このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

だから荒野
 社会派

だから荒野 あらすじと感想 第5話 息子の家出

鈴木京香さん主演の【だから荒野】は5話の「息子の家出」もなかなか面白かったですね。以下、簡単なネタバレのあらすじですだから荒野のあらすじ行きますよ~(^^)/


まず、そのタイトル通り、朋美の息子の優太が長崎に家出をしてきました。優太がTwitterで「長崎のイルカの水族館にいると発信したのを見た朋美が早速駆けつけていきます


「すみません!また中抜けお願いします!!


確かに優太を捕まえるのは最優先事項なれど、無事見つけられて良かったけれど、パートのおばちゃんがこんなことばかりしていたらクビになって当然ですよね。今や長年働いているところでさえ、休みを取るのは憚られる時代なのに。


案の定、あっさり解雇されてしまった朋美を、こちらはふらりと現れた亀田が励まします。じっくり時間をかけて、他の仕事を捜したらいい


その亀田ですが、詐欺師というのはおばさん(と朋美の)早合点だったようです。亀田がともにいた女性は、亀田がボランティアでお世話している認知症の女性なのだそうです。私が亡くなられた御主人だと思っている方が、心穏やかでいられるようなので。あの香典のくだりもミスリードだったんかな


その女性の甥に殴られたらしいのに、それを怒るどころか自分が胡散臭いからだと苦笑する亀田は、養護施設で育てられた孤児だったそうです。今でもその施設に通い、まるで本当の弟妹のようにそこの子供たちの面倒を見ているのだとか


今回亀田はその子供たちにも山岡の語りを聞かせようと、彼らを原爆資料館に連れてきました。朋美とともにしばらく山岡宅に居候することになった優太も一緒に連れていきます。


案の定、以前訪れた〇カップルたち同様、子どもたちはすっかり退屈して皆帰ってしまうのですけど、ただ一人、優太だけはその山岡の姿に深く感動したようです


皆からシカトされても(自分の語るべきことを譲らず)語り続ける山岡はカッコいい。お父さんなんかよりずっと!!


一方で、母親に対して平気で「死ね」と言うらしい優太を、山岡がきちんと言葉で叱ったのもよかったです。本気じゃないと言い訳した優太に対し、山岡はこう諭して聞かせました:


想像力の無い言葉は人を傷つけます。それをよく覚えておきなさい。


学校でも浮いているという優太こそ、その「想像力の欠如」の被害にあっているひとりに違いないのです。


また、その「お父さん=浩光」がまた何とも情けない限りでした。朋美の家出以来来てもらっていた母親には見限られ、その上、長男の健太までもが、恋人と同棲すると家を出てしまいます


「お父さんはいつも自分勝手。そんなんじゃ、お母さんは戻ってこない


会社で妻同伴の行事があるから朋美を連れ戻すと豪語した浩光は健太にそう言われてしまいます。この息子たち、それぞれに口も態度も悪かったけれど、見るべきところはちゃんと見ていたのですね


それでも浩光は懲りることなく、来週朋美を連れ戻しに来るようですが、あらかじめ電話を掛けた際に、それに受け答えた亀田のことも気になっているようです。あんなに若い男と一緒だなんて!浮気するために出ていったのかっ!?


これではたとえ長崎まで出向いても、朋美も優太も戻ってきそうにありませんね。果たしてこのドラマは、こんな浩光にも成長の機会を与えてくれるのでしょうか


終始静かなトーンで展開される「だから荒野」は、見ているだけで心が穏やかになってきますね。続きもとっても楽しみですだから荒野もそろそろ終盤(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はだから荒野のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング