このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

デビアスなメイドたち(Devious Maids)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

デビアスなメイドたち あらすじと感想 第5話 抗えないルール

デビアスなメイドたちのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけますデビアスなメイドたち あらすじと登場人物一覧


デビアスなメイドたち】(Devious Maids)の5話は「抗えないルール」(Taking Out the Trash~ゴミ捨て)す。今回もまたなかなか耳寄りな情報がもたらされました。以下早速ネタバレですデビアスなメイドたちのあらすじ行きますよ~(^^)/


まず最も興味深かったのは、これまでずっと胡散臭かったパウエル夫妻が、15年前、妻エヴリンが目を離した隙に、当時まだ6歳だった息子のバレットを交通事故で亡くしてしまったということです。ふたりはその後、1年のうちでたった1日、バレットの誕生日に限ってバレットの話をすることに決め、それ以外は一切口にしないことにしているそうです。それもこれも、エイドリアンがいまだにエヴリンを恨んでいるかららしいです


エイドリアンがあのような趣味に走ったのも、この苦い経験が原因だったようですが、最初はそれを~息子を死に追いやったという負い目から~黙認していたエヴリンも、さすがに、エイドリアンがフローラに手を出したのは許せなかったようです。やはり、フローラのお腹の子はエイドリアンの子どもなのでしょうか。そして殺したのはエヴリン??いや、そんなに簡単な話じゃないですよね


もう亡くなってから15年も経つというのに、死んだ息子がまだ生きていると仮定して誕生日プレゼントを用意しているなんて、なんとも気の毒な話ですよね。息子は自分を嫌っていたと語ったエヴリンが、

たとえ嫌っていても良いから生きていてほしかった

とマリソルに打ち明けたシーンには泣かされてしまいました。エヴリンもマリソルも、息子を思う愛情には何ら変わりはないのです


でもそのマリソルですが、どうやらエディは養子だったようですね。何でもマリソルは不妊体質だったのだとか。


そのせいもあって、エディは自分をいつまでも子ども扱いするマリソルに反抗し、マリソルに黙って

「知り合って2カ月しか経たないフローラにプロポーズ」

したのかもしれません。でも、フローラが殺される2週間前には既に振られていたそうですが。それが殺害の動機だと警察側は考えているようです。


マリソルから、フローラはあんたが考えているような女性じゃなかったと教えられたエディは、最初はこれに大いに反発したものの、生前のフローラが誰かに電話をし、何者かを脅そうとしていたことを思い出します


Of course he will pay. Because it's on video.
証拠のビデオがあるから、彼は必ず金を払うわ!


一方、前回オデッサに実年齢をすっぱ抜かれてデビューのチャンスを潰されたカルメンを、今度は夫のオスカルが訪ねてきます。なんでもオスカルは典型的な亭主関白で、カルメンの自由を一切認めなかったことから、カルメンはこっそり逃げ出してきたのだそうです。でもまだ離婚はしていません


事情を聴いたサムとオデッサが、逃げずに話し合うべきだと忠告したため、カルメンも勇気を出してオスカルに向き合いますが、案の定、無理矢理連れ戻されそうになってしまいます。もう一度やり直そう!俺は変わった!ってどこがじゃねん


この気配に駆けつけてきたサムは、敢え無くオスカルに殴り飛ばされてしまいましたが、こちらもまた加勢に来てくれたオデッサが、なんと、例の義足でオスカルをノックアウトしてしまいますデビアスなメイドたちのオデッサを見直した(^^)/。いや~ここは実に小気味よかった


意外にも、カルメンが思っている以上にカルメンを理解していると語ったオデッサは、こう付け加えることも忘れません


There are so many bad men in this world. Maybe you should be a little nicer to the good ones.
世の中に悪い男はたくさんいる。だから、良い男性にはもっと親切にするべき


もちろん、サムの事でやんすよ


これでカルメンとサムが友達になったのは楽しかったですね~。オデッサ、なかなかいいとこあるな~見直しちゃった


さてお次はヴァレンティナです。今回は「憧れのレミ」が元カノ=アリソンを家に連れ込んできたのにはビックリです。あれだけヴァレンティナに気を持たせておいたくせに、そのヴァレンティナに、いかにも野心家のアリソンの世話をさせるなんて無神経すぎでしょう


君とはキスさえしたこと無いのに、と言い訳するレミの唇を、ヴァレンティナは有無を言わさず奪いました。はたしてその結果やいかに?


また、冷たい妻ペリを見限って、ロージーと付き合うことにしたかと思われたスペンスが、息子のタッカーのために離婚は避けたいと、ペリに「open marriageを提案したのにも驚きました。いや~いかにもセレブのやりそうなことでやんすね


が、ペリはコーディから、そんな提案をするのはスペンスにも相手がいるからだと聞かされた途端に、その嫉妬心をむき出しにして、ロージーに探りを入れてきます。あなたなら、相手の女性を知っているでしょう?


もちろん、これに答えるわけにはいきませんけど、ロージーはついにスペンスに、ペリも(既に)浮気している事実を告げてしまいます。これを聞いたスペンスは離婚を考え始めたようですが、これにはロージーが乗り気ではないようです


と、今回はこれぐらいだったでしょうか。


少しずつ登場人物にも愛着が湧いてきて「デビアスなメイドたち」はますます楽しくなってきましたね~続きもとっても楽しみですデビアスなメイドたちも面白い(^0_0^)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はデビアスなメイドたち(Devious Maids)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング