このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ゴーストライター
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

ゴーストライター あらすじと感想 第4話 彼女たちの罪は何?

ゴーストライター】の4話では、ついに、リサと由樹の立場が逆転してしまいました。これは当然予想された展開でしたが、いつまでも「雇い主」として居丈高に由樹に原稿を催促するリサに対し、由樹が反旗を翻したのですゴーストライターのあらすじ行きますよ~(^^)/


まだ書けないの?落とすことはできないのよ!


そんなに言うなら、自分で書いたらいいじゃないですかっ!!


リサが由樹に「土下座」までする姿に、由樹は失望を隠すことができません。リサは由樹の憧れの作家であり、ずっと「手の届かないだろう目標」だったからです


そんな栄光など今のリサからは微塵も感じられなくなり、それを認識した由樹は初めて、リサと対等な立場

共犯者

となったことを自覚します。


リサのゴーストライターになることで、自分の作品が多くの人の目に触れたことをただ単純に喜んでいたのが、次第に、読者や世間を騙していることに

「罪悪感」

を覚えていく由樹。この辺がこの由樹という人間の純真で誠実な(だった)ところですよね


由樹の名で出版された小説は結局200冊しか売れなかったそうなのですが、それを買って読んでくれた浩康は、もう一方の由樹の著書である「遠野リサ」の小説にはまったく関心がありません


本当に読んでもらいたい人には読んでもらえない


このいら立ちが、リサへの嫉妬に繋がり、いずれはリサに取って代わろうという野心に繋がっていくのでしょう


予告では、由樹が皆の前でリサのゴーストライターであると告白していたようです。編集者の真奈美や、リサの息子の大樹もゴーストの存在に薄々気づいていたようですものね。特に真奈美は、リサが由樹の作風に感化されたとまで指摘(誤解)していましたから、事実が明るみに出ても何ら不思議はありません


でもここでふと、ごく初歩的な疑問がふつふつと湧いてきてしまったおばさんです


由樹がリサのゴーストライターという事実が世間に知られた場合、いったい誰がどんなに問われるのでしょう?


由樹とリサはおそらく契約を交わしているのでしょうから、これはいわゆる「代筆」であり、犯罪ではないのではなどと思ってあれこれ調べてみたところ、どうやらそう単純な話ではないようです。


著作権法には「著作者名称詐称罪」という刑事罰が定められていて、実際の著者ではない人間が、自分を著者だと偽った場合には(ここではリサ)、

1年以下の懲役、もしくは、100万円以下の罰金

が課せられるのだそうです。つまり、このゴーストライター契約は明らかな「犯罪」となるため、その契約は無効になってしまうということです


ということは~この点だけで言えば~罪を犯したのはリサということになりますよね。それに実際の事情も、リサが書けなくなったから、由樹に(無理矢理)書かせた訳ですし。


となると、予告にあったように、もし由樹が自分がゴーストだと名乗り出ても、ダメージを受けるのはリサだけだということでしょうか?


大抵、このようなゴーストライターをテーマにしたフィクションでは、ゴーストは本人より見た目が悪いというのが相場だと思うんですが、由樹はその点、

現在の遠野リサのファン層

を満足させるに足る十分な美貌を備えているので、由樹にとってはむしろ売り出す絶好のチャンス到来ということなのかな


一方、今や自分が、憎んでいた母親そっくりの支配的な人間になってしまったと嘆くリサですが、個人的には、いったいなぜそこまでして今の座にしがみついていたいのかがよく理解できません。小説やエッセイだけじゃなく、

「映画制作」

が関わってきたために、今さら後には引けないというところなのでしょうけれど、あれじゃあ、いくら「共犯」だなどと言ってみたところで、称賛されればされるほど、リサ自身が虚しく惨めになるだけだろうに。


嫌っていると口では言いながら、実はいまだに母親の支配下にあるということなのでしょうかね。あなたはそんなことで満足する人間じゃない!まだまだ上に行けるはず!!って。そう言った母親は既に何も覚えていないというのが、なんとも皮肉でござりまするが


さてさて来週はいったいどんな展開が見られるのか~続きもとっても楽しみですねゴーストライターもなかなかです



これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はゴーストライターのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング