2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

デビアスなメイドたちのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけますデビアスなメイドたち あらすじと登場人物一覧


デビアスなメイドたち】(Devious Maids)の6話は「黒い駆け引き」です。英語の副題の「Walking the Dog」(犬を散歩させる)は、劇中のカルメンの行動を指しているようです。以下簡単なネタバレのあらすじですデヴィアスなメイドたちのあらすじ行きますよ~(^◇^)


まず今回は、以前から話題に上っていたエイドリアンの「覗き趣味が具体的に明かされました。どうやらエイドリアンは自分が連れてきた「娼婦」を友人に紹介してゲストルームに泊め、その隣の部屋で一部始終を「覗き見」した上に、それをDVDに録画しているようなのです


エディから、フローラが「DVD」で誰かを脅迫していたらしいことを聞いたマリソルは、そのうちの1枚を居間で見つけて中身を確認したのですけど、そこにはテイラーとマイケルのセッ〇スシーンが収められていました。このDVDには「テイラー#3」と銘打ってあったところを見ると、テイラーがまだ娼婦だった頃の映像でしょうか?


しかもマイケルは、このエイドリアンの「趣味」を全て承知していました。マリソルとテイラーの手前、わざと怒ったふりをして、エイドリアンを殴りつけに行き、自分達の映ったDVDをすべて回収しましたが、それもすべて狂言だったことが判明します。ということは、テイラーが娼婦だったことも結婚前から知っていたということでしょうか?


フローラとのDVDは本当にもう処分したんだな?他にはないんだろうな!


エイドリアンは、マイケルには頷いておきながら、実際にはちゃんとそれも隠し持っていたようです「フローラ#10」として!?エイドリアンは油断できない~(;´・ω・) これじゃあフローラのお腹の子の父親は誰だか分かったものじゃありません


それに、これでマリソルがパウエル家に手伝いには行けなくなってしまったのは痛かったですね~。マリソルも、あの壁一面にズラリと並べられたDVDの中から、1枚でもくすねてくればよかったのに


また今回は、レミの母ジャンヴィエーヴが、資産管理人に財産のすべてを持ち逃げされてしまいます。これを知って心配したゾーイが、昔ジャンヴィエーヴから貰った大粒のダイヤの指輪を返そうとしますが、ジャンヴィエーヴはキッパリこれを断ります。私は6回結婚したけど、残ってくれたのはあなただけよ


そこでジャンヴィエーヴは、2度目の夫でフランス人のフィリップに、金を貸してくれるよう頼みに行くんですが、そこでいかにもタラシなフィリップから関係を迫られてしまいます。なんとフィリップはジャンヴィエーヴを「sensual merry-go-round」(官能的なメリーゴーランド)と絶賛し、もう一度乗せてほしいと頼んだのだとか


So did you give him a ride?
で、乗せたんですか?


ジャンヴィエーヴに付き添ってきたゾイラのこのセリフがまた笑えましたね~


その時は、さすがにそこまでプライドを失っていないと答えたジャンヴィエーヴだったのに、いざ、それならこれからは自立した女になればいいとゾイラが説得した途端、ブラウスのボタンを外して部屋に舞い戻っていたのにも大笑い。しかも:


His ride won't last that long.
そんなに長くは乗っていない

って。いや~今日はちょっとセクシー系の話題が多くて恐縮です。結局ジャンヴィエーヴは、自分の才能を生かして7番目の夫を見つけることにしたようですが?


セクシーといえば、ロージーとスペンスの所もアツアツでございましたね。感極まったスペンスが「Oh my god!」と口にすると、神に背く行為をしているのに神の名を呼ぶのは不謹慎だとたしなめたはずのロージーが、その直後にスペンスに攻められて同じ言葉を口にした時のあの表情も笑えました


が、悪いことはできないもので、すっかりロージーに夢中になったスペンスが、のべつ幕なし迫っていたところ、なんとああ見えてもう46歳のスペンスは、まさにロージーに乗っかったまま心臓発作を起こしてしまいます


驚いたロージーはすぐに救急車を呼び、当然ペリも駆けつけてきます。何とか一命をとりとめたスペンスの姿に、今度はペリがかつての愛情を思いだし、良き妻になると誓ったらしいのですが?はたして、若い恋人に味をしめたスペンスがそれで納得するでしょうか?


また今回は、カルメンがついにサムに屈してしまいます。近所に越してきたジュリーというシェフとサムが付き合いだしたことに嫉妬したカルメンは、犬アレルギーのジュリーを懲らしめてサムと別れさせようと、サムのベッドに犬を上がらせて二人の恋路を邪魔します


これに対してサムは、今さら嫉妬しても遅いと怒りましたが、さすがにカルメン本人から本心を告白されてしまうと、あっさり許してしまったようです。個人的に、ずっとサムを応援してきたのでこの展開は大喜び


と、今回はなかなか大人向けのエピソードでございました


デヴィアスなメイドたちは続きもとっても楽しみですデビアスなメイドたちも面白い(^0_0^)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.