このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

おバカちゃん注意報~ありったけの愛~
 家族モノ・ホームドラマ

おバカちゃん注意報 あらすじと感想 第35~37話 明かされた真実

おバカちゃん注意報-ありったけの愛のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: おバカちゃん注意報-ありったけの愛 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【おバカちゃん注意報~ありったけの愛~】は、本日放送分の37話まで視聴しました。んも~ずっと感動しっ放しだったけど、特に37話の前半に至っては涙が止まりませんでした。以下早速、美味しいとこどりのネタバレですおバカちゃん注意報のあらすじ行きますよ~(^^)/


この間では、ついにドヒがジュンスの過去を知ってしまいます。そのきっかけこそ、ずっと楽しみに待ち望んでいたジンジュの結婚式でした


ジュンスがデザインしたウェディングドレスに身を包んだジンジュは、それはそれは美しくてとっても幸せそうでしたね~。その横で、その美しいジンジュの手を取ってヴァージンロードを誇らしげに歩いていたジュンスの姿を、ドヒが目にしてしまいます。その近くには当然、ふたりの弟のヒョンソクがいるわけで


その少し前、ヒョンソクが「友達(=ドヒ)」とは進展がないと聞かされたジュンスは、ドヒに「友達」と仲良くしてやってほしいと勧めています。それもまたドヒにとっては、兄弟二人で自分を馬鹿にしていたのかと腹立たしかったようです


追いつめられたジュンスは、ついにドヒに真実を打ち明けてしまいます。僕は外航船に乗っていたのではなく、殺人罪で10年服役していた前科者だ!


この告白を聞いたドヒの悲しみ様は痛ましく、見るのも気の毒なほどでした。以前BYで、女子大生を死に追いやってしまった事件からも分かるように、ドヒにとって「殺人」は(たとえ罪を償っても)決して許してはならぬ犯罪なのですね


どうしてそんなことをっ!!あなたに人など殺せないのにっ!


これまで、ふたりの障害は貧富の差だけだと思い込んでいたドヒは、その差をなんとかして埋めるべく、必死にジュンスを育てようとしてきた努力が、今やすべて灰となってしまった皆に紹介できないわ!~もう、ジュンスが自分の伴侶として横に立つことは無くなった結婚できない!!


そんなドヒの姿に、ジュンスもまた胸をかきむしられるかのように苦しんでいる様子はもう見るに耐えなかったですよねドヒが苦しんでいることが何より辛いジュンスなのです(;´・ω・)


またしてもドヒのもとを去ろうとしたジュンスを、ドヒは決して許しませんでした。あなたを愛させてしまった「罪」を、一生かけて償って!私にどんなに責められようと誹られようと、それを全部受け止めて!!


何とも切なく辛い選択をしてしまったものだと、こちらまで胸苦しくなるのを抑えることができなかったのですが、ここでヒョンソクが、ジュンスのために「もう1つの真実を明かしてくれます


兄は、僕が喧嘩した相手に殺されるのではないかと案じて、その相手をこん棒で殴りつけてしまったのです


これを聞いてあれ?と思われた方も決して少なくないはずです。だって、被害者の死因は殴打によるものではなく、木材に刺さっていた釘が体に刺さってのことでしたよね?


本来なら、情状酌量になるはずだったのが、ひとり息子を失った被害者の父が国会議員だったため、ジュンスはあらゆる不当な圧力をかけられて懲役12年を求刑されたけれど、品行方正だったため、10年にして仮釈放となったそうです。


う~ん、もし当時の検視報告等がきちんと残っていれば、今のヒョンソクになら、犯人はジュンスではなく自分だったと分かるはずですし、しかも、殺す気はなかったのだから、「過失致死罪」に持ち込めると思うんですが、そこはどうなのかな~。今さらそれを蒸し返すことはしないのかしら


兄は僕のために人殺しになったんです。これまでもずっと自分の夢を犠牲にして家族のために働いてきた、兄はそういう人です


そんな兄が今ようやく「夢」を持ち始めたらしい。だから、その夢を与えてくれたドヒさんには、兄を分かってやってほしい


なんでもヒョンソクは、昔、美術大会でジュンスがヒョンソクに大賞を譲ろうとしたことすら、ちゃんと知っていたそうです。でもプライドが邪魔して口に出せなかったのだとか。


真相(ではないけどを知ったドヒはついに一世一代の決心をしますドヒ、でかした!(^^)/。誰が何と言おうと、自分はコン・ジュンスを愛している。世間が彼を認めないなら、これを騙してでも、ジュンスとともに生きていく!!


ここでジュンスが決して逃げずに、ドヒの心からの愛を受け止めてくれたのがまた良かったですね~。いや~ここはもうウットリしちゃいましたジュンスも頼もしくなってきた~( *´艸`)


こうして晴れて再び「恋人同士おバカちゃん注意報のジュンスとドヒがお似合い( *´艸`)となったふたり~ドヒはついにジュンスをBYの社員にします。あのデザイナーの先生=キム・インジュ(マヤ)も、ついにはドヒに根負けして、ジュンスとともに出社させられてしまいます


「ジュンスは私専用のアシスタントで天下りだから


インジュが付いていてくれたら、ジュンスを苛める社員はいないですよね~怖いもの


一方のジュヨンも、ヒョンソクが将来女性と付き合うための準備と称し、なんとか「1カ月契約」で、ヒョンソクと付き合うことになりました。韓ドラで、兄弟が従妹同士と結婚するパターンは見たことがありませんが、ここは是非、ジュヨンもヒョンソクと幸せになってほしいですね~ジュヨン父なら分かってくれそう( *´艸`)


また、結婚式を挙げたジンジュは、案の定、姑の苦労が大変そうです。でもそこを、同居中のナリがガツンと言いたい放題ナリ、もっとどんどん言ってやれ~( `ー´)ノ言ってくれているのがなんとも心強いですよね。ジンジュは素直だからナリをたしなめていますが、もしおばさんがジンジュだったら、ナリを使って姑をやり込めちまうかも


このナリとナ会長のやり取りも相変わらず楽しいですし本当の孫みたいこの家族が皆親戚になるのも、あながち夢ではないのかもしれません。そうなったら、どんなに楽しいことか


ひとりとっても可哀想なのは、ジュンスに頼み込んで、なんとかジョンジャの店で使ってもらえることになったマンドルおじさんですが、どうやらまったく、ジョンジャに好かれる見込みはなさそうですよね~。何かとんでもないハプニングが起こらんかしらね。


ドヒが真相を知っていったいどうなることかと、本当に、心の底から心配しておりましたけど、期待通り、否、期待以上の反応に、大喜びのおばさんでした心からホッとしました(^◇^)


唯一心配だとすれば、ドヒ父とジュヨン父が、イ弁の口車に乗って、ナ会長に黙って余計なことをしないか、だけですかね。それもでも、この喜びの前にはすっかり霞んじまいますけれど


おバカちゃん注意報~ありったけの愛~は、続きもとぉ~っても楽しみですね


おバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX Iおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IVおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX V

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおバカちゃん注意報~ありったけの愛~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング