2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~全51話 あらすじと見どころ


ハン・ジウォンさん主演の【奇皇后キファンフ)~ふたつの愛 涙の誓い~】の28話は「大いなる企て」です。これまた実に面白かったですね~。以下早速簡単なネタバレのあらすじです奇皇后のあらすじ行きますよ~(^^)/


書庫に軟禁されて内訓を書き写させられるという罰を課せられたスンニャンは、そのあまりの過酷さに、ついに気を失ってしまいました。この報告を聞いたタファンが早速書庫に駆けつけたものの、そこで意識を取り戻したスンニャンに、冷たく追い返されてしまいますお帰りください!陛下にできることはありませぬ( `ー´)ノ


陛下が代わりに(字も書けないのに書いてくださるというのですか(丞相が恐ろしくて震えている陛下があの者共を追い払ってくれるというのですか


今のタファンには、自分を救うことなどできぬと言い放ったスンニャンは、再び筆を執りました。今はこれを仕上げねばなりませぬから


不眠不休の罰にも音をあげることなく必死で耐えているスンニャンの姿に、さすがのタファンも己を恥ずかしく思ったようです


また文字を覚える!が、千字文を覚えるまで、ヤンには内緒だ!!やり遂げてみせる!


ようやくタファンの「喉が渇いて」きたようですこういう健気さは可愛いよね~タファンも( *´艸`)


一方、何とか100冊書き終えて釈放されたスンニャンは、心配して訪ねてきた(もしくは呼んだ)ペガンとタルタルに、己の決意を打ち明けます。今後は攻勢に転じようと思います


これを止めたタルタルに対し、スンニャンの気概を信じて励ますペガンがなかなかでしたね~数多の戦で鍛えぬかれたペガンの戦う勘が、今、立ちはだかる強敵に立ち向かおうとしているスンニャンを信じさせている、という構図がたまりません。あ、もちろんここでロマンスは抜きでござるよ


そのスンニャンが取ったのが「苦肉計」でございました。この場合、簡単にいうなら「狂言」です。スンニャンは、側室の中でも最も賢そうなソルファを選んで共犯にし、タナシルリが、あいも変わらず側室たちに「不妊薬」を飲ませている事を利用しました


スンニャンは、タナシルリの薬を飲む前に、あらかじめソルファに毒を盛ったのです。多分、あのナツメの中に毒が仕込んであったのでしょうね


この時ちょうどタナシルリは、スンニャンがまたしてもこれを飲むのを拒んだら、ひどい拷問をしようと企んでいたのですが、その矢先に、ソルファがひどくもがきながら倒れてしまったのですから、もはやその驚きようは尋常ではありません


いったいこれはどういうことだ!?私は毒など入れておらぬぞ!


しかもその場には、タナシルリをたしなめようとやってきた皇太后もいたのです。ソルファの口の中に銀の簪を入れたところ、その色が変色したのを見た皇太后が、この絶好の機会を逃すはずがありません


「これは私が直々に調べる!!


でも調査の結果、ソルファが飲んだ薬の中に、毒は見つかりませんでした。その上、ソルファがその日口にしたのは、スンニャンが届けさせた干し柿だけだったということが判明します。


ふたりは犬猿の仲だった。ソルファに毒を盛ったのはキ・ヤン(スンニャン)に違いない!


この噂はタナシルリにとっては勿怪の幸いで、当然これを利用しようとしてきます。が、干し柿の残りはすべて女官が食べてしまったとかで~皆無事でしたが~証拠が残っておりません。


罪は犯すものだが罪人は作るものだ!


父ヨンチョルが常日頃語っていたという言葉を持ち出したタナシルリが、なんとかしてスンニャンに罪を着せようとしていたところ、またしても朝礼の「煎じ薬を飲む時間」がやってきました。今度はそこでこれを飲み干したスンニャンが、苦しみ悶えて倒れてしまいます。そう、スンニャンは、自ら自分に毒を盛ったのです恐れ入ったか( `ー´)ノ。ちなみに、この話は既にスンニャンから皇太后に報告済みです


「(タナシルリを追い込むため)自分に毒を盛るほど切羽詰っていたのか!


予告ではタファンがそう嘆いていたようです。そのぐらい本気にならなくちゃ、ヨンチョル一族を倒すことなどできるはずがないってこと、あなたが一番よくご存じなのではありませぬか?


一方、フクスに捕えられて酷い拷問を受けていたムソンですが、こちらはワン・ユが「正攻法」でもって助けてくれます。フクスは、正体を明かして正面突破して来たユを殺そうとしますが、思いもよらぬ「悪縁」がユを救ってくれます。


このお方をどなたと心得る!ヨンチョル丞相の姪の婿殿であらせられるぞ!!パク・シヌ嬉しそう~( *´艸`) (


常日頃怖れていたヨンチョルの名を聞いたフクスは、手のひらを返したようにユに取り入ってきますが、どうやらそれはうわべだけで、本当はユを殺そうと企んでいたようです。フクスは

「お頭からの密命」

と称して、ヨンビスにユの暗殺を命じてきました


でも~ここでいまだにその「お頭」が誰なのかが分からないっていうのが気に入りません。本当にそんな人物が存在するのか、それとも、今回のヨンビスへの命令こそが「狂言」であり、フクスはユと手を組んで何かを企んでいるのか、などとついついあれこれ勘繰りたくなります


と、今回はこんな感じだったでしょうか


ずっと情けなかったタファンがようやく奮起し始める兆しが見えてきて、楽しくなってきましたね。何とタファンは、ヨンチョルが譲位を持ち出した際に、それを自ら声を発して止めようとしているのだそうです。それがうまく行ったら自信につながるでしょうに


奇皇后は続きもとっても楽しみですね奇皇后が楽しい(^0_0^)


奇皇后 韓国ドラマ・ガイド 第1巻 (講談社 Mook)
『奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~』 オリジナル・サウンドトラック

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.