このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

流星ワゴン
 家族モノ・ホームドラマ

流星ワゴン あらすじと感想 第5話 健太の母を捜せ!

流星ワゴン】は5話もまたとっても楽しかったですね~流星ワゴンのあらすじ行きますよ~(^^)/。今回は主に、橋本親子の過去に焦点が当てられていました。以下早速ネタバレです


橋本が事故を起こしたのは、橋本自身がわき見運転をしたからだということが判明しました。橋本がこの話を打ち明けたのは、一雄と忠さんが相変わらず橋本のワゴンの中で口げんかをしていたのを、橋本が自分は健太に気を使って何も言えない、ふたりが羨ましいと語った際に、忠さんが当然の如く言い放ったこの言葉がきっかけです


息子に気を使って何も言えんような男は父親失格じゃ!たとえどんなに叱ろうと「血の絆」が二人を結びつけているんじゃ!!お前がもっとしっかりせいっ!( `ー´)ノ


それに対して、また橋本が一層気弱そうにこう答えます~僕と健太は血がつながっていないんです


橋本は再婚で、健太はその再婚相手の連れ子だったそうなのですが、既に7歳になっていた健太は、どうしても橋本に懐こうとしなかったのだそうです。


橋本は、自分に反抗的な健太をまったく叱ることができず、かと言って、どんなに優しく接しても健太が心を開いてくれなかったため、この状況を何とか打破しようと決めたのが、運転免許を取ることだったのだそうです。


ドライブに連れていけば、健太も喜んでくれるに違いない


こうしてついに免許を取得した橋本は、新車を購入し、妻の花織(中島ひろ子)と健太を乗せて、山道を登って行ったそうです。その日は天気にも恵まれて、近くにはパラグライダーも飛んでいました


助手席に座りながら、ずっと反抗的に左側ばかり向いていた健太に、右にハングライダーが見えると教えようとした橋本の注意が散漫になったその時、対向車のトラックにぶつかって、敢え無く二人は亡くなってしまったそうです。花織だけは奇跡的に助かったのだとか


僕のせいで、ぶつかったトラックの運転手=伊藤さんにも迷惑をかけてしまった。命に別条はなかったそうだけれど、僕と健太を死に追いやったことで、どんなに苦しんでいることか


その後~死んでからずっと二人きりで過ごすことになった橋本と健太は、次第に会話も増えていき、今に至っていたそうです。


でも健太は、いまだに自分の死を受け入れることができず、「成仏」することができません。橋本もまたそんな健太が心配で、そばを離れることができんのでしょう


「僕はお母さんに会いたいんだ!お葬式で僕のために泣いてくれたお母さんに謝りたい!!そして、僕を忘れないでって言いたいんだ!!高木星来ちゃん、渾身の演技!


橋本が、当時の事故現場に一雄と忠さんを連れてきてこの一部始終を説明すると、忠さんは断固として健太のために立ち上がります。よし、わしがおまえをお母さんに会わしちゃる!!この忠さんに任せておけ!( `ー´)ノ


死んだ人間が残された者に会えるはずがない、などと忠さんに通る理屈ではありません。忠さんにとって、今必死で戦っている健太は、年は大分離れているとはいえ、

「朋輩」

です。その朋輩が苦しんでいるというのに、それを黙って見ていられる忠さんではありません


それまでは、何かにつけて忠さんに食って掛かっていた一雄も、仕方なくその後を追って行き、橋本は今回、ひとりで置いてけぼりを食らってしまいます。


でもどのみち、橋本と健太には花織のその後を知るすべがなかったため、皆はとりあえず、昔ふたりが住んでいた家を訪ねていきました。そこには既に別人が住んでおり、前の住人の事は知らないと答えますが、勘の鋭い忠さんは、健太の顔を見たその女性の顔に浮かんだ驚愕の表情から、それは嘘だと見抜きます


が、ここはとりあえず引き下がり、次は事故現場に供えられていたプリンから、その店を割り出すことにしました。あれはきっと花織が持ってきたに違いないと思ったからです。


その店の店員もまた、なかなか口を割ってはくれませんでしたが、そこで、どこか忠さんに似て(悪)賢い健太が嘘泣きをして、その同情を買うことに成功します。そのお芝居ににまた一雄が乗っかったのも楽しかった~僕たちは、生き別れになったこの子の母親を捜しているんです!


ようやく聞き出して訪れた花屋にいた女性はでも花織ではなく、橋本が正面衝突したトラック運転手の妻でした。彼女は、自分にできることはそれぐらいしかないと、いつも参っててくれていたのだそうです


肝心の運転手の伊藤(須田邦裕)は、あの事故が原因で運転ができなくなり、妻とも別居中なのだとか。身に覚えのない飲酒や居眠り運転まで取りざたされてすっかり自棄になった伊藤は、いっそ自分も死んでいればよかったと嘆きます


さすがの一雄も、この暴言には黙っていることができません


死んだら、どんなに悔やんでも、もう二度とやり直しは効かない!どんなに苦しくても頑張って生きていくのが、死んでしまった人へのはなむけだ!!これは一雄自身へのことばでもありますね(^_-)


一方忠さんは自分の直感を信じ、最初の家に戻って、例の女性に土下座までして頼み込みました。わしは「健太の遺言」を伝えるためにやってきた。どうかあの子の母親に会わせてくれ!


こうしてついに花織の居所が判明し、忠さんは一雄と健太を呼び出します。が、花織は既に再婚(再々婚?)し、他に子どもまでできていたことが明らかになります


いつまでも自分だけの母だと思っていた花織に甘える幼い子の姿を見た健太はショックのあまり、何も言えずにその場から走り去ってしまいます。忠さんは、それが現実だから受け入れろと、相変わらずキビシイですが、一雄はこれにも猛烈に反発します。あんたはどうしてそうなんだ!?そんなことを言うのなら、自分もまた「現実」を受け入れろっ!!一雄も大人げないなあ(;´Д`)


こうして一雄はついに忠さんに真実を告げてしまいます


あんたはもうすぐ死ぬんだ!!どうだ、これで少しは健太の気持ちが分かるかっ!


さすがの忠さんも、これには驚いていたようですが、来週は自ら、現在の自分に会いに行くようです。今回「生霊」の忠さんが寒さに震えていた時、病院で寝ていた忠さんもその指を震わせていたところを見ると、このふたりは一応繋がっているらしいですよね。ということは、現実の忠さんが亡くなってしまったら、生霊の忠さんも消えてしまう??それとも、今度こそ、本物の幽霊になるだけなん?


いやいや、忠さんは、そうなる前に~健太や橋本のように、この世に未練を残さずに、心穏やかに成仏するために、今、生霊となっているに違いありませんよね


予告では

「なんっちゅう頑固爺じゃっ!!

などという忠さんの罵声が聞こえていたようですが、これが自分に浴びせかけた言葉だとしたらメチャクチャ楽しくなりそうでござるね


「カズ、あんな男(=忠さん)、おまえに嫌われて当然じゃっ!!信じられんっ!(`・ω・´)


そんな忠さんの声が今から聞こえてくるようですいや~楽しすぎっ!(^◇^)


~どうやら「忠さん」と「チュウさん」を分けて使っているようですね~。来週は適宜使い分けさせていただきまする


流星ワゴンは続きがものすごぉ~く楽しみになってきました!流星ワゴンがめちゃくちゃ楽しい(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は流星ワゴンのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

おはようございますー。
健太は可愛そうでしたが、忠さんの厳しさも分かると気がします。結局現実を受け止めないといけませんからね(´・ω・`)
来週の予告で橋元が本人が自分に逢うと今までの事が全て無しになってしまいます~ みたいな事言ってた気がしましたが、確かにこんさんが言われる通り忠さん本人どおしの掛け合いが楽しそうですねー。検査させるとか言ってたようなので、まだ元気な年寄り忠さんが見れるかと思うと楽しみですねー(*´∀`)
楽しみですね(^^)/
ヒデさん、こんにちは~♪

本当に、健太が可哀想でしたよね~(;´・ω・)。
でもまさにヒデさんがおっしゃるように、
それが現実だと分かったことで一歩前に進めるのですものね。

確かにそう言ってましたよ~。
タイムスリップ物だとよく言われることですよね~。
これも、同一人物が出くわしたらスパークしちゃうんでしょうか??

でもやっぱり、忠さんX2の掛け合いが見たいですよね~( *´艸`)。
続きが待ち遠しいですね(^^)/。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング