2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ワンス・アポン・ア・タイム2のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ワンス・アポン・ア・タイム2 あらすじと登場人物、キャスト一覧


ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2】(Once Upon A Time S2)の20話は「悪い女王」(The Evil Queen)です。これは先読み好きの悪い癖なんですけど、今回もまた、本編よりも予告の方がエラク気になってしまったおばさんです。以下早速ネタバレですワンス・アポン・ア・タイム2のあらすじ行きますよ~(^^)/


なんとですね~どうやらタマラとグレッグもといオーウェンは、何者か~組織の下で働いているようなのです。タマラは予告でこう言っておりました


I think the home office is gonna have a field day with everything we collected so far.
本部は私たちが集めた結果に大喜びするはずよ


しかも今回、敢え無く彼らに捕まってしまったレジーナは、その魔力を封じ込められ、人体実験をされているようなのです?!これまたロスト系の展開が!?( ;∀;)


これまでは魔法だの呪文だのとファンタジーで来たのが、ここに来てついにそこに「科学」のメスが入ってくるということでしょうか。今回レジーナの魔力を封じたのも、なにやらすごそうな代物でした


タマラとオーウェンは、拉致してきたフックを使って、レジーナにわざと「コーラのリストバンド」を欲しがるよう仕向けました。ここでフックが、自分もコーラの友人だったから「遺品」を手放したくないと語った時点でも~違和感大ありでしたよね


そのバンドは、見た目は革製ですが、その中に人智が作りうる最高の金属と器械が埋め込まれており、レジーナの中にある骨の一本一本に沁み込んだ魔法に対抗しているのだそうです。このセリフもまたいかにももったいぶってましたね~


The toughest metals and machinery known to man are right now counteracting every magic bone in your body.


今回レジーナは、当初ストーリーブルックに仕掛けておいた自爆装置を爆破させ、自分はヘンリーだけ連れて、魔法の森に逃げる算段をしていました。その自爆装置のトリガーを見張らせていたのが、もはやすっかり怪物と化したマレフィセントで、レジーナは彼女の注意をそらすために、フックを囮に使おうとしたのですけど、これがまんまと返り討ちに遭ってしまったという訳です


フックがタマラたちに協力したのは、殺したと思い込んでいたルンペルがまだ生きていたからです。そのルンペルは今や「悪女のベル」とすっかりヨロシク付き合っているようで、せっかく見つけた息子=ベルファイア(ニール)のことなど、もはや頭から消え去っているかのようです


一方、そのニールのフィアンセ=タマラこそ、オーガストが知らせようとした悪人だと察したエマは、何とかしてその尻尾を掴もうとするのですけど、ニールやスノーからは、その動機がタマラへの嫉妬だと誤解されてしまいます。


う~ん、ここは何ともヤキモキさせられますねエマ、頑張って!


レジーナは自分の計画を実行に移す前、ヘンリーにこれを明かしていたのですけれど、その際、自分達二人以外は皆殺しにされると知ったヘンリーがこれに異を唱えたため、レジーナはヘンリーの記憶を魔法で消してしまっています。この記憶が蘇れば、レジーナを捜す手がかりにならんかしらん


また今回は、レジーナがなぜ「悪い女王」と確立されてしまったかも明らかになっていました。これまたなんとも痛々しくて気の毒な話でしたよ。どうしてこうも運命(このドラマ)は

「ホントはイイ人

だったレジーナに過酷な仕打ちをするのでしょうか


おとぎの国で、捕まえたはずのスノーに逃げられたレジーナは、国民がいまだに皆、自分よりもスノーを慕うのに腹を立て、ルンペルに頼んで、自分の姿を変身させてしまいます。レジーナは全くの別人となってスノーを油断させ、その手でスノーを殺すつもりなのです


スノーさえいなくなれば、国民は皆私を慕うようになるはず!
 (つまりは皆から愛されたい


が、正体を隠したことで、ますます世間の自分への評価=嫌われ者を如実に知ることになってしまったレジーナは、その怒りを爆発させようとしたところを誤解され、自分の部下に処刑されそうになってしまいます。


そんなレジーナを救ってくれたのがほかならぬスノーでした。怪我をしたレジーナを懸命に看病していたスノーは、

無償の愛を教えてくれた女性がいる

と打ち明けます。彼女は我が身の危険を顧みず私を助けてくれた~私もそんな女性になりたいの


それが自分のことだと気づいたレジーナは、最後の望みを託してスノーにこう問いかけました。あなたは、悪い女王を許せるの?


レジーナが反省さえすればもちろんだ、とスノーが言ったその直後、二人の前に死体の山が現れます。これはすべて、レジーナが部下に命じて皆殺しにさせた人々なのです。


もうお終いよ!彼女を許すことなんてできないわ!!


こうしてレジーナは、すべての望みを断たれ、自他ともに認める「Evil Queen」となったのでした気の毒なレジーナ(;´・ω・)


また現在のストーリーブルックでも、魔法の豆で故郷に帰る際は、レジーナは置いて行くか、昔ルンペルが入っていた牢獄に入るかのどちらかだと、スノーとデヴィッドが相談しているのを、レジーナ自身が盗み聞きしてしまっています


個人的に、レジーナは気の毒に思いこそすれ、到底嫌いにはなれんキャラなので、何とか救いがあってほしいと思わずにはいられんのですが


さて、ワンス・アポン・ア・タイム2も、いよいよ残すところ2話となりました。続きもとっても楽しみですねワンス・アポン・ア・タイム2もいよいよ終盤!('ω')ノ


ワンス・アポン・ア・タイムシーズン1のあらすじをこちらに整理してあります。よろしければ今後のご参考までにご利用くださいませ: ワンス・アポン・ア・タイムS1 全22話 あらすじと感想一覧(小ネタ満載レビュー)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.