じっており、砂糖漬けのピールは古すぎて味が変わっていたそうです。いくら日持ちがするって言っても、限度がありますよね~


これまでは、その抜け目のなさが売りだったトーマスも、所詮は井の中の蛙だったということでしょうか


そして、これまた大いに気にかかっていたヴェラの死因はどうやら服毒自殺だったようなのですが、問題はその「毒」です。それはおそらく、ヴェラがベイツに言って買って来させたネズミ取り用のヒ素だったらしいのですけど、ヴェラは弁護士に、ベイツに殺されかねないと暗示した手紙を送っていたそうなのです


となるとやはり、万策尽きたと観念したヴェラが、ベイツを陥れるために自殺をしたのでしょうか?女の執念はすさまじい(;´・ω・)


ここはアンナの言う通り、疑われる前に何もかも正直に告白した方がよさそうな気もしますけど。その時代の警察はどうだったのでしょうか。


また、ブライトン少佐の子どもを産んだエセルは、少佐の両親がダウントン・アビーを訪れると聞いて、早速その昼食の席に乗りこんできます。少佐の父親は頑としてその事実を認めようとはしませんでしたが、母親の方は気にしてくれていそうでしたね。でも、どのみち話が付いたとしても、子どもを奪われるだけのような気がするのはおばさんだけでございましょうか


さて来週のダウントン・アビー2は「突然の悲劇」だそうで、それが何を意味するのか怖いような気もしますけど、やっぱり、待ち遠しいですねダウントン・アビー2から目が離せん!


  
英文のスクリプト~視聴のお供にいかがですか?



【Amazon.co.jp限定】ダウントン・アビー ファイナル・シーズン ブルーレイBOX(全6シーズン収納BOX付き) [Blu-ray]

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
米俵  
もりだくさん!

こんさん、こんにちは。今回、超もりだくさんな内容でどこから手を付けていいやらーですねー。

最近のお気には、バイオレットさまですね。口を開くたびにかわいいこと、面白いこと言ってくれるのでわくわくします♪

ベイツさんは、私が個人的にそんなに興味がないのもあるんですが(ごめんねアンナは大好き)、早く順調に進んでほしいです。

ダウントンは、上の階の人も下の階の人も誰かのために動いている、事が多くってなんだかそれが好きだなぁと感じます。それが結果自分のためだとしても、見ていて心が温まる感じです。


そうそう、記事の題名が第7話になっていましたのでお知らせまで。

2015/02/06 (Fri) 02:56 | EDIT | REPLY |   
米俵さんへ  
ご指摘感謝です(^◇^)

米俵さん、こんにちは~♪
まずはご指摘ありがとうございました!助かります~( *´艸`)。

で、本当にダウントンアビーは内容がてんこ盛り過ぎて大変です。

うふふ、アタイもバイオレットがサイコーに気に入ってますよ~(^^)/。
んも~あの貫録と言い、お茶目さと言い、実に素敵でやんすね。

ぶはははは~ベイツには自分も深い興味はありませんよ~。
むしろ、カーソンの方がタイプでしょうか(爆。

まさにおっしゃる通りで
ダウントンは社会の縮図そのものですよね~。
皆勝手なことをしているようにも見えるけど、
でもどこかでふと隣人を思いやらずにいられない優しさがいいですよね^^。

次回もとってもたのしみですね~(^_-)。こん

2015/02/06 (Fri) 09:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.