このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

Dr.House
 医療モノ

Dr.House S7 ep18 帰ってきた13番

ヒュー・ローリー主演のDr.HouseHouse M.D.シーズン7の18話は「帰ってきた13番」(The dig)です。先週語ったので当分語らなくていいと思っていたのでございまするが、今回はまたなかなか良かったのですよ。以下、とても簡単なネタバレのあらすじですDr.House S7のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回ハウスは、診断をチームに任せて「バズーカ大会」に出かけました。これは毎年の年中行事だそうなのですが、今回は単なる口実で、実際にはサーティーン(13番)ことレミーが出所するのを刑務所に迎えに行ったのです


なぜレミーが(半年間)服役することになったのか


その理由を「dig」(探る)ハウスですが、レミーはなかなか理由を明かしません。それもそのはず、理由は彼女の抱える病~ハンティントン病にありました。この病は、母親やレミーだけではなく、兄も患っていたのだそうです


レミーは、自分で「死」を選ぶことさえできなくなった兄のため、彼を安楽死させたそうです。


兄は私が楽にしてやれたけれど、私にはもう誰もいない死ぬ時はひとり(;´・ω・)


そう寂しそうに語ったレミーを前に、その時は何も言えなかったハウスだけれど、最後、再び同僚として働くため、ブレインズボロに降り立ったレミーに、キッパリこう声を掛けますここが実に良かったね~


I'll kill you. When the time comes, if you want me to.
(その時が来ておまえがそう望んだら、俺が楽にしてやる)


自分もまた、例えようもなく辛い経験をしてきたハウスだからこそ示せる優しさを、とても人間らしい思いやりを、ハウスはちゃんと持っていると思うんですけどね~


確かにハウスは実にめんどくさい生き物ではあるけれど、その彼なりの「思いやり」だけではカディは満たされなかったというのが残念です。ひとりの人間に対して、100%の愛を自分に向けるよう求めるのは土台無理な気がするんですけどね。もしそう見えるとしたら、そこには必ず「嘘」があるような気がするのはハウスだけではないと思います


あ~こういうハウスが見られるから、このドラマを止めることができません。やっぱりおばさんは(一人の人間として)ハウスが好きだ~。カディもそれなりにイイ年なんだから、ロマンティックな関係だけじゃなく、人間としてハウスを見てやればよかったのに。あ、そっちのほうが大変か。。。


他、チームが対処した診断に関してはあまり印象に残らなかったため、割愛させていただきまする。毎度のことながら、勝手な言いたい放題レビューで申し訳ござりませぬDr.Houseも止められない( `ー´)ノ


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はDr.Houseのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング