2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

デビアスなメイドたちのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけますデビアスなメイドたち あらすじと登場人物一覧


デビアスなメイドたち】(Devious Maids)の5話は「抗えないルール」(Taking Out the Trash~ゴミ捨て)す。今回もまたなかなか耳寄りな情報がもたらされました。以下早速ネタバレですデビアスなメイドたちのあらすじ行きますよ~(^^)/


まず最も興味深かったのは、これまでずっと胡散臭かったパウエル夫妻が、15年前、妻エヴリンが目を離した隙に、当時まだ6歳だった息子のバレットを交通事故で亡くしてしまったということです。ふたりはその後、1年のうちでたった1日、バレットの誕生日に限ってバレットの話をすることに決め、それ以外は一切口にしないことにしているそうです。それもこれも、エイドリアンがいまだにエヴリンを恨んでいるかららしいです


エイドリアンがあのような趣味に走ったのも、この苦い経験が原因だったようですが、最初はそれを~息子を死に追いやったという負い目から~黙認していたエヴリンも、さすがに、エイドリアンがフローラに手を出したのは許せなかったようです。やはり、フローラのお腹の子はエイドリアンの子どもなのでしょうか。そして殺したのはエヴリン??いや、そんなに簡単な話じゃないですよね


もう亡くなってから15年も経つというのに、死んだ息子がまだ生きていると仮定して誕生日プレゼントを用意しているなんて、なんとも気の毒な話ですよね。息子は自分を嫌っていたと語ったエヴリンが、

たとえ嫌っていても良いから生きていてほしかった

とマリソルに打ち明けたシーンには泣かされてしまいました。エヴリンもマリソルも、息子を思う愛情には何ら変わりはないのです


でもそのマリソルですが、どうやらエディは養子だったようですね。何でもマリソルは不妊体質だったのだとか。


そのせいもあって、エディは自分をいつまでも子ども扱いするマリソルに反抗し、マリソルに黙って

「知り合って2カ月しか経たないフローラにプロポーズ」

したのかもしれません。でも、フローラが殺される2週間前には既に振られていたそうですが。それが殺害の動機だと警察側は考えているようです。


マリソルから、フローラはあんたが考えているような女性じゃなかったと教えられたエディは、最初はこれに大いに反発したものの、生前のフローラが誰かに電話をし、何者かを脅そうとしていたことを思い出します


Of course he will pay. Because it's on video.
証拠のビデオがあるから、彼は必ず金を払うわ!


一方、前回オデッサに実年齢をすっぱ抜かれてデビューのチャンスを潰されたカルメンを、今度は夫のオスカルが訪ねてきます。なんでもオスカルは典型的な亭主関白で、カルメンの自由を一切認めなかったことから、カルメンはこっそり逃げ出してきたのだそうです。でもまだ離婚はしていません


事情を聴いたサムとオデッサが、逃げずに話し合うべきだと忠告したため、カルメンも勇気を出してオスカルに向き合いますが、案の定、無理矢理連れ戻されそうになってしまいます。もう一度やり直そう!俺は変わった!ってどこがじゃねん


この気配に駆けつけてきたサムは、敢え無くオスカルに殴り飛ばされてしまいましたが、こちらもまた加勢に来てくれたオデッサが、なんと、例の義足でオスカルをノックアウトしてしまいますデビアスなメイドたちのオデッサを見直した(^^)/。いや~ここは実に小気味よかった


意外にも、カルメンが思っている以上にカルメンを理解していると語ったオデッサは、こう付け加えることも忘れません


There are so many bad men in this world. Maybe you should be a little nicer to the good ones.
世の中に悪い男はたくさんいる。だから、良い男性にはもっと親切にするべき


もちろん、サムの事でやんすよ


これでカルメンとサムが友達になったのは楽しかったですね~。オデッサ、なかなかいいとこあるな~見直しちゃった


さてお次はヴァレンティナです。今回は「憧れのレミ」が元カノ=アリソンを家に連れ込んできたのにはビックリです。あれだけヴァレンティナに気を持たせておいたくせに、そのヴァレンティナに、いかにも野心家のアリソンの世話をさせるなんて無神経すぎでしょう


君とはキスさえしたこと無いのに、と言い訳するレミの唇を、ヴァレンティナは有無を言わさず奪いました。はたしてその結果やいかに?


また、冷たい妻ペリを見限って、ロージーと付き合うことにしたかと思われたスペンスが、息子のタッカーのために離婚は避けたいと、ペリに「open marriageを提案したのにも驚きました。いや~いかにもセレブのやりそうなことでやんすね


が、ペリはコーディから、そんな提案をするのはスペンスにも相手がいるからだと聞かされた途端に、その嫉妬心をむき出しにして、ロージーに探りを入れてきます。あなたなら、相手の女性を知っているでしょう?


もちろん、これに答えるわけにはいきませんけど、ロージーはついにスペンスに、ペリも(既に)浮気している事実を告げてしまいます。これを聞いたスペンスは離婚を考え始めたようですが、これにはロージーが乗り気ではないようです


と、今回はこれぐらいだったでしょうか。


少しずつ登場人物にも愛着が湧いてきて「デビアスなメイドたち」はますます楽しくなってきましたね~続きもとっても楽しみですデビアスなメイドたちも面白い(^0_0^)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.