2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ゴーストライター】は、5話に来てようやく全体像が見えてきました。前回までは、いったいこのドラマはどこへ行こうとしているのかが今一つ分からなくてもやっとしていたのですけれど、ここに来て由樹の心情が理解できたことで、大いに得心がいったおばさんです。まったく~

人を馬鹿にするのもいい加減にしろよっ!!ゴーストライターの感想です(^◇^)

ってな心境でござった。以下、簡単なネタバレのあらすじ感想文ですネタバレありです~ご注意を♪


ゴーストライター」というタイトルからおばさんが想像していたのは、野心的なゴーストによって本体(?)が食いつぶされる~なイメージだったのですよね。このドラマで言うと、リサが書けなくなった時に、ちょうど由樹が積極的に自分を売りこんできて、ふたりの利害関係が一致したのをいいことに、由樹がいつしかリサに取って代わった、的な


実際も、リサがことあるごとに指摘していましたよね。由樹が、たとえゴーストとなってでも書きたいのは、小説家としてのサガだと、書いたからには一人でも多くの人に読んでもらいたいと思うのが小説家だと。だから決して、

由樹がゴーストライターになったのはリサに強制されたからではない

と。


確かにこれは的を射た指摘ではあるものの、でも、だからと言って、リサには何の落ち度もないという釈明は単なる詭弁でしかありませんよね。由樹の内なる欲望を目覚めさせ、駆り立てたのは他ならぬリサ本人なのですから


「私たちは共犯者」


リサのこの言葉に、一生「ゴーストライター」として生きていく決意を固めたという実に純真な由樹は、その日陰者としての立場をまったく惨めには思っていなかったようです。私たちは「ふたりで遠野リサなのだからという、そのリサの言葉を心から信じていたようです由樹が純真すぎて気の毒(;´・ω・)


それなのにリサは、息子の大樹にゴーストを見破られ、あろうことか、出版社宛に手りゅう弾のレプリカまで送りつけられて、

「小説家、遠野リサは死ぬべきだ

と脅されたため、ついに小説家としての人生を断念する決意をするのです。そこまではいい


が、それ即ち、「ゴーストの存在」を明らかにして、過去の栄光だけをとどめておこうとするのかと思いきや、なんとリサは、由樹まで抹消しようとします。これは神崎の主張ではあったものの、リサが同意したことに変わりはありません


もし川原由樹を小説家として世に出したら、いずれ、君のゴーストだったことが知られてしまう


文壇の女王としての自分の立場を守るため、ひとりの才能あふれる作家を葬り去るなどというエゴが、はたして許されて良いのでしょうか?何様のつもりだっ!( `ー´)ノ


リサが引退するという決意を聞いた由樹は、リサがそう言ったそばから、自分にも小説を諦めるよう勧めたのを聞いて、リサの本意を悟ります


さんざん利用しておいて捨てるなんて許せないっ!!


個人的には、これまでずっとリサの心情の方が共感しやすかったのですけど、さすがにこうなってはもはや肩を持つわけにはいかんですね~。本来憎むべきは、リサに入れ知恵した神崎なのは変わりませんが、それに乗っかったリサもリサです。あれでは大樹に

「卑怯者

呼ばわりされても致し方ありません


映画「エターナルレシピ」の試写会で、華々しく引退を表明しようとしていたリサの前に、そのリサとまったく同じ服装をして、髪も短く切って現れた由樹が不敵な笑みを浮かべて、自分が遠野リサのゴーストだと告白した時には拍手喝采でございました。予告を見た時とはまったく違った印象です。ちなみに由樹には小田が味方になってくれています


来週はどうやらこの問題が法廷に持ち込まれるようです。多額の賠償金の支払いを回避するため、出版社はリサを全面的にバックアップする構えのようです。実力はあっても名もなき由樹が、これにどう立ち向かっていくのでしょうか由樹、頑張れ!( `ー´)ノ


リサから「エターナルレシピ」の小説を渡された浩康なら、このニュースを聞いてこれを読み、由樹が書いたものだと信じてくれるだろうけれど、いかんせん、力がありませんものね~。ここはやはり世間の声を集めるしかないでしょうか


何にせよ、由樹には是非頑張って一矢報いてもらいたいものです理不尽な扱いを許すなっ!( `ー´)ノ。そして、可能であれば、リサも己の愚かさに気づいてほしいものですが


ゴーストライターは続きもとっても楽しみですゴーストライターが面白くなってきた( *´艸`)



これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.